国際言語文化研究室だより―英語・中国語・韓国語でグローバリンガル!―

東京成徳大学国際言語文化学科の教員が、学科の様子や学問上の豆知識などをお伝え致します。

スイスの旅2

2017-04-19 14:03:12 | 旅行

もう少しスイスの話をしましょう。スイスは今回で3度目でしたが、行っていないところもたくさんあり、友だちの案内で新たにいろいろと回ることができました。以前の2回の時はたまたま彼がイギリスで仕事をしていたり都合が合わなかったりして、どうしても会えずにいたのです。


こちらはインターラーケンのお土産屋さんの前で撮った一枚です。スイスの国花はエーデルワイス。それを持って熊が立っています。私が「花を持ってガールフレンドを待ってるんだね、きっと」と言うと、彼は「おしっこを我慢してるんじゃない」と。んも~~。彼が誰の何をテーマに論文を書いたのかは忘れましたが、もう少し文学的でもいいのでは…。


上の写真はルツェルンのカペル橋です。全長200mでヨーロッパ最長の木造の橋ですが、1993年に大きな火災に遭い、一部を残して再建されたものとなります。ルツェルンはルツェルン湖の北西端にある景勝地で、ロイス川に架かるこの橋は町のランドマークです。14世紀に防衛橋として建てられました。

 

スイスにはチョコレート以外にもおいしいものがたくさんあります。チーズフォンデュにラクレットにロシュティ。そしてメレンゲを焼いたものもよく食べられているそうです。甘いメレンゲに甘くないクリームを付けていただきます。このクリームが濃厚で、二人でイギリスのクロテッド・クリームを思い出し、よくクリーム・ティーをしたカフェの話で盛り上がりました。

チューリッヒからパリ経由で羽田に着くとスーツケースが破損していました。幸い空港を出る前に気が付いたので、航空会社の責任として無料で修理してもらっています。でも彼からもらったイースター・バニーのチョコは無事でした。

 (ezawa)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国の京江線で세종(セジョン... | トップ | 2017年度 国際言語文化学科 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む