世田谷区千歳船橋の整体院・骨盤矯正、肩こり・腰痛 女性専門整体スクール~花(はん)なり~

小田急線千歳船橋徒歩3分、野菜ソムリエ。女性の為の本格整体サロン。日本徒手整体アカデミー直営2号店、スクールも展開。

寒い冬に向けて~書籍の中からご紹介~

2016年10月29日 15時37分31秒 | 日記・お知らせ

みなさんこんにちわ

ハロウィン一色の昨今

31日はどんなことになるのやら(笑)

 

グッと冷え込んできましたがみなさん

風邪ひいていませんか

今日は皆さまから評価をいただいている

書籍の第98話をご紹介します

 

寒い季節に向けて

 

秋から冬へと移行しつつある時期、身体的に

注意しなければならないのは冷えと乾燥による影響です

冷えるとリンパ球の働きが低下し、免疫力が下がり、

内臓の働きも弱くなりがちで、膀胱や腎臓などの泌尿器系の

トラブルが起こり易いようです

 

また、空気の乾燥に加え、暖房により身体も乾燥します。

具体的症状としては、脚が冷える・ふくらはぎがだるい・筋肉がつる

腰痛を起こしやすい等です

さらに、乾燥で喉や鼻等の気管支のトラブルも起こり易くなります

しっかりと水分を摂取し、どんどん尿を排出し、常に泌尿器を活性化

することで前述の症状を未然に防ぎましょう

 

天然水を多めに摂取することを何度も提案してきましたが、寒い季節に

なると飲み辛くなり、摂取量がへることも少なくないようです。

 

冷え症で辛い方はお水を温めて飲んでも構いません。湯気が立つくらい

に温めれば、寒い季節でも抵抗なく飲むことができます

その上、その蒸発した水分が鼻から吸収され、気管支の乾燥から起る

風邪、ウイルス感染などの予防にもなります

 

喉が渇かなくても15分に1口のペースで1日2ℓ、寒い季節ほど水分を

こまめに摂取しましょう

 

 

みなさま

たくさんの書籍のご注文を誠にありがとうございます

これからもこの「新常識!身体健康学」を世に広めて

みなさんの健康を守っていきたいと思います

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋レシピ出来あがりました♪ | トップ | 股関節は広げ過ぎない!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。