【整体】京都の整体院

患者様の声を中心に動画にて紹介をさせて頂きます。
よろしくお願いします!

ランナー膝・ランナーズニーとは…。

2017-05-15 08:46:08 | ヘルスケア

ランナー膝・ランナーズニーとは、マラソンやジョギングのようなスポーツで長すぎる距離を走破することで、膝の関節に極端なストレスを与えることが主原因となり出てくるやっかいな膝の痛みです。
首の痛みの他、手足の感覚異常などが起こっている場合、頚椎(首の骨)に命の保証ができない深刻な異変が発生している可能性が考えられるので、警戒を要します。
口外せずに耐え忍んでいても、この先背中痛が治癒することはあり得ません。早い時期に痛みのない身体に戻したいなら、戸惑うことなくコンタクトしてきてください。
数えきれないほどの人々の悩みの種である腰痛を軽減する方法に関しては、病院や診療所などで新方式の機器や薬を導入した治療から一定の効果が期待できる民間療法まで、本当に多彩なテクニックが広く認められています。
テーピング療法は、厄介な外反母趾を手術なしで治療するものすごく効果の高い治療技術と言え、数万もの膨大な臨床例からも「確固たる保存的療法」が明らかであると思っていいのではないでしょうか。


背中痛で苦労していて、街中の医療施設を訪ねても、原因について特定してもらえないなら、鍼灸院であったり整体等々の東洋医学を通じて治療を続けてみることも一案ではないでしょうか。
膝にシクシクとした痛みを生じさせる誘因により、いかような治療手段を採用するかというのは変わりますが、良くない姿勢や肥満、日々の生活習慣が治りにくい膝の痛みを出現させているという場合も結構よく見受けられます。
気の遠くなるような期間、数年以上もかけて治療を続けたり、外科に入院して手術してもらうというような状況では、多くの費用をかけることになってしまいますが、こういうことについては腰痛にしか起こり得ないことではないということはご存知だと思います。
頚椎ヘルニアの治療の中の1つとしての保存的療法の中には、マッサージを始めとした理学的療法とか、頚椎牽引療法等々があるようです。自身にフィットするものによって治療を進めなければ、時間ばかりが掛かってしまいます。
鍼を使って行う治療はいけないとされている要注意な坐骨神経痛として、妊娠により子宮内の胎児が骨盤内にある坐骨神経を圧迫することで出るものがあり、そんな状態になっている所に鍼を刺すと、流産を引き起こす可能性が高くなります。


マラソンなどにより鈍い膝の痛みが生じる代表格の疾病は、鵞足部分に炎症が起こり痛みを感じる「鵞足炎」膝の外側に疼痛が生じる「腸脛靭帯炎」の2つがあり、これらの疾病はランナー膝と名付けられたいわゆるランニング障害です。
常態化した首の痛みが発生する原因は、負担がかかっている首や肩の筋肉に疲労がたまったことで過度の血流悪化をもたらすこととなり、筋肉に必要以上に蓄積した老廃物(疲労物質)にあるという場合が一般的のようです。
ランニング後に膝の痛みが起こった場合、一緒に膝の動きが硬くなったり、腫れたり発熱があったり、風邪と間違うような症状が出たり、膝とは関係ない部分にもトラブルが起こる例があります。
頚椎に腫瘍が発生して神経とか脊髄が圧迫されてしまっているという状況でも、首の痛みが知覚されるので、首を動かさないように配慮しているのに痛み続けるのであれば、早い時期に医療機関で検査を受けて、しかるべき治療を受けましょう。
外反母趾の治療を目的として、手指による体操も、親指に幅広の輪ゴムを引っかけて行うホーマン体操も、自分の筋力を利用して行う運動ですが、他の力を借りて行う他動運動になるので筋力向上は期待できないといいことを知っておいてください。



下記の「整体 京都 西京区」のリンクにクリックして頂ければ「あだち整体院」のホームページをご覧に頂けます。
どうぞよろしくお願いします!(^_^)

整体 京都 西京区
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メスを入れない保存療法には…。 | トップ | 外反母趾の治療において…。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL