【整体】京都の整体院

患者様の声を中心に動画にて紹介をさせて頂きます。
よろしくお願いします!

苦しんでいる頚椎ヘルニア症の方が…。

2017-07-11 17:38:33 | ヘルスケア
苦しんでいる頚椎ヘルニア症の方が…。,

苦しんでいる頚椎ヘルニア症の方が、整体を利用した方が良いかどうかは、いろんな考え方があろうかと思われますが、治療した後のリハビリや抑止ということを狙う際には、役に立つと言っても良いでしょうね。
神経や関節が元凶のケースだけに限らず、例えばの話ですが、右側だけ半分の背中痛の場合には、本当は肝臓がトラブっていたなどということも少数派というわけではないのです。
首の痛みを治すという理由で上部頸椎の調整を行うのではなく、脳からの指示を身体全体のすみずみまで健全に神経伝達させるために矯正を行うのであって、その成果の一環として頑固な首筋のこりや常態化した首の痛みが楽になります。
胸の内にしまって苦しんでいても、いつまで経っても背中痛が快復するのはないと思います。少しでも早く痛みを消滅させたいなら、積極的に相談に来てください。
長年酷い目に遭っている背中痛ということなんですが、どんな専門機関に出向いてチェックしてもらっても、要因も治療法も明確になることがなく、整体治療にトライしようと考えだしています。

頚椎ヘルニアの治療として著名である保存的療法というものとして、マッサージをはじめとする理学的療法、他には頚椎牽引療法と言われるものがあるそうです。自身に適合するものを選択しなければ、早く回復できません。
首をかしげる人もいるかもしれませんが、実際のところ坐骨神経痛を治療する薬というものは残念ながら存在せず、治療薬として用いられるのは痛みを抑制する鎮静剤もしくは筋弛緩剤や神経の伝達を遮断して苦痛を軽減するブロック注射を行うなど対症療法とほぼ同じと言える薬剤しかありません。
背中痛で悩んでいて、その辺にある専門病院を受診しても、誘因について明確な回答がないなら、整体あるいは鍼灸院等々の東洋医学に依頼して治療を進めてみることも良いかもしれません。
病院のような医療提供施設で専門的な治療をした後は、日々の生活で姿勢不良を直したり負担をかけやすい腰部の筋肉をより強化したりということをしないと、慢性的な椎間板ヘルニアに関する悩みは解消することはないでしょう。
頚椎にある腫瘍に神経とか脊髄が圧迫されていても、首の痛みが出てくるので、首を動かさないように配慮しているのに痛みが続いているのであれば、早い時期に精密検査を受けて、適正な治療をしてもらいましょう。

もし仮に常態化した首の痛み・夜も眠れないくらいの肩こりが消えてしまって「心も身体もバランスのとれた幸せな健康状態」を手に入れたら嬉しいと思いませんか?身体の悩みを解消したら同じ問題が降りかからない体を実現したくはないですか?
腰痛の原因の中で最も重症度が高い腰椎椎間板ヘルニアの多種多様な治療技術の中で、鍼灸やマッサージ等の代替医療を受けることで背骨の周りに非常に強い力がかかってしまい、ヘルニアが改善されることなく悪化したという怖い例もよく聞くので、十分に気をつけましょう。
負担にならない姿勢で休養していても、耐えられない、強い痛みやしびれが三日以上たっても全く良くならないという事は、医療機関での坐骨神経痛の診察並びに症状に即した治療を受けた方がよく、整体を受けたり刺鍼をしたりするのは命に関わる恐れがあります。
真剣に腰痛の治療を開始するなら、個々の治療技術のプラス要素とマイナス要素を理解した上で、今の時点においての自分自身の症状に対してできるだけ向いている方法を選び出しましょう。
驚くべきことですが、痛みに効く薬が全く効いてくれずに、何年も何年も悩みの種であった腰痛が、整体院に治療に通うことによって目に見えて症状が軽快したという事実がよくあるようです。



産後1か月たちますが、まだ体調が戻りません。 10月末に初めての子を出産しました...
産後1か月たちますが、まだ体調が戻りません。 10月末に初めての子を出産しました。 1か月検診も無事に終わり、子供は元気に育っています。 ただ、私自身の体調がなかなか安定しません。 入院中は何の異常もなく、無事退院しました。 退院後は実家に里帰りしており(自宅も徒歩圏内ですが…)父が他界してから1人で住んでいた母に甘え、手伝って貰いながら過ごしています。 しかし退院後1週間で悪露の大量出血(バケツをひっくり返した位の量)で夜間救急に。まだ子宮に悪露が残ってるとのことで掻き出す処置をしてもらいましたが、翌日は40度近い高熱で再び受診。 まだ残っている悪露が感染を起こしていると言われ、抗生剤を貰い帰宅。 しかし翌日深夜に再度大量出血(前回よりも多い量)し、今度は1泊入院。抗生剤や子宮収縮剤等の点滴をしてもらいました。 それから抗生剤・子宮収縮剤・葛根湯・造血剤・止血剤・ロキソニンと、多量の服薬を続け一度は体調が落ち着きましたが…最後の受診から1週間で再び39度を超える熱。 インフルエンザも陰性、子宮内もキレイ(悪露は終わっていた)という事で、婦人科系が原因の発熱ではないと言われました。 念のため処方してもらった抗生剤・ロキソニンを飲み、翌日には熱が下がりました。 ですが、それからずっとお腹を下しています。 痛みを伴う腹痛が1~2時間置きに来て、トイレへ駆け込む…という状況です。 熱も引いたと思ったらまた38度近い発熱が起き、数日で治ったらまた再び発熱…を繰り返しています。 発熱時は寒気がし、膝や太ももなどの関節付近に違和感があります(痛みではなく、違和感) 咳・喉の痛み・鼻水は一切ありません。 1か月検診は最後の受診(婦人科系が原因ではない、と言われた受診)から3日後のことだったので、下痢も深刻に考えていなく、熱も下がっていたので特に相談はしませんでした。 ですが1か月検診から1週間経っても下痢は続き、発熱は4~5日サイクルで繰り返されています。 子供は良く泣く子で、日中はそのまま泣かせたりすることもありますが、さすがに夜間は泣かせるわけにもいかず…深夜2時半に泣かれて授乳し、それから2時間腹痛に耐えながら何をしても寝てくれず泣きまくり、仕事をしている母がたまりかねて起きて助けてくれ…やっと5時ころ寝たと思ったら再度6時に泣き、そのまま私は寝られず朝を迎える…という事が多いです。(数時間寝続けてくれることも、夜間ほとんど泣かない日もありますが) 日中はウトウトしながらもあまり寝てくれず…お昼寝もほとんどできません。 夜間暖房を付けていますが授乳しながら寝てしまう事もあり、母は「おっぱい丸出しで寝てるから風邪ひくんだよ」と言うのですが、そうでもしないと泣き止んでくれないし。。。(毛布をかぶったりして寒くないようにはしていますが) 旦那は家が徒歩圏内なので、平日仕事後に1~2時間・土日に子供に会いに来ますが、私が子供を抱いてる間に旦那が寝たり、オムツ変えや抱っこの出際が悪すぎてギャン泣きされるし、泣いたら私にパスしてくるし、沐浴の手伝いは一切してくれないし(その間足をいじって泣かせる。。。)、やっと寝かしつけたところに来て抱っこしたいあまり起こして泣かせ、その日はずっとぐずられて寝られなくなったり…。 旦那に子供の世話を任せて休むという事はほぼできません。 子供は可愛くて、泣かれて困る事はあっても今のところはイライラすることはありません。 が、近日中に自宅へ戻る予定で…その後が不安です。 体調も万全じゃなく何もしてなくても辛い・しんどい状態なのに、泣く子供と1日向き合って夜間も手助けをしてくれる母はおらず…。 旦那に対してイライラして喧嘩してしまいそうだし、現に今も旦那が何かするたびイラついて喧嘩になってしまいます。(授乳したいのに抱っこを離さない・母乳吐いても拭こうとしない・泣いてるのに抱きながら携帯いじって何もしない、等) 産後の体調がここまで辛いとは思わず、実家が近くて母に助けてもらっている恵まれた環境にも関わらず…しんどいです。 産前は熱を出すことが殆ど無かったので、少し発熱してるだけでも辛くてフラフラです。 この体調不良はいつか落ち着くのでしょうか。 私の周りに、ここまで産後体調不良が続いた人がおらず、相談できません・・・。(続きを読む)


整体 京都|あだち整体院(京都市西京区桂)は腰痛/肩こり/産後/骨盤矯正の専門整体院
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苦しくなるほど深刻に考え込... | トップ | 具体的に腰痛の治療に着手す... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL