できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

今朝の朝日新聞の特集記事「小さな命」に私のコメントがでました。

2017-04-26 20:20:15 | 受験・学校

教え子の死、上手に叱る温かさがあれば…… 悔やむ担任 (朝日新聞デジタル2017年4月26日)

http://digital.asahi.com/articles/ASK4P4VTGK4PUUPI006.html


今日(2017年4月26日)の朝日新聞での上記配信記事に、私のコメントがほんの数行だけですが出ています。4年ほど前に『「指導死」』(高文研)という本を書きましたが、あの本の内容に関する記事ですね。

この朝日新聞の特集(連載)「小さな命」シリーズのどこかで私のコメントを使うということで、東京からわざわざ関西まで記者さんが出てこられて、取材を受けたのが、たしか先月のことだったかと。

それから1か月ちょっとたって、今回の特集(連載)の最終回で私のコメントが出た形になります。

東京から取材に来られたことでもわかるとおり、とってもていねいな取材対応をされる記者さんでした。そういう方からの取材というのは、ほんとうにこちらとしても、心地よいものです。

ちなみに時々、学校での子どもの事故・事件に関して「電話でコメントを」というテレビ局や新聞社の方が居られるのですが、私はそういう取材依頼をすべて「対面でお話させていただくのが原則ですから」と、お断りしております。この場をお借りして、はっきりとお伝えしておきます。

ほんとうにいい記事を書きたいという新聞・雑誌の記者さんや、いい番組をつくりたいというテレビ局の方は、なんとか時間をつくってでも、私のところへ会いに来ます。あるいは、私が関東や九州、北海道や東北、四国など、それぞれの記者さん・テレビ局の方に近い地域まで出向いた折をつかまえて、そこで取材をされたりします。そして、実際に関西地域限定ですが、テレビやラジオで生番組に出たこともありますし・・・。

学校での子どもの事故・事件について、本当に新聞各社がいい記事を書いたり、テレビ局各社がいい番組をつくったりすることには、私はできるだけの協力はさせていただきたいと思っています。

でも、たとえばある日突然、どこからか誰かが電話をかけてきて、「電話でコメント撮りをして、翌日の番組で流す」的な形で取材がすすむなんてケース、「どこで誰がどんな風に私のコメントつかうの?」と思ったら、こわいじゃないですか。よく似たことは新聞社の方にもあるわけですが・・・。(でも、たまに情報番組などを見ていると、そういう出演のされ方している方が居たりするので、こちらはびっくりしています。すごい度胸だなあ・・・と)

それに、たとえば大学で講義や演習(ゼミ)、会議や学生面談等々の時間帯に、いきなり「電話で取材させてください」とか、「あした番組に出られますか?」と電話で報道各社の方が言ってこられても・・・。「それはさすがに、むりですわ」と言うしかないわけです、こちらも。

なんか、そういう取材依頼の仕方って、嫌なんですよね。だからこそ、上記のとおり「対面でお話させていただくのが原則ですから」といって、お断りしているのが実情です。

そして、くり返しになりますが、本当にいい記事を書いてくださる記者さんたちは、わざわざ私のいるところまで足を運んでこられます。それはたとえ九州や四国の記者さんでも、関東や東北、北海道の記者さんでも、そうなのです。また、そうやって一度、ていねいに取材対応された記者さんであれば、「次回は電話で・・・」という話にも、「わかりました」と言えるんですよね、こちらも。

なので、この記事の紹介を兼ねて、私からの取材対応の原則、このブログで書いておきます。

<追記>

あと、学校事故・事件研究に関する一部の研究者や専門職の方のなかには、それで何か、注意喚起ができればと思い、積極的にメディアに自分が登場することをもって「よし」とされる方も居られるかと思います。

ですが、私は基本的に「自分にメディアでの注目が集まること=その分、誰かが学校で亡くなったり、深く傷ついたりしていること。また、事後対応がうまくいっていないケースが多いこと」だと思っています。

なので、あまりメディアでの注目が集まりすぎるのも、ほんと、困った事態だなあ・・・って思うこともあります。

私のような立場で研究・実践をしている人が、この日本社会においてゼロであっては困ると思うのですが、と同時に、過剰に注目されるような状況も「どうなの?」と思ったりもします。なので、こんな感じでお願いしたいです・・・。

「世の中の片隅で、ひっそり、細々と研究や実践をしているので、何かあったら声をかけてください。でも、できるだけ、私たちを静かに、そっとしておいてください」


この記事をはてなブックマークに追加

5月20日・21日の全国学校事故・事件を語る会大集会のご案内です。

2017-04-24 10:40:20 | 受験・学校

5月20日(土)・21日(日)に、今年も全国学校事故・事件を語る会大集会が神戸で開催されます。

詳しいことは下記のホームページ、または貼り付けてある画像でご確認ください。

概要だけ記しておきますと、以下のとおりです。

日 時:2017年5月20日(土)~ 21日(日)
会 場:兵庫県学校厚生会館
    神戸市中央区北長狭通4-7-34 TEL 078-331-9955(代)
日 程:5月20日 交流会 13:30~17:00 、懇親会 18:30~
    5月21日 シンポジウム 9:30~16:00
         『被害者・遺族から見た第三者委員会の課題』
費用等:交流会、シンポジウムへの参加:各500円、懇親会費:4500円
*1日だけの参加、交流会やシンポジウムのみの参加ももちろん可能です。

※申込先(全国学校事故・事件を語る会のホームページ) https://katarukai.jimdo.com/


この記事をはてなブックマークに追加

河北新報に私の本『新しい学校事故・事件学』の書評が出ました。

2017-04-23 23:31:39 | 受験・学校

<東北の本棚>事後対応に「対話」必要 新しい学校事故・事件学 住友剛 著

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170423_75045.html

東北地方といいますか、宮城県の地方紙・河北新報に、上記のとおり私の書いた『新しい学校事故・事件学』(子どもの風出版会、2017年3月)の書評が出ました。

この書評の締めくくりで、私の本の要点を、評者は次のようにまとめてくださっています。

 

<以下、引用部分>

著者はこれからの事後対応について、「子ども」を核にした学校コミュニティーの再生が必要と強調し、再発防止を願う人々のつながりを構築すべきだと訴える。
学校での重大事故や事件が「公教育というシステムの破綻や不調を示す」(著者)とするなら、子どもたちの命を預かる全ての教育関係者にとって必読の書といえよう。

<以上、引用おわり>

この引用部分、「的確なまとめだな~」と思いました。

ということで、引き続き、『新しい学校事故・事件学』のご購入、よろしくお願いします。

※上記の書名部分をクリックすると、大手通販サイト・AMAZONのこの本のページに飛びます。そこから注文することが可能です。


この記事をはてなブックマークに追加

今回(4月23日)のプリキュアの話です。

2017-04-23 09:34:52 | プリキュア話

おはようございます。

今日は日曜日、いつもどおりプリキュアの話です。

まず、今日から新しい敵・ジュリオ=黒樹リオが登場しました。ジュリオはイケメン転校生として、プリキュアの秘密を探るために、いちか(キュアホイップ)たちの通う中学校にやってきます。ジュリオはそのイケメンキャラをうまくつかって、最初に女子たち、続いて男子たちの人気を集めます。このあたりは一応、プリキュアシリーズでおなじみの学校の場面になっています。転校生が敵だったという展開も、過去のプリキュアにもあった物語の流れですね。

その一方で、先週プリキュアたちに倒されたガミー軍団が、プリキュアたちのパティスリーに謝りに来ます。そのときに、ガミーたちは自分たちの願い(強くなりたい、きれいになりたい等々)をかなえるために、キラキラルを集めるベルトを誰かに渡されたこと。そのベルトをつけていると、自分たちが強くなった気持ちになって、スイーツのキラキラルを集めるための悪さをしてしまったこと。そういうことをプリキュアたちに伝えます。どうやらそのベルトは、ジュリオに渡されたもののようですね。

その後、黒樹リオはある女の子をさそって、いちかたちのパティスリーにやってきます。そこでカップケーキづくりをするときに、いちかのホイップクリームの混ぜ方にアドバイスをします。そのアドバイスは適切なのに、でも、黒樹リオは自分はスイーツづくりが苦手だと言ったりもします。

そして、その女の子とできあがったカップケーキをもってかえる道中で、黒樹リオはジュリオに変身し、カップケーキのキラキラルを吸い取ります。ジュリオはいちかのつくったカップケーキのキラキラルの力に驚くとともに、自分はスイーツが嫌いなのだとも言います。また、キラキラルがどんなものなのかを実験しているだけなのだ、とも言ってました。

その女の子の悲鳴を聴きつけてプリキュアたちがやってきたところに、ジュリオが黒いキラキラルでつくった剣をかざして立ちふさがります。キュアホイップに変身したいちかが、カップケーキづくりでアドバイスされたとおりに自分の腕をまわして、クリーム状のものを大きく見せて、ジュリアの黒いキラキラルの剣を防ぎます。そして、5人のプリキュアがキャンディロッドを使って、ジュリアを追い払います。

ラストのシーンでは、その女の子といっしょに登校するいちかを見ながら、ジュリアがいちか=キュアホイップだと気付いたことを語っていました。

どうやら私の予想では夏休み前くらいまで、このジュリア=黒樹リオの秘密で物語をひっぱりそうですね。スイーツのつくり方に詳しいのに、でも、スイーツが嫌いというのには、何か裏がありそうですから。また、黒いキラキラルをジュリアが出しているのもに、何かわけがありそうですね。


この記事をはてなブックマークに追加

「大阪のことを知ろう。市民大集会パート2 大阪問題」が5月17日に開催されます。

2017-04-21 13:25:16 | 国際・政治

大阪市解体・分割構想(いわゆる「大阪都構想」)の住民投票から、もうすぐ2年になろうとしています。

この2年+その前の数年で、大阪市の行政施策がどのように変わり、何がどのようによくなったのか・悪くなったのか。

そのことを学校教育、医療や福祉、水道事業、ゴミ問題、財政等々、いろんな切り口から考えてみようという集会が、今年5月17日(水)夜6時半から、大阪市中央公会堂で開催されます。

参加費は無料とのことですし、当日は私も都合がつきそうなので、参加してみたいと思います。

なお、この集会「大阪のことを知ろう。市民大集会パート2 大阪問題」のチラシは、下記からダウンロードできます。

https://drive.google.com/file/d/0B_c7qgzGy-xNMnhEXzVqdFREdXc/view


この記事をはてなブックマークに追加