できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

「新しさ」ってなんだろう?

2010-04-23 20:47:51 | いま・むかし

しばらく更新が途切れました。久々にこちらのブログにも記事を書きます。

さて、このところ、「新党」が次々に発足していますね。具体的な流れとしては、たとえば参議院選挙を前にして自民党から出ていく人が「新党」をつくる、あるいは、保守系の小さな会派に自民党から合流する人が出る形で「新党」ができる、というところでしょうか。これに、現職・元職の自治体首長がつくる「新党」もありますね。そして、「大阪維新の会」ですか。大阪府及び大阪市・堺市の地方議員が橋下知事と連携する形でできた「地域新党」というところでしょうか。

しかし、この「新党」、訴えている政策や政治の基本理念、「どこが新しいねん?」って思いませんか?

たとえば「公務員制度改革」。これって、もう何年も前から言われてきたことでは? それこそ自公政権時代の行財政改革のひとつですよね。「地域主権」や「地方分権」の推進もどうですか? これまでの議論と何が、どうちがうのでしょうか? さらに、大阪府と大阪市の「二重行政の解消」により「大阪都」をつくる・・・・、それって、橋下知事の前の知事さんのころにだってあった話では? そして「自主憲法制定」・・・・、それって、自民党結党時から保守系政治家の間では「悲願」のようにあったテーマですよね。

何か、今まである政党間の政策論争のなかではでてこなかったような論点が出てきたとか、あるいは新しいタイプの社会の形成を目指す政治理念が出てきたとか、そういうことで「新党」が結成されるのであれば、それはそれで、筋が通ると思うんです。たとえ私や私の仲間とは考え方が合わなくても、「それはそれで、一理あるなぁ」という受け止め方もできると思うんですよね。

しかし、どうも「新党」が次々に出てきているわりには、どれも言っていることが「これまで、どこかの政党や個々の政治家が主張してきたことと、どこがどう違うのか?」がよくわからない。要するに「今までいた政党や所属団体のなかで、その話への支持が得られなくなってきたから、仲間とともに外に出ただけ」って感じがするわけです。とすれば、これは「新党」づくりというよりも、「仲間割れ」というほうが、しっくりとくる。また、「それって、脇で見ていても、うんざりする」「まだ同じグループのなかで、しっかりと路線対立を表に出して、きちんと論争してくれているほうが、ましなように見える」感じがします。

ついでにいうと、自分が「新しい、オリジナルなこと」を主張するためには、「過去はどうだったか?」とか「先行研究がどういってきたか?」ということを検討しておく必要がある・・・・と、私などは学生や大学院生の論文指導でよく言います。それをきちんと検討して、自分で「新しいことを言っている」気になっていても、過去の研究成果をふりかえってみると、「意外と変わってないなぁ」ということに気づかされ、がっくりくることだって多々あります。

いま、「新党」をつくろうとしている人たちは、いったい、これまでの政治・行政の成果と課題や、これに関する思想・理論などと、どういう「対決」をしようとしているのでしょうか? そこがあまり論じられていない気がしますし、そこで何か見えてこない限り、先ほども書いたように「仲間割れの見苦しい政治ショー」を見ているだけのようで、「新党」には何も期待できないような気がします。

もっとも、このことは保守系の「新党」の側に言えるだけでなく、従来の革新の側にも言えること。また、人権教育や部落解放教育、子どもの人権論など、私たちのかかわっている社会的な運動の側、これと関係の深い研究のあり方にも言えること。

「新しさ」を追い求めている自分たちの動きや、自分たちの主張している「新しさ」の根拠。そこをきちんと過去と照らし合わせて検証し、何が、どうちがっているのかを整理して位置づけておかないといけないのでは・・・・、と思います。また、「古い考え方や方法であっても、いいものはいい」というのであれば、「それがなぜ、今の状況のなかで『いい』と言えるのか?」という理由をきちんと作っておく必要もあるでしょう。

そして、そのような建設的な議論を積み上げていくことこそ、それぞれの団体のなかで大事な作業なのでは? 今の人権教育や部落解放教育、あるいは子どもの人権論に関する運動体や研究者のなかで、はたしてそのような建設的な議論ができているのだろうか・・・・。そう問い始めると、私自身「このままではいけない。なんとかしなくちゃ」と、ほかの人に向けた刃が自分に帰ってくることを感じます。私たちもまた、「変わらなければいけない」と、あらためて強く感じました。

<script type="text/javascript"></script> <script src="http://j1.ax.xrea.com/l.j?id=100541685" type="text/javascript"></script> <noscript> AX </noscript>


この記事をはてなブックマークに追加

もう一度、「つながり」を創り出すために

2010-04-11 20:43:26 | 受験・学校

新しい年度がはじまって、もう10日近く過ぎてしまった。その間、こちらのブログの更新がなかなかできず、申し訳なく思っている。今後も不定期更新で、なかなか更新ができない時期もあるかもしれない。ただ、このブログを閉じようという意図はまったくない。むしろ、できるだけ時間を見つけては、なんらかの形で情報発信を続けていきたいと思っている。

さて、新しい年度がはじまるということは、大阪市内ではもと青少年会館と人権文化センターなどを統合して、各地区に「市民交流センター」が開設されたということ。いろんな紆余曲折はあったというものの、今からは、この「市民交流センター」をできるだけ各地区で積極的に活用し、いろんなことに取り組んでいかなければ、今後は「市民交流センターの廃止」という話が出てくるかもしれない。また、そういう話をはねかえすことができるかどうかは、これからの各地区で人々がどれだけ「市民交流センター」の諸活動を核にして、つながっていくことができるかにかかっているように思う。

だからこそ、今、求められているのは、大阪市内の各地区で、いかにして住民相互の「つながり」を創り出していくか、ということのように思う。そのために、市民交流センターでどんな活動に取り組み、どのような人々を「つないで」いくのか。それを、いつもいうように、「できることを、できる人が、できるかたちで」大至急、はじめてほしい。

入り口は、たとえば「いっしょにアニメを見よう」でも、「文字の読み書きを学ぼう」でも、「学校の宿題の面倒を見る」「お料理がうまくなる練習をしよう」等々、できるだけ、各地区の住民(特に子どもや高齢者、女性)の生活に密着したような活動がいい。それを、単発のイベントから月1回、隔週1回、毎週1回・・・・と、徐々に活動回数を増やしていく。また、人数が増えてくれば、同じ活動を複数のグループに分けるなどして、活動の延べ回数を増やしていく。そして、そのグループ間の相互のつながりをつくって、タテヨコに人々の関係をつないでいく。

そういう活動を「市民交流センター」で蓄積していくことが、各地区の「まちづくり」活動でもあるし、「人権を守る」諸活動の前提になるはずである。また、そういう地域社会での「つながり」が豊かになっていくことが、各地区での教育運動の活性化にもつながるし、そのいい面での波及効果がきっと学校教育のほうにも及ぶのではないだろうか。

ところで、最近読んだ文献のなかから、ひとつ「なるほど!」と思ったことの紹介を。

岸政彦さんが書かれた「『複合下層』としての都市型部落」(『部落解放』628号、2010年4月)を読むと、ある大阪市内の地区の調査結果からは、「高齢化・貧困化・流動化」という課題が見えてきたという。また、この岸さんの文章では、「差別に抵抗する運動と同時並行で住民の貧困対策がますます必要とされる」(p.80)という指摘も行われている。

私も、岸さんの指摘にまったく同感である。なにしろ去年、大阪市内各地区のもと青館で子ども会活動や識字教室、若者のサークル活動などにかかわっている人たちから、あるいは、地元の公立学校の教員たちから、この岸さんの調査結果とほぼ重なるような話を聴いた。だから、あらためてこの調査結果を見たとき、私たちが子育ち・子育て運動に関する聴き取りでわかったことに、数値的な面からも裏づけを得たように思ったのである。

当たり前の話ではあるが、学校での子どもや若者の教育に関する運動、あるいは家庭・地域社会での子育てに関する運動の取り組みも、こうした地元に暮らす人々の生活のありようと無関係ではいられない。「差別の実態から出発する」とか、「子どもの実態から出発する」ということを、これまで同和教育・部落解放教育や人権教育系の議論が大事にしてきたのであれば、なおさら、今の各地区の人々のつながりの変容を見つめて、そこにどういう手を打っていくのかを論じる必要があるだろう。

そして、社会学なのか教育学なのか、あるいは他の研究領域なのか。どういう領域から人権や差別に関する研究活動に携わるにせよ、私たち研究者もまた、いま、あらためて、「自分たちは、誰とつながりを持って研究をすすめていくのか?」が問われているのではなかろうか。

もちろん、人権や反差別の教育にかかわって、研究者たちが教員たちの運動にかかわり、「教室の中での実践」にこだわっていくのも、「ひとつのつながり方」だと思う。それがすべて、ダメだというわけではない。私だって、ことと次第によっては、教員とのつながりを持つ。

だが、ひとりやふたりくらい、ちがう道を選んでも悪くない。すべての人権や反差別の教育に関する研究者が「教室の中での実践」の話にこだわるのではなく、やはり何人かは、各地区で粘り強く子育ち・子育て運動の諸課題に取り組む人たちの、日々の生活の中での実践にこだわり、その人たちとつながりを持ち続けていくことも必要かと思う。

もちろん、当面、誰もやらないのであれば、引き続き、私がやっていこうと思っているのではあるが・・・・。

<script type="text/javascript"></script> <script src="http://j1.ax.xrea.com/l.j?id=100541685" type="text/javascript"></script> <noscript> AX </noscript>


この記事をはてなブックマークに追加