できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

今日(10月15日)のプリキュアの話です。

2017-10-15 09:25:51 | プリキュア話

おはようございます。いつもどおり日曜朝なんで、今朝のプリキュアの感想書いておきます。

世の中は選挙期間中で、なにかと政治が騒がしいわけですが、政治に関心を持ちつつも、それでも自分なりの平常心を保つことは大事です。

さて、いよいよ月末の劇場版映画公開が近づいてきました。なので、オープニングが劇場版モードに今週から切り替わりました。これが約1か月くらい続くでしょう。

また、来週の予告を見ておりますと、これからジャン=ピエールなるパティシェが出る様子。このジャン=ピエールがきら星シエル(キュアパルフェ)のスイーツ作りの師匠で、その師匠との物語が劇場版映画のストーリーになります。そんなわけで、劇場版とテレビ版をつなぐ話が次週の物語になるな~ということは、すぐに察しがつきました。

それから、ここへ来て敵・ディアブルが闇の力によってどんどん強大化しております。そのディアブルのもつ闇の力をさらにエリシオ・グレイブという敵が狙っているという場面も描かれておりました。この敵どうしの関係も今後、どのようになっていくのか。

そして、今回はプリキュアたちの暮らす街・いちご坂の町内会対抗運動会というのが、物語の大きなスジ。なおかつ、いちか(キュアホイップ)の暮らす町内会は、ここ数年、運動会では負け続けている。そこで、いちかの家の隣に引っ越ししてきたあきら(キュアショコラ)がスポーツが得意ということで、全種目に出てもらおう。まあ、そんな展開ですね。

ところがあきら、病弱な妹のお見舞いに病院へ行ったとき、風邪をひいてしまう。それでも運動会当日の午前中、無理して何種目かに出場して、それぞれ1位になったものの、お昼ご飯どきから体調が悪くなってくる。それをいちかに気づかれて、「休め」と言われる。そこから先は、いちかたちがいっしょうけんめい、いろんな種目でがんばって・・・。そして、そういういちかや町内会の人たちの様子を見て、あきらは「ここへ引っ越してきてよかった」と思う。そういうときにディアブルがやってきて、運動会に来ている人を闇の力に染めるので、プリキュアが退治する。ざっと、こういう流れでした。

それで今回、新たな発見ですが。まず、プリキュアたちひとりひとりに対応しているクリスタルアニマル。これはプリキュア自身の体調が悪いと、アニマルも悪くなるんですね。今回、あきらが午後から熱が出て参ってしまうと、あきらのクリスタルアニマル・イヌも倒れてしまいました。

それから、以前敵としてたたかっていて、いまはシエル(キュアパルフェ)のパティスリーを手伝っているビブリー。ビブリーが今回、シエルの荷物運びの役でほんのちょっとだけ出てました。こんな感じでビブリーを出し続けているのも、今後の展開につなげる何かの伏線かなぁ・・・って思って見ています。どこかで年末に向けて、ビブリーが再び絡むネタの回がありそうな予感です。

以上、今朝のプリキュアのお話でした。

『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共生社会の実現に向けて一... | トップ | この秋はアニメ見るのに忙し... »
最近の画像もっと見る

プリキュア話」カテゴリの最新記事