できることを、できる人が、できるかたちで

京都精華大学人文学部・住友剛のブログ。
関西圏に関することを中心に、教育や子ども・若者に関する情報発信を主に行います。

最近読んだ本をまとめて紹介(2459冊目~2469冊目)

2017-05-05 22:54:54 | 本と雑誌

またまた、最近読んだ本をまとめて紹介しておきます。

一応、それぞれの本のタイトルと著者名程度の紹介です。

なお、それぞれの本のタイトルをクリックすると、アマゾンかe-honの当該ページに飛ぶようにリンクしておきました。

2459冊目:小川洋子・河合隼雄『生きるとは、自分の物語をつくること』新潮文庫、2011年

2460冊目:小川洋子『物語の役割』ちくまプリマ―新書、2007年

2461冊目:斎藤美奈子『学校が教えないほんとうの政治の話』ちくまプリマ―新書、2016年

2462冊目:苫野一徳『はじめての哲学的思考』ちくまプリマ―新書、2017年

2463冊目:好井裕明『「今、ここ」から考える社会学』ちくまプリマ―新書、2017年

2464冊目:内田和俊『レジリエンス入門』ちくまプリマ―新書、2016年

2465冊目:岩宮恵子『好きなのはワケがある 宮崎アニメと思春期のこころ』ちくまプリマ―新書、2013年

2466冊目:青山弘之『シリア情勢―終わらない人道危機』岩波新書、2017年

2467冊目:小川仁志『「哲学」思考法で突然頭がよくなる!』実業之日本社、2017年

2468冊目:戸部良一『自壊の病理 日本陸軍の組織分析』日本経済新聞出版社、2017年

2469冊目:浜田寿美男『「自白」はつくられる 冤罪事件に出会った心理学者』ミネルヴァ書房、2017年

『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もっと大胆なこと、言えませ... | トップ | 政治の土俵の上で踊らされて... »
最近の画像もっと見る

本と雑誌」カテゴリの最新記事