清泉日記

サンサンおひさま笑ってる♪ みんなで駆けよう緑の庭で♪ 空に向かって元気よく♪ GOゴー清泉♪ ワン・ツー・スリー♪

雪やこんこ

2015-01-30 17:21:45 | 日記
 


今週のはじめ、朝は夜のように真っ暗
登園する子たちも何となくまだ夢の中のよう…。
園庭にあった雪も雨が見事に溶かしてグチャグチャ…それでも子どもたちにとっては絶好の『あそび』になります♪
グチャグチャ~…踏みしめては大喜びの様子でした

でも、せっかく張り切ってやってきたスノーモービルが「ぼくの活躍する出番が無いよ~」と雨に打たれて泣いています。
そして、みんなが楽しみに待っているソリ滑りの園外保育もこのままでは行けなくなっちゃう

そこで「ま~か~せ~な~さい」(園長先生風に)と、ひよこレンジャー登場☆

一人ずつ七色に光る魔法の雪だるまさんを回しながら願いを込めて、「雪だるまさん、雪を降らせてくださ~い」とお願いしました。



するとどうでしょう
みんなが帰る頃になって雪がチラチラ降り始めたのです

みんなびっくり
先生もびっくり

「お空の神様、みんなの願いを叶えてくれてありがとう♪」

その後、どんどん降り積もる雪を見て、みんなのパワーの凄さを実感しました
恐るべし、ひよこレンジャー☆です(笑)

 


さぁ、これで少しずつ雪のペンキ屋さんがあちこちを真っ白に染めて行ってくれることでしょう。
あとは、ばい菌マンたちを身体から追い出して雪遊びに備えましょう。
来週が楽しみですね♪

 

週末は、体調管理に努めて、月曜日また元気に会いましょう!

  

この記事をはてなブックマークに追加

3学期が始まりました!

2015-01-23 13:01:25 | 日記

幼稚園の始まりとともに降った雪♪


3学期が始まって一週間が経ちました。

「お当番さん、お手紙を取りに来てくさい。今日の合言葉は、『お手紙ください』ではなく『園長先生の鼻は鳴る』です。」

そんな風に投げかけると、お当番さんが元気よく「園長先生の鼻が鳴る!」と職員室に駆け込んで来ます。そして、お決まりのように園長先生の傍に行って鼻を押します。ブス~☆

急で用意がなく、プ~ではなく変な音が。それとともに「うわぁ~!」と崩れ落ちる子どもたち(笑)
そうして苦労して?GETした“お手紙”にも書いてありましたが、みんなとってもたくましく成長している様子が伺え、頼もしく感じます


つららが朝日にキラキラ☆輝いています

昨日の身体測定では、身長も体重も、数字に変化があり、体も心もそれだけ成長していることを確認できました。

「どれくらい大きくなっているかな?って、お母さんが楽しみにしていたよ♪」

支度をしながらそう教えてくれた年長さん。

 

「(手や足を)上げたり下げたり気持ちが良い~♪」

最近覚えた手遊びの歌に合わせて可愛らしいパンツを“上げたり・下げたり”している年少さん(笑)
おっと!パンツの中から何かが見え隠れしてもお構いなしです。むしろ嬉しそう(笑)
(ひとつのことを膨らませて面白く変化させてゆく子どもの発想にはいつも感心させられます。)

 


3学期になって気がついたのは、ずいぶんと『会話』が増えたこと。

年長さんは難しい言葉をたくさん使うようになり、年中さんも年少さんも、自分の思いを伝えることがどんどん上手になっています。
お互いを意識して思いやって、手を取り合って、一緒に遊んでいる姿に成長を感じ、見ているとこんなに寒い冬でも心はポカポカになります。



3学期は、成長を感じて嬉しくもあり、次のステップへと巣立ってゆく日が近づくことへの寂しさが増す時でもあります。
短くあっという間ではありますが、その中に、たくさんの思い出をギュッ☆と詰めていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

 

  
米袋そりも大活躍です♪




この記事をはてなブックマークに追加