清泉日記

サンサンおひさま笑ってる♪ みんなで駆けよう緑の庭で♪ 空に向かって元気よく♪ GOゴー清泉♪ ワン・ツー・スリー♪

Trick or Treat ?

2014-10-31 17:07:51 | 日記

園児作・ジャッコランタン(ワミー(遊具)で作りました)

ユネスコ・スクールの本園としては、今日は外せない日

毎年、10月31日は、ハロゥイン・パーティー☆
この一週間は、ハロゥイン週間として、子どもたちは仮装して幼稚園に登園して来ても良いのです♪

 

なぜ、1週間前から仮装するかというと、日本に住む私たちには、ハロゥインそのものに馴染みがありません。
でも、異文化行事も素晴らしい体験となります。

 
園内は魔女や妖怪がウロウロ・・・♪

初めてのお友だちは「ハロゥインってナニ」「衣装を身に着けるのはハズカシイ…」なんて戸惑うことも…。
そこで、「待ってましたハロゥイン」という先輩たちの楽しんでいる姿を“見て”、「何だか面白そう…やってみた~い」と少しずつ、戸惑いを無くしながら、31日の本番を迎えようという作戦?です。

 
オバケかぼちゃをくり抜いてジャッコランタンを作ります。

いつもの幼稚園、いろいろな行事はありますが、こういう『変わった』雰囲気での一週間もたまには良いのではないでしょうか!?



10年くらい前、まだ100円グッズが無い頃からこの行事は始まりました。
お母さんと話し合い、一緒に作り、ちょっとした小さな変装でも子どもたちは“なりきる”ことが出来て大喜び
そんな“過程”も大切にしてくださっていることを感じると、ますます「嬉しいなぁ~♪」と感じます



今年も、初日、自分で作った小さなお面をつけて嬉しそうにしていた子がいました。
自分で絵を描いて、ハサミで切って糊を貼って…。大満足の出来♪
数日後には、それが帽子に変わります。ダンボールで形作り、色紙を貼って、その子にとても似合っていました。思わず声をかけると、「お父さんと一緒に作ったの」と、ますます笑顔が輝きました



「おじいちゃんに作ってもらった

「お母さんが縫ってくれた

「自分で作った



中には、お母さんたちも仮装してくださっていたりして、家族みんなでこの行事を楽しんでくれていた様子が垣間見られました。




さて、31日当日ですが、いたずらおばけたちがやって来て、幼稚園にいたずらをして行ったようです

ちびっこおばけたちは、このいたずらをクリアしながら、無事、「Trick or treat?(いたずらかお菓子か?)」を全員揃って言うことが出来、美味しいお菓子(Treat)をGET出来ましたよ

 

お家に帰ってもきっとお子さんたちがお話してくれるでしょう

 

お菓子を食べながら、聞いてあげてくださいね。

  

お家の皆さん、一週間に渡って、ご協力ありがとうございました

 





この記事をはてなブックマークに追加

「火事だ~!」(秋の避難訓練)

2014-10-23 12:19:20 | 日記
子「うちのお母さんね、『オッパイ星人』なの♪」
先「へっ?」


よく聴くと『おっぱい検診』でした(笑)
そんな会話で始まった愉快な朝、みんなはまだ先に起こる恐怖?の出来事を知る由もありません

 

ノンキに遊んでいると、いきなり『ジリリリリリリ~★』
ベルの音とともに「火事だぁぁぁ」先生の声が廊下に響きます。

「え~ん、怖いよぉ~!」

驚いて泣き始める年少さんに「大丈夫!落ち着いて、静かにお外へ逃げましょう!」先生が教えてくれます。途端にみんな泣き止み、先生の後を落ち着いて静かについて行き、無事に避難することができました



そう、今日は、秋の避難訓練。
春と違い、今回は知らせずに抜き打ち訓練となっていたので、先生たちもドキドキでしたが、みんなとても落ち着いてきちんと避難でき、消防士さんからも「とても上手でしたよ。」と褒めていただきました



そんなみんなにご褒美

消防車のホースで放水を見学、その勇姿に「消防士さん、かっこいい」の声が続出。
それから消防車と救急車の見学をさせてもらい、積まれているいろいろな器具を見せながら親切に説明してくれるお兄さん消防士さんたちに「へぇぇ~!」「すごい!」と感動

 

更に、年長さんは、一緒に写真まで撮ってもらいました。


その後は、みんなで映画を見ながら火事についてのお勉強…。

  


今日は、本当に盛りだくさんのスペシャル避難訓練となりました。

 

消防士さんたちにお礼を言って帰る時、みんななかなか去ろうとせず、一人ひとりに抱きつきながら「ありがとう」「さようなら」と愛想を振りまきなかなか動かない様子に、「さすが清泉キッズ・・」と苦笑してしまいました。

「ほら、もう帰らないとみんな待っているよ!」と半ば無理やり連れ帰る道中、女の子がボソリ。
「だってさ~、消防士さんたちイケメンでかっこいいから、離れたくなかったんだもん♪」
「あぁ、そうですか…」とまたまた苦笑していると、後ろからやって来た○○先生(男性)を見つけ…。

「あ、○○先生も大好きだけどね

と・・・とにかく、『イケメン消防士さん』たち、ありがとうございました
皆さんも、これからは火を使うことが多くなります。
火の元にはお互い十分に気をつけましょうね。

 

この記事をはてなブックマークに追加

50周年おめでとう!

2014-10-15 17:33:25 | 日記


「これ、清泉幼稚園の子どもたちに見せてあげたい

昨年、プレジャーBさんの公演を観た先生。パフォーマンスそのものもそうですが、子どもたちと関わっている時のクラウンたちの優しさ、気配りに感動して、クラウンたちと清泉キッズを会わせてあげたいと、“夢”描きました

ちょうどその頃、幼稚園は『50周年記念』を翌年に控えていたので、イベントを検討中でした。

早速、その先生は園長先生にアタック☆
「こんな人たちがいるんですが、50周年にいかがでしょう?」

はじめは予算のこともあり、遠い名古屋からグループを呼ぶことは難しい…と園長先生も渋っていたのですが・・・

「そうだ!清泉幼稚園が50年にもわたって頑張ってこられたのも、地域の方々のご協力や巣立っていった子どもたち、そして家族の皆さん…たくさんの力添えがあったからだ。どうせするなら、卒園生や地域の子どもたちも招待して、『子ども』たちの為の『夢の時間』にしよう!」と、園長先生の魔法で、更に大きな“夢”に変えてくださったのです


こうして、名古屋と室蘭とのやり取りが始まりました。


がんばりますっ!


『その日』が近づいてくると、「本当にクラウンたちは来てくれるのかしら」「会場に皆さん集まってくれるだろうか」「みんな飽きずに最後まで居てくれるだろうか」いろんなドキドキがやってきました。

課題一つひとつをクリアしながら、職員みんなで話し合って、「どうやったら混乱なく進められるか?」
「清泉幼稚園の園児だけでなく集まったすべての人たちに楽しんでもらえるか?」を一番に考え準備を進めて来ました

 
ドキドキする~♪


当日はなんと台風上陸
でもみんなの思いが天に届いて、午後には晴れ、会場には園児以外にも懐かしい顔、初めて会う顔、たくさん集まってくださいました。

ステージの上に全園児が立った時、歌声がひとつになった時、思考回路はストップ
胸のあたりがただ熱くなり…

「涙が出ました。」
「圧巻でした。」
「素晴らしかった!」

そんな感想をたくさん頂くほど、子どもたちの純粋なエネルギーが会場を満たしているのを感じました。

 
先生たちもがんばりました!


後半のプレジャーBのパフォーマンスはもちろん言うこと無し
会場内は、ハラハラしたりドキドキしたり大笑いしたり・・・。

 

大玉をいつもより多く用意して時間をたっぷり使ってくださったり、最後には「おめでとう~!」の巨大クラッカーを鳴らしてくれたり…

クラウンたちからのサプライズの誕生プレゼントを頂き、感無量。

 



頬を高揚させて会場を後にする皆さんの表情を見て「やって良かった~」と、安堵しました。
会場の外に一歩出た途端「寒いっ!!」

それだけ中はムンムン、みんなの『楽しい♪』でいっぱいだったのですね♪



これからも清泉幼稚園は、子どもたちのことを一番に考えた『子どものお城』であり続けたいと思います


楽しかったね~♪


皆さま、ご協力本当にありがとうございました。



PS「51周年で、また呼んでくれる?」by クラウン・カノン(プレジャーB→ http://www.pleasure-p.co.jp/plea_b/ )






この記事をはてなブックマークに追加

マラソン大会

2014-10-09 14:07:53 | 日記
行事が目白押しです♪

今日は、マラソン大会。
9月の運動会から、どんどん体力的に自信をつけているみんな。

 

この日の為に、家でお父さんと一緒に走りこんでいた子もいたようです

 

ある日の練習で、勝ちを意識した子が「どうせ勝てないから…」と、ふざけながら走っていました。
練習が終わってから、「はじめから試合を投げ出すことはとっても恥ずかしいことだね。」ということを話し合いました。
その子は、本番、上位入賞することはできませんでしたが、最後まで諦めずに自分の最大限の力で走りきりました。素晴らしい走りに感動しました 

 

それぞれにドラマがあり、いろいろな思いを持って今日のマラソンに挑みました。

 

写真を見ると、年長さん、年中さんは、真剣な顔つきがとてもステキ…
反して、年少さんの実に楽しそうな笑顔(笑)
でも、共通しているのは、どの子の顔もみんなキラキラ最高に輝いていたことです!
そのキラキラは、応援している大人たちも同様でした

 

結果は付属品。
『その時』のために、どれだけ一生懸命、本気で取り組んだかが大切なのです
本気の顔は、みんな一等賞♪

  

「がんばった人は、み~んなすばらしい
どの子もみんな一等賞をあげたいと思います。



たくさん褒めてあげてください


この記事をはてなブックマークに追加

真っ赤なりんご♪(秋の遠足)

2014-10-08 17:34:18 | 日記


今回も、お天気のイタズラにドキドキさせられました

行ってきました、壮瞥の果樹園までバス遠足です
朝、雨の音で目を覚まし、「中止!?」と、飛び起きたのですが、みんなの願いがしっかりと届き、どんどん空が明るくなり、遠足の最中は暑くて、脱いだみんなの上着が1枚、2枚と積み上げられてゆきました。

壮瞥に入って、回りがりんごの木だらけになって、期待はどんどん高まります

「はい、到着~!」



みんなの気持ちは、既にりんごとぶどうに向かっています。



みんなの顔と同じくらい大きなりんご
みんなのほっぺと同じくらい真っ赤なりんご



品定め?をして、自分でりんごを採ります。
「先生、とれないよ~!」
「クルクル回してね♪」



園長先生が、秘密道具『りんごカッター』をジャジャ~ンと取り出し、その場でリンゴを切り分けてくれます。

「押さないで みんなの分はちゃ~んとあるから

まるでハイエナのようにリンゴに集るみんな(笑)

「おいしい~

本当に、甘くてジューシーなリンゴでした。



「今日の遠足はおいしいなぁ~♪」
楽しい・・・ではなく、美味しい遠足(笑)



帰りは伊達の館山公園でお弁当を食べて、散策…
(とっても素敵な場所です。今年はどんぐりや栗等の秋の宝物が豊作でしたよ。ぜひ行ってみてください。)



みんなのリュックは、りんごにぶどうに秋の宝物に…
ギューギューパンパンに膨らんで、「お、重い…

フラフラ帰路に着いたのでした(笑)



この記事をはてなブックマークに追加