晴晴ブログ

このブログは私の見たり・聞いたり・感じたりした事柄を忌憚なく書き記したものです。

【一帯一路】

2017-04-21 15:27:32 | 日記
中国の習金平国家主席が提唱した経済圏構想ですが、中国西部と中央アジア・欧州を結ぶ「シルクロード経済帯」(一帯)と、中国沿岸部と東南アジア・インド・アラビア半島・アフリカ東を結ぶ「21世紀海上シルクロード」(一路)の2つの地域で、インフラ整備および経済・貿易関係を促進するというものです。

中国の王毅外相は、5月中旬に北京で開く「シルクロード経済圏構想」(一帯一路)の初の首脳会議に、ロシアのプーチン大統領やミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問ら28カ国の首脳が出席すると発表しています。ただ、主要7カ国では、イタリアの首相以外は出席を表明しておらず、中国側は日本政府に対して経産相の出席を要請していると言われます。

習指導部はこの首脳会議を今年の中国外交の目玉と位置づけており、トランプ米大統領が保護主義を強めるなか、トランプ政権との姿勢の違いをアピールし、経済大国としてグローバル化を主導していく姿勢をアピールする狙いがありそうです。

「新シルクロード構想」を資金面で支えるのが総額400億ドル(約4兆8000億円)もの「シルクロード基金」です。中国がアジアのインフラを整備するため2014年末に独自に創設したファンドで、国際機関としてのアジアインフラ投資銀行(AIIB)とは異なり、同基金は中国の独自の政策判断で投資先を決めることが出来ます。

中国を起点に陸路と海路から欧州に向かう経済圏構築へ、アジア広域で鉄道網や空港、発電所などを続々と建設しようという構想は、そのルート上にある途上国にとっては建設資金がノドから手が出るほど欲しい資金です。しかし、肥大したチャイナマネーは資金需要に応える格好で、その実、中国の国家戦略と結びつき、中国が対外援助の名を借りて軍事転用が可能なインフラ建設を進めることも考えられます。

ただ問題は、5月に行われます首脳会議に韓国はいまだ招待されていないと言われます。韓国が米軍のTHAAD配備を決定したことに対して、中韓関係の対立が深まり、冷え込んでいますが1年半前には、朴槿恵大統領が国際社会の圧力にも負けず、中国からの招待に応じて「抗日戦争勝利70周年記念行事」に出席し、破格の待遇を受けていました。今回の招待されていない理由は単なるミサイル防衛システム導入問題だけではないかも知れません。

フロリダでの習近平国家主席とトランプ大統領との会談の際に、習近平国家主席は、『韓国は、昔は中国の一部だった』と発言していたとトランプ大統領が述べたと言われます。すなわち、自国の領土である韓国を国家として認識せず、首脳会議にも招待しないとなっているのではないかと思われるからです。

数年前に米国のキーティング太平洋軍司令官が中国軍の幹部と会談した際に「空母を開発するから、ハワイから東を米国、西を中国で管理しないか」と提案された話があります。つまり、太平洋を米国と中国で2分割支配をしようと呼びかけたわけですが、キーティング司令官は、その発言を冗談と捉えたようですが、一方で中国軍の戦略的な考え方を示唆していたとの見解を述べていました。

中国は相手国を支配下に入れる前によく歴史問題を取り上げますが、今回の『韓国は中国の一部だった』発言は初めて公式の場に出てきたもので、今後中国は北朝鮮問題も含め、機会をみつけてはこの持論を展開するかも知れません。

将来、韓国という国名が地図から消える可能性が出てきたとも言えるかも知れません。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1日8000歩で還付金 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。