西三河地域労連のブログ開設!

愛知県西三河地域の労働組合の地域組織です。すべての労働者を視野に入れた活動をしています。

賃金決定のルール明確に

2016-12-24 17:48:37 | 労働情報
2016年12月16日 共同通信の配信です

賃金決定のルール明確に
 厚労省検討会が中間報告

 厚生労働省の有識者検討会は16日、正社員と非正規労働者の不合理な待遇差をなく
す「同一労働同一賃金」の実現のための考え方を、中間報告としてまとめた。賃金決定
のルールや基準を明確にし、待遇改善につなげることが重要だと指摘。企業側が基準な
どを的確に示す必要がある一方で、労働者側にも待遇の決まり方についての知識が求め
られるとした。
 検討会は年明け以降、法改正に向けた考え方も議論する。政府が作成した同一労働同
一賃金の指針案などと合わせ、来年提出する関連法改正案に反映させる。
 中間報告は「手当は比較的早期の見直しが可能だ」と提言。基本給は長期雇用を前提
にしているなど、決まり方や仕組みが複雑なため「段階を踏んだ取り組みが求められる
」とした。
 また、研修や教育訓練といった能力開発の機会を、非正規にも正規と同じように提供
し、一人一人の生産性を高めることが、待遇改善のためのポイントになるとした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政府、待遇改善で指針案 | トップ | 電通過労死事件から1年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。