清流を見ながら

川面に映る自然を見ながら時々に思うこと

大臣の能力

2017年05月18日 | 政治
 法務大臣の能力、総理以下与党の皆さんはあれで「よく勤めている」と本当に思っているとしたら、議員としての資格を疑う。委員会での答弁、後ろから言われて答える、官僚の考えを答弁としている。それでも答弁になっていれば良しとするが、だれが聞いても普通ならOKとは言わないだろう。マスクをかけた人、あれは唇から大臣への助言を読み取られないため、と解説されている。納得できる解説だ。

 望遠鏡を持ってお花見にをしたら共謀罪にかかる。ならば望遠レンズ装着の高性能カメラも同じになろう。そんな社会を大方の国民は望まないと思う。

 担当大臣が理解できないような法律を国民に理解せよというのは「丁寧に説明します」という総理の意に反していないか。官房長官の意に反していないか。

 いつの間にか公明党も推進の大きな力になっている。最後になると連立を理由に国民感情から外れる。今回は維新に立場をさらわれては困るからだろうか。例えさらわれても、筋を通せば国民は支持する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朗読会 | トップ | コメンテーター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む