天の門ーThe gate of heavenー

ここでは鄭明析先生のメッセージを紹介しています。

自ら行なう人は誰か。主と一体になって行なう実践者だ。

2017-06-14 08:48:53 | 御言葉
自ら行なう人は誰か。主と一体になって行なう実践者だ。


[御言葉] 鄭明析牧師 

[本 文] 出エジプト記3章14節(韓国語聖書)
『神はモーセに言われた、「わたしは、自ら存在する者」。
また言われた、「あなたはイスラエルの人々にこう言いなさい、
『自ら存在する者が、わたしをあなたたちのところへつかわされた』と」。』

ルカによる福音書21章34節(韓国語聖書)
『あなたたちが放縦や、泥酔や、世の煩いのために心が鈍っているうちに、
思いがけないとき、その日がわなのようにあなたがたを捕えることがないように、
あなたたちは自ら注意していなさい。』


神様は人間の脳に、考えに、魂に、霊に<自らできる能力>を入れて創造なさいました。
そして好きで愛すれば、一層自ら行なうように創造なさいました。

自ら行なう人>は「自動装置になっている機械と同じ人」です。
スイッチを押しさえすれば自ら作動する自動機械のように、電池さえ入れれば自ら作動する時計のように、主の考えと一体になって、自ら行なうようになります。

食べて、寝て、息をすることは誰かが代わりにしてあげることはできません。
これと同じく、<人間の責任分担のこと、自分のすべきこと>は聖三位も代わりにしてあげることはできません。

<自分のすべきこと>を前に置いて、<神様が命じたこと>を前に置いて、自ら実践する心と精神と考えを忘れてはいけません。

どんなことでも、誰かに言われてではなく、本当に喜んでやりたくて、自らやらなければなりません。

みんな自らすべき数百とおりのことを前に置いて、<実践>を休まないことを願います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神様がおっしゃたことを大変... | トップ | 人は「考え」で次元を評価する。 »