セーチンズワールド

都内の食べ飲み歩き、大宮アルディージャ&欧州サッカー観戦記、日本酒&クラフトビール利き酒レポを更新してます!

新規オープンの日本酒バルで軽く利き酒!@赤羽駅西口の「しじゅうごえん」!

2013年12月24日 | お夜食探検隊!(赤羽、川口エリア)
久しぶりの赤羽は、1軒目の「桜商店603」さんで手早く飲み食いした後、日曜日のこの日は18時オープンだった、赤羽駅西口の「しじゅうごえん」さんに初チャレンジ!赤羽駅南口改札から歩いてすぐのところ、ラーメン屋の2階にお店を発見!

12月12日にオープンしただけあって、この日もほぼカウンターが埋まっていて大人気でしたが、なんとか片隅席を確保!女性店主さんが一人で切り盛りされているんですが、なかなか大変なようです。アルバイトさんを急募しているのは理解できますね。

まずは飲んだことのなかった「くどき上手」純米大吟醸 亀の尾でカンパーーイ!半合450円から飲み比べできるのはいいですね。日本酒ラインナップも新宿の「もと」さんで修行した!?方だけあって、かなり豊富で似ています。

ただ、こちらでは長野県の「川中島 幻舞」&栃木県の「姿」もオススメしていましたけど、両者ともに美味いお酒です。自分も両方とも非常に好きなので、いいチョイスだと思いました。以前、行った新宿の「もと」さんは「川鶴」推しでしたよねー。

それはさておき、お通しが登場したので「くどき上手」をチビチビと飲みながら、チェイサーを飲みつつゆるりとさせていただきました。日本酒2杯目はこれまた飲んだことなかった「水尾」純米生原酒を追加!こちらは「くどき上手」のサラリとした飲みやすさとは対照的な、濃醇旨口なお酒でしょうか。

その後追加した「鮭の白子醤油漬け炙り」のネットリしたコクと偶然ですが、意外と合う感じで結果オーライ!?日本酒2杯飲んだだけで、意外と酔っ払ってしまったので、この辺で撤収させていただきました。お会計は締めて1800円とそこそこリーズナブルなのですが、やはり日本酒バルなので、2次会的に使うのがいいかもしれませんねー。トータル評価は☆3.5とさせていただきます!

余談ですがサクッと撤収したのは、客でうるさい親父がいたのも一因だったんですが、お店もお客さんを選べないし、お客さんも客を選べませんから、少々タイミングが悪かったと思うしかありませんでしたww。ここだけ少々残念だったかなぁ。もう少し落ち着いてからまた再訪したいところでしょうかねぇ。

↓日本酒1杯目は「くどき上手」純米大吟醸 亀の尾(450円)でカンパーーイ!



↓スペックは、使用米:亀の尾100%、精米歩合:48%、使用酵母:小川・M310、日本酒度:−1.0、酸度:1.4、アルコール度:17〜18度、製造年月:2013年8月、蔵元:亀の井酒造(山形県鶴岡市)

↓日本酒2杯目は「水尾」純米生原酒 しぼりたて生一本(450円)を追加!


↓スペックは、スペックは、使用米:長野県産しらかば錦78%&ひとごこち22%、精米歩合:麹米59%・掛米70%、アルコール度:17〜18度、製造年月:2013年11月、蔵元:田中屋酒造(長野県飯山市)


↓こちらがお通し(450円)の鶏ササミのワサビ!?和えもの風!

↓オツマミ2品目は「鮭の白子炙り」!?(450円)だったけな。白子のネットリ感がいいですね。

↓タコの箸置きがカワイイです。少し置きにくいですがww。

↓こちらが日本酒ラインナップ!非常に充実していて素晴らしい!


↓お店の看板など。



しじゅうごえん日本酒 / 赤羽駅赤羽岩淵駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へにほんブログ村
ジャンル:
食べ歩き
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« プレミアリーグ第17節、スパーズ... | トップ | リーグ・アン第19節、パリ・サン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL