セーチンズワールド

都内の食べ飲み歩き、大宮アルディージャ&欧州サッカー観戦記、日本酒&クラフトビール利き酒レポを更新してます!

J1最終節、難敵「FC東京」に0-1で拍子抜けの敗戦で5位確定!@NACK5スタジアム大宮!

2016年11月05日 | VAMOS!大宮アルディージャ2005-2016!
【ハイライト】大宮アルディージャ×FC東京「2016 J1リーグ 2nd 第17節」

2016年のJ1も、あっという間に最終節!年間4位をかけた一戦となりましたが、ナクスタでめっぽう強く、ここ3連勝中の年間順位10位FC東京相手に、いつもの0-1での敗戦!

やや拍子抜けしちゃいましたが、まぁこれが上位争いをしたことのないクラブの実力。FC東京のホーム開幕戦でJFK東京の出鼻を挫いたリベンジを達成されちゃいましたねぇ。来シーズンも「俺達の味スタ」VS「俺達のナック」の攻防が続くんでしょうかww。

来週には天皇杯が残っているので、そちらでACLへの挑戦権を掴めるかどうかですが、まぁこの辺の壁は高いのであまり期待せず、来シーズンのリーグ戦、再度上位での「ハラハラ・ドキドキ」を期待しておりますー。来季は晴れて分かりやすい1シーズン制に戻るので、勝ち点60以上を目指せるといいんですが。

昇格後の2年目はやはり、真価が問われることになるので、年間5位という今シーズンに満足することなく、契約更新した渋谷監督の下、さらに「堅守多攻」を深めていってほしいところ。

MF41家長昭博が2桁ゴールしましたが、6得点に終わったFW8ムルジャ&FW9ネイツ・ペチュニクは不発だったので、やはり前線でガッツリ点を決めてくれるストライカーが必要不可欠でしょうか。あとは左SB&ボランチの補強が急務かも。

今年のホーム最終戦は残念ながら、スタジアム観戦できなかったので、サクッとスカパー録画観戦でサラッとレビュー。この試合も先制点がキーポイントでしたが、相手に先制されると勝ち点3取るのは厳しくなるのは、データ通りだったっすねw

2016/11/3(木)13時33分キックオフ 【会場】NACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮区高鼻町)【主審】佐藤隆治【副審】相樂亨/木川田博信【入場者数】12,377人【天候】晴れ 20.4℃ 31%【得点】24分 DF37橋本拳人(FC東京)

ホームの大宮アルディージャ(監督:渋谷洋樹)の布陣は4-4-1-1。1トップはFW8ムルジャ&トップ下を流動的にMF41家長昭博。中盤4枚は左からFW39泉澤仁、MF15大山啓輔、MF17横谷繁、FW7江坂任。DFラインは左からDF20大屋翼、DF3河本裕之、DF2菊地光将(キャプテン)、DF19奥井諒、古巣対決のGK21塩田仁史と前節と同じ布陣。

アウェイのFC東京(監督:篠田善之)の布陣は4-2-3-1。1トップはFW20前田遼一、3シャドーは左からFW39中島翔哉、MF38東慶悟、MF48水沼宏太。ダブルボランチはMF27田辺草民&MF10梶山陽平。DFラインは左からDF6室屋成、DF5丸山祐市、DF3森重真人(キャプテン)、DF37橋本拳人、GK47秋元陽太。MF7米本拓司、FW11ムリキ、FW44阿部拓馬などが負傷でベンチ外は痛いか。

前半は立ち上がりから地力に優るFC東京ペースでしたが、ファーストシュートはアルディージャ。5分、ショートカウンターからMF15大山啓輔クンの素晴らしいスルーパス→FW39泉澤仁が左サイドからドリブル突破してPA侵入しての右足シュートはGK47秋元陽太がセーブ!

ここで早くも川崎フロンターレがガンバ大阪に対して先制!ガンバ大阪が敗れれば年間4位確定するだけに、少し期待してしまったのは早計だったっす。

12分にはFC東京、FW39中島翔哉のスルーパスにFW20前田遼一がDFライン裏に抜けたかに見えましたが、オフサイド。その後も再三、MF48水沼宏太がDFライン裏に抜け出す動きを見せて、大宮のDFラインに揺さぶりをかけられましたねぇ。

18分にはFW39中島翔哉がPA左外で倒されてFK献上。MF48水沼宏太の高精度右足FKグラウンダーはニアサイドでFW7江坂任クンがクリア。

するとあっけなく試合が動いたのは23分。MF48水沼宏太の右足クロスをDF19奥井諒がコーナーへ逃れると、MF48水沼宏太の高精度CK→PAニアサイドでヘディング弾を合わせたのはDF37橋本拳人!マークに付いていたっぽいDF20大屋翼のところを上手くMF48水沼宏太に突かれたか。「向こうのストーンの選手が小さかったので、ニアに入れてみようかなと」試合後の水沼宏太コメント。

27分にはMF41家長昭博がPAアーク外から左足シュートもDF3森重真人の右肘に当たったとして、FKの判定!MF17横谷繁クンの高精度右足FKに期待しましたが、珍しくMF15大山啓輔クンが右足FKも、あえなくFC東京の壁にブロックされてしまいましたねww。

41分には左サイドを突破したMF38東慶悟が折り返すと→PAアーク付近でMF48水沼宏太が左足シュートもゴール枠外へ。一方のアルディージャは43分、左サイドからMF15大山啓輔→FW39泉澤仁→MF41家長昭博の左足クロス→FW8ドラガン・ムルジャがヘディング弾でしたが、ゴール右枠外へ。

このまま0-1で後半に入ると、立ち上がりから攻勢を強めたのはアルディージャ。2分にはFW7江坂任がPA左に入ってキープすると→MF41家長昭博の左足クロス→PAどフリーだったMF17横谷繁のヘディング弾でしたが、惜しくもゴール枠外へ。

7分には左サイドからFW39泉澤仁の右足クロス→PA内右でFW8ドラガン・ムルジャがヘディングしようとしましたが、その前でGK47秋元陽太がパンチングクリア。さらにセカンドボールを拾ったDF19奥井諒クンがマイナスに折り返すと→再びFW8ムルジャが右足シュートもDFに当たってGK47秋元陽太がセーブ。

10分にはFW7江坂任→PA左にどフリーで入ったFW39泉澤仁→DF20大屋翼→MF17横谷繁が強引に右足シュートもDFにブロックされては厳しい。

14分には再び右サイドからFW7江坂任→MF41家長昭博が左サイドへ展開→PA左からFW39泉澤仁が仕掛けて角度のないところから左足シュートもGK47秋元陽太が右足1本でブロックしてコーナーへ。結果的に後半開始15分の時間帯で反撃したものの、ここで同点に追い付けなかったことが、最後まで響いた印象。

ここで先に動いたのはFC東京ベンチ!MF10梶山陽平に代えてMF14高橋秀人を投入!篠田監督曰く「相手の家長(昭博)をどう捕まえるかというので、梶山(陽平)のところに(高橋)秀人を入れて、奪った後に落ち着かせようと伝えた」とのこと。

一方のアルディージャは25分、やや疲れの見えたFW7江坂任クンに代えてMF16マテウスを投入。30分過ぎには勝負の2枚替え!MF15大山啓輔クンを下げてMF10岩上祐三、FW39泉澤仁に代えてFW9ネイツ・ペチュニクを投入したんですが、いかんせん不発。

FC東京はMF48水沼宏太に代えてFW17河野広貴、最後はMF38東慶悟に代えてFW16ネイサン・バーンズを投入して試合をクローズすることに成功。ロスタイム4分でしたが結局、同点に追い付けず、消化不良的なリーグ最終戦となってしまいました。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへにほんブログ村
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オサレなカフェでサクッと肉... | トップ | 「太平海」1314、「七田」山... »
最近の画像もっと見る

VAMOS!大宮アルディージャ2005-2016!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL