電気・盤・クレーンのソリューションカンパニー セイキョウブログ

一般電気工事、クレーン、受・変電設備、新製品開発・人材派遣、輸出入仲介を展開する株式会社セイキョウ。

梅雨入りしました

2017-06-10 16:48:24 | 日記

  皆さんこんにちは

  電気設備工事、天井クレーン点検整備、配電盤・制御盤設計製造のセイキョウ 鈴木孝昌です。

  あっという間に6月に入り関東地方は今週梅雨入りしましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

  5月は色々なことがありました。北朝鮮の相次ぐミサイル発射、イギリスでのテロ、大企業を狙ったサイバー攻撃など気を付けようにも気を付けようがないニュースが続きました。また国会でも森友問題が収束しつつあると思ったら加計学園の問題が浮上してきました。追及も大事ですが社会・経済が抱える問題解決のための議論にもっと時間を費やして欲しいものです。

  5月の上旬はゴールデンウィークということもあり、停電作業での工事が多々ありました。

  

 上はクレーン用のトロリー線更新工事中の写真です。写真ではわかりずらいのですが、天井クレーンの走行に際に電源を供給するためのトロリー線を交換しているところです。事前に足場を組み墜落防止対策をしてから作業し、無事無事故で完了しました。

 クレーンの工事は平常クレーンを使用している工場ではなかなか作業が出来ないため、長期休暇中にこのような工事を行うことが多いです。5月といえど30度近い暑さだったため作業者の方は大変でした。

 6月に入ると雨が多くなるため、屋外での工事に影響を及ぼす場合があります。またこの時期は湿気が多いため絶縁抵抗が悪くなるといった症状もみられる時期です。安全に電気設備やクレーン等を使用するためには定期的な点検をして、こまめにチェックすることが大切です。特に高圧受電設備や天井クレーン等は労働安全衛生法で定期自主検査が義務付けられております。

 

   上記の表は労働安全衛生法で定められた機械設備の定期自主検査の頻度を一覧にしたものです。 詳しい情報は各都道府県の労働局などのウェブサイトや各設備機器の検査機関等で入手できます(茨城県はこちらから)。

   機械設備の定期自主検査等でご相談がございましたら、弊社までお問い合わせください。

   天井クレーンの性能検査、年次点検、月例点検や高圧受電設備の年次点検はセイキョウまで。

   

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日立さくらまつりが4/8.9で開... | トップ | 漏電による人体への影響 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。