水素セミナー

水素セミナーに参加(主催:岡山県、岡山エネルギーの未来を考える会)
「水素社会実現に向けた取組」として、経産省、及び岩谷産業の取り組み、「エネファーム導入状況と課題」について燃料電池普及促進協会の話の後、「倉敷市の取組」として水素ステーションの紹介と、会場入り口には、倉敷市の燃料電池車ホンダ「クラリティフューエルセル」の展示があった。
エコカーとしての燃料電池車は2020年までに4万台、2030年までに80万台の普及を目指している。燃料電池車(FCV)は、ひところ話題になったが、それより最近各国が力を入れだした電気自動車にもっと力を入れておくべきではなかったでしょうか。燃料電池については、「水素社会はなぜ問題か」に解かりやすく解説されています。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 真庭市の小学...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。