花にまつわる幾つもの話

子供時代の花にまつわる思い出や、他さまざまな興味のあることについて書いていきたいと思ってます。

天然石標本~桜水晶&紅花弁入り水晶~

2016年10月10日 | 天然石標本
本日が最後の戦利品のご紹介となります。

今回購入した中で最大の目玉で
しかも意外な掘り出し物でした。

水晶の中に様々なインクルージョン(内包物)のある石のことを
ガーデン・クォーツと呼びます。
理由はガーデン=庭のように見えることから。
以前、青いデュモルチェライトの結晶を含んだ水晶が
ブルー・ガーデン=青い庭と呼ばれているとご紹介しましたが
まさにその由来と同様です。


今回ご紹介するのはこちら
中に含まれているインクルージョンはわかりませんが
まるで水晶の中に薄墨桜の古木が映し出されているように見えます。




幻想的で一幅の墨絵を見ているよう。

購入したのはどちらかというとパワーストーン系のお店
毎回大量の水晶玉をメインに
大雑把に一山で販売しているお店です(苦笑)。
以前、このお店で見事なアメトリンを探し出して
購入している方を見たことがあります。
目利きの方だととても上手に珍しい水晶をゲットされているようですね。
今回は私もそれにあやかることができたようです(笑)。
なので値段ともにまさに掘り出し物でした!


続いてこちら
ドラゴン・アイ=グリーン・オパールを購入したのと同じお店です。


『ロードナイト・イン・クォーツ』

産出地は不明ですが、こんな水晶は初めて見ました!
後日、ネット等で調べたところ、マダガスカル産というのが有力でしょうか?





サイズはかなり小さめですが
水晶の中に紅い花びらが散っているみたいで
とても可愛らしい一品です。
毎回思うのですが、水晶は本当に奥が深いです。
毎年新しいタイプの水晶が登場して
驚かされるばかり
インクルージョン(内包物)がロードナイト=バラ輝石なので
こちらは薔薇の花びら、といったところでしょうか?
桜に薔薇、どちらも花好きな私にはたまらない逸品です!


それでは次回の天然石ご紹介は12月
『池袋ショー』後になるでしょうか。

石の専門家ではないので、拙いブログ内容と画像ですが(苦笑)
少しでも楽しんでいただけるよう今後もがんばりますね!
またぜひ足をお運びいただけますよう
よろしくお願いいたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天然石標本~ドラゴン・アイ... | トップ | 署名活動最終結果 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです! (ゆうこ)
2016-11-15 09:58:40
今回も、素晴らしい出会いがありましたね〜♪
私が一番気に入ったのは、何と言っても、
「スライス状のトルマリン」!
これは、湖ですよ!
掌の上にそっと湖をのせて覗き込む、、、
うわ。何て素敵なんだろう。。。
たまらないですね。。。
「ガーデン・クォーツ」は、海の底に潜っている感覚がします。
怖いけど、魅入られてしまうような。
手に触ったら、きっと戻れなくなっちゃう感じですね。
「ロードナイト・イン・クォーツ」は、めちゃめちゃカワイイ!
これ、水晶なんだ〜!なぜか、見ているだけで、ウキウキしちゃいますね。
「ドラゴン・アイという名のグリーン・オパール」は、ゾクゾクしますね。
私もドラゴンは好きです。なぜか、非常に惹かれます。
この目玉は、憂いを秘めている。私は、そんなドラゴンが好きですー
「アポフィライトのカラーレスタイプ」というのは、
不思議な形。自然界の音楽が聞こえてきそうな。精霊たちの楽器かな?
「母岩付きパイライト」は、またまた、面白い!
やっぱり、くっついているのがいいですねー
絶対離さないぞ!って感じもするし、離れたくない!って感じもする。
くっついているからこその強さを感じますねー
「rock crystal」は、魔法の道具?
三つあるのが、いい!
この三つが揃うと、魔法の力を発揮する!絶対!
「八面体フローライト」は、ころころかわいい。
木の実のようですね〜本当に、木になっている姿を想像すると、楽しい!
ありゃりゃ、いっぱい書いちゃった。ちょっと興奮しちゃいましたね。
また次も楽しみにしています!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。