住職日記

瀬戸内海の島にある寺の住職の日々の日記です。

成道会(じょうどうえ)を前にして・・・

2016-12-07 | 日々是好日

 朝晩は随分と冷え込んできました。

 境内の銀杏も間もなくすべての葉が落葉しそうです。

 本日は午前中藤原家の葬儀・告別式を勤め、その後、寺での開蓮忌・初願忌、位牌堂において安位納牌の供養を勤め、引き続き、密葬を勤めました。

  両家の皆様の身体堅固をお祈り申し上げます。

 明日は「成道会」を御詠歌木曜会の皆さんと一緒に勤め、その後、忘年会となります。

 「成道会(じょうどうえ)」とは、お釈迦様が苦行の後に菩提樹の下でお悟りを開かれた仏教徒にとってはとても大事な日です。

 実は菩提樹の下で坐禅を組まれる前、お釈迦様は断食をされていましたので、身体は衰弱していました。

 その時、スジャータという少女が乳粥を供養し、それを食したお釈迦様は元気を取り戻し、1週間の坐禅を勤めてお悟りを開かれました。

 ところで、スジャータというと・・・

 そうです。「コーヒーにスジャータ」のコマーシャルではありませんが、まさにこのスジャータなのです。

 ちょうど大学院の当時に指導教授より、命名の由来を聞き驚いたことを覚えています。

 実はカルピスもサンスクリット語が語源のようです。

 12月8日の「成道会」を前に参考まで。合掌

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝えたいこと・・・ | トップ | 思いと願いを受けて・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。