住職日記

瀬戸内海の島にある寺の住職の日々の日記です。

文月・・・

2017-07-01 | 思い

 

 

 月も変わり、今年も半分が過ぎました。

「光陰矢のごとし」と言いますが、年明けから現在に至るまで、本当に短く感じています。

 

 次女みかんも想像ですが、さみしい気持ちを隠せないようで、いつもは私たち夫婦がいるのが当たり前と思っていたのでしょうが、月間で二人が揃っている日は殆どありませんので、これまでは私の膝には来なかったのですが、今では来るようになりました。

 二男とは調子が良い時はいろいろな話をいたします。

 よく考えてみると、彼が町外の高校へ進学するまでは私も仕事に追われ、ほとんど話をすることがありませんでしたが、入院して同じ部屋で過ごしていますと、調子が良い時は自ずからいろいろな話をし、恥ずかしながら、今まで知らなかったこと、気づかなかったことを反省することもあります。

 先日、主治医より病状等についての説明があり、このまま順調に推移すれば、あと3カ月程度で退院が出来るかも知れないとの話がありました。

 あくまでも順調に推移した場合です。

 さて、7月23日(日)には当山の「地蔵盆・万灯会」を巌修いたします。

 詳細は改めてご案内いたしますので、皆様お誘い合わせお参り下さいませ。合掌

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹んで・・・ | トップ | 近況等・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思い」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。