一枚の葉

私の好きな画伯・小倉遊亀さんの言葉です。

「一枚の葉が手に入れば宇宙全体が手に入る」

供養

2017-05-05 15:29:26 | 雑記


      先ほどお寺さんに行って猫の供養をしてもらい
      帰ってきました。

      昨年、若いソラという猫が死んだときは家人にまかせて
      付き合わなかったので、私は今回がはじめて。

      お寺さんとはいっても、犬猫霊園はニンゲン様の入り口
      とは違って別棟になっている。

      お経をあげてもらい、線香をたてて拝むのはニンゲンと
      同じ。
      (……ハ~ラ~ミ~……というお経は一般のお葬式でも
       聞くが、ニンゲンと動物では違うのだろうか)

      お代は
      かなりメタボで大きな猫だったので¥16000なり。
      (大きさによって違うらしい)

      さて死なれてみて初めて、その愛らしさに気づく感情は
      どうしたことだろう。
      決して猫好きでもなく(むしろ嫌い!)、たいして
      可愛がらなかったくせに、である。

      生後3年くらいに、娘夫婦が北欧に行くので2ヶ月ばかり
      預かったことがある。
      (当時、私は夫を亡くし独り暮らしだった)

      マロはちょうど少年期のやんちゃ盛り。

      歯をみがいていると、突然、背中によじ登ってくる。
      (後ろ姿にスキがあるのだろう)
      夏だったのでTシャツ一枚だと背中に爪があたって
      びっくりするやら、痛いやら。

      私が外出から帰ると、玄関で横になって甘えてくる。
      (遊んでもらいたい?)
      そして着替えをする足元にからまりついてくる。

      かと思うと、
      猫は夜行性だから、夜中に家じゅうをダーッと走り
      まわる。

      等々、悪行のかぎりを尽くして、マロが帰ったとき
      は心底ほっとした。

      そんなやんちゃなマロも7~8年たつと落ち着いて
      きて、さすがに背中によじ登ることはしなくなった。
      私はかえって、人間の老いをみる気がして、せつない
      思いがしたものだった。

      そして、昨年は膵臓に腫瘍ができて(犬猫の)大病院
      で摘出手術。
      
      マロもこれまでか、と思われたが、なんとか乗り切った。
      でも老いにあらがうことはできず、静かに餌を食べ、
      一日のほとんどを寝ていることが多くなった。

      この一年、
      私は自らの老いと重ねあわせ、複雑な思いで見守った。

      死は突然やってきた。
      (死というものはいつでもそうだが)

      供養をしてもらい、帰る車の中で、そんなことを思い、
      さあ、家に着いたらマロの使っていた部屋の掃除だ!
      と自らを鼓舞した。

      ※ 写真は飼いはじめたころの赤ちゃんのマロ
      
      

      
      



      

      
      
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫の死 | トップ | 何でもない一日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL