一枚の葉

私の好きな画伯・小倉遊亀さんの言葉です。

「一枚の葉が手に入れば宇宙全体が手に入る」

コンビニ事情

2016-10-01 08:35:14 | 雑記

         

         今日から10月、
         コンビニにおでんが並ぶ季節になった。
         その横におせち予約のチラシがあったりして、
         あわてる。そんなに急かさないで、とチラシを
         横目にムッとする。

         ところで、コンビニの歴史は40年だそうだ。
         そういえば我々の世代が子育てしている頃、
         はじめてコンビニという名前を聞いたわねえ。

         食い盛り、育ち盛りの子どものいる家庭にとって
         コンビニは縁のない世界であった。
         カレー、鶏のから揚げ、おでん……、どれをとって
         も作る量はハンパない。
         それをコンビニで買っていたら、とても高価なものに
         なってしまうだろう。
         牛乳、ヨーグルト、野菜などもしかり。
         
                  
         その印象がつよくて、いまだに食料品はなかなか
         買えないのだが、それがどうだろう。
         高齢化一途の昨今、コンビニは結構便利なところ
         という認識に変わっているのだそうだ。

         80代の独り暮らしの女性いわく。
         「昔は1円でもやすいスーパーに行っていたが
          足がわるいこの頃は10円高くてもコンビニで
          済ます」
         
         なるほど、近くて便利、無駄な食糧を出さない、
         その都度使いきる、という点で、高齢者にとって
         コンビニは使い勝手がいいのかもしれない。

         まだまだ私はそこまでいかないが、
         かといって、振り込みはコンビニで済ますし、
         ついでにドーナツを買ったりする。

         それから、旅先で結構重宝したことを思い出した。
         ホテルの朝食をうっかり予約していなかった時
         など便利。
       
         ホテルの近くには24時間営業のコンビニが
         たいがい在る。
         朝、散歩がてら外に出て、コンビニに立ち寄り、
         作りたてのサンドイッチ、たっぷりのコーヒー、
         ヨーグルトなど、ついでにフルーツを買ったり
         しても、ホテルの朝食の半値ほどで済んでしまう。
         淹れたてのコーヒーがうれしい。
         

         現在でも出先でふとコーヒーが飲みたくなって
         コンビニに寄ることがあるから、まんざら縁が
         ないわけではない。

         というわけで目下、私にとって
         近くて遠い、遠くて近いコンビニなのである。

         

         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にわか愛国心 | トップ | 渋谷界隈 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL