京都ぶらり女の1人旅

京都ぶらり女の1旅社寺散策・観光祭他

京都 寂光院・秋海棠

2017年08月13日 | 京都ぶらり女の1人旅

朝夕ぐぐっと気温が下がり、すっかり秋めいて来た今日この頃は昨年の事。
猛暑の中 汗を拭き拭き。
大原の里まで出かけてきました。
 
大原まで1時間ちょっとで大原バスセンターに到着 右へ登って三千院か、左へ下って寂光院。
 
寂光院の入口に約10分程で到着、ここから石の階段を登ります 緑の癒しが迎えてくれます。
 
どちらも秋海棠のお寺だけに迷いましたが、寂光院に決定ですがまだまだ暑い 汗を拭きながら下り坂。
 
 
秋海棠(しゅうかいどう)は、境内の小さな池「四方正面の池」のほとりを中心に自生している。
厚めの葉が水辺で重なり合い、赤みをおびた茎が伸びて、先にピンクの花をつける。
ベゴニアによく似た花ですが、垂れ下がるように咲く姿は何とも可憐。
秋海棠は寂光院山門の楓に先立ち、茎までも赤く染まっていきます。
寂光院は、平清盛の娘で安徳天皇の母である建礼門院が、尼として余生を過ごしたところ。
大原草生のこの静かな佇まいに咲くこの花は、滅びゆく平家を見てきた彼女にとってほんの一時でも心の慰めとなったことでしょう。
これが本堂前のお庭。
中央の枯れた松は千年姫小松と言い。
平家物語にも出てきます。
今は枯れてるけど当時のまま。
今は御神木になって残ってる。
 
 
 
■場 所: 寂光院
■アクセス: 京都バス17・18「大原」
■お問合せ: 075-744-3341
■詳細ページ:http://www.jakkoin.jp/
 
■詳しくは:http://www.e-kyoto.net/
『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都 法輪寺 通称達磨寺(だ... | トップ | 京都 真夏の桔梗 廬山寺 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む