今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

うららかな白鹿背山

2016年03月29日 | 「山」のひきだし
去年の秋、忘れたジャケットをいただきに山たまご。さんに出合に行ったのが東光寺でした。
これから白鹿背山に登られる山たまご。さんとお別れして私は帰ってきましたが、機会があり今回歩くことになりました。

東光寺の墓地の駐車場に車を止めて、その横からがさがさと山に入っていきました。
尾根に出るまでは道と行った道はなく、どこでも好きなところを歩くといった感じでいきますが、倒木や枯れ枝が道をふさぎ、歩きにくい上結構な急登です。


右手に東光寺の屋根を見ながら。ちょっと道がましになりました。


あ~癒される。



展望地につきました。こんな立派なプレートがこんなところにあるなんて・・・


琵琶湖も見えます。

しばらく歩くと

あっけなく白鹿背山、到着です。
鈴鹿50名山とあります。鈴鹿にどれだけ山があるのはわかりませんがこんな山(失礼!)が?


雪で白い頂上。展望はありません。

次ぎに向かうのは明神山、このあたりが頂上という写真を取り忘れました。

でもあたりにはその名の通り、何やら祀られています。


ここにも。


鉄塔から日本コバ。


反対側は湖東平野。

鉄塔を3つ越えて次は高野山に向かいます。

この山中では珍しいしるし。真っ直ぐに進むと、東近江開閉所に降ります。

高野山の頂上も看板も、三角点も、展望もないところ。もちろん他の登山者もいません。
風もなくぽかぽか陽気の中、ランチです。食後はおいしいコーヒーを点てていただきごちそうさまです。

さあ後は降りるだけ

左に林道が見えます。

ちゃんとツツジが。


こんなところに出ました。

左手の貯水槽を回り込み、送水パイプに沿って降りていきますと

高野の町内に降りてきました。墓地が目印です。

町内をぶらぶら歩いて車の置いてあるところまでのんびりと。


お寺から登ってお寺に降りてきました。


あの尾根を歩きました。

地元でありながら初めて歩く山で、低山ですが鈴鹿の山特有の不明瞭なところもあり、地図読みの力も求められます。勉強、勉強。
今回もどうもありがとうございました。



高野から平尾までは車です。測定終了するのを忘れていました。



平成28年3月26日(土)晴れ

東光寺~白鹿背山(はっかせやま)765m ~明神山~高野山・685m~高野町内  (滋賀県東近江市)


この記事をはてなブックマークに追加

今学期最後 図書ボランティア

2016年03月24日 | 「図書ボランティア」のひきだし
今日は小学校の終業式です。
先日卒業式があり、そして終業式、あっという間の一年でした。
最後の本読みを忘れていました。



ブクログより


魚が釣れない腹いせに沼に投げた石、それが河童の子供に当たり子どもが死んでしまったと思った河童の親が人間に復習するというお話。

人間に化けて家に入り込み、女の子を追い詰める、ぴしゃっ、ぴっしゃっ、と追いすがる足音・・・
朝っぱらからちょっと怖いお話でした。
動物が出てくる話というのは、恩返しとか人間と友好的な話が多い中で、人間に復習するなどと珍しい話です。
読んだ後、最後の日の本にしては暗くて怖いなあと苦笑い。


そして2冊目

おなじく


またまたファルガさん、見つけました。
前回のファルガさんは、市場へものを売りに行くお話でしたが、今回は自分の農場があまりに騒がしいので、静けさを求めて旅に出る、と言うお話。

旅の途中ででおじいさんや、へびつかいやダンサーを乗せてあげて、それはそれは賑やかな旅です。
ファルガさん、静けさを求めるという目的をすっかり忘れて、楽しそうに歌など歌いながら旅を続けます。 

やがてみんなが目的地で降りてしまい、いよいよ静かなところに着いたとき、そこで気づきます。
牛の鳴き声、上機嫌な豚のなきごえ、卵を産む鶏の声、風のそよぐ音・・・農場ならではのそれらの音はまさに幸せの音、そう気づいたファルガさんは、さっさと自分の農場に帰るのでした。

ファルガさんの、あまり喜怒哀楽を表さない、ひょうひょうとした顔が、たまらなくいい!のです。


平成28年3月8日(火)  4年1組

かっぱ / 杉山亮
たびにでたファルガさん / チトラ・サウンダー 






お彼岸も終わりいよいよ春本番!



この記事をはてなブックマークに追加

フクジュソウは雪の中・藤原岳

2016年03月18日 | 「山」のひきだし
そろそろ花の便りがあちこちから聞こえ始めてきました。
ここの場合、花というのは桜ではなく、スプリング・エフェメラル(春の脆いもの、春の短い命)と呼ばれる山に咲く可憐な花たちのことです。

やはりシーズンに一度は見ておきたいフクジュソウを見に藤原岳に行ってきました。

8時前に集合場所に行くと、大貝戸登山口の駐車場は平日にもかかわらずあっという間に満車になりました。
皆さん期待しながら身支度を調えて順次出発です。

歩き始めてしばらく行くと

地味~に咲いていました。スズカカンアオイ



8合目の手前あたりから、雪が多くなってきました。
看板の前で少し休憩です。結構雪があります。



いつものところに咲いていました、セリバオーレン。

もうこのあたりからぽつぽつ出て来るんだけど、なにしろ雪が多いです。

雪の薄いところにありました、閉じていますが。


わ~寒そう、

もう少し高度を上げて、雪の少ない斜面で






ここではもう2つほど花を探したのですが、見つけることはできませんでした。
まだ早いのか、もう遅いのか・・・早いんでしょうね。

小屋について新しくできたトイレをお借りして、展望台に向かいます。

朝はいいお天気だったのに、すっかり曇ってしまいました。


展望台より、綿向、雨乞、御在所方面。


御池が目の前に。左奥の白い山は比良。


伊吹山もきれいに見えています。

曇っていますが素晴らしい展望を見ながらランチです。
賑わう展望台で、お花の情報交換などして、やはり雪が多いのでお花探しはあきらめて降りることにします。



雪が緩んできてズルズル滑ります。アイゼンを持ってくるべきでした。


聖宝寺道をお花を探しながら帰ることにします。


セリバオーレンに


ちょっとうつむいたミスミソウ。


セツブンソウもありました!
これだけ見られたら十分です。


名前を付けたいような・・・

結構細いですが、砂利を入れたりしてよく整備された道や、杉の植林帯などを過ぎると

どこを歩くの?というようなところに出ました。
なんとか過ぎると、目の前に突然現れた真新しい堰堤。

あの階段を登るのかぁ・・・


登りきったところで、しばし休憩ののちまた降りて、


やっと登山口に下りてきました。

後はのんびり、聖宝寺の境内を散策させていただいて、帰ってきました。



立派なお寺でした。


せっかく咲き出した花も思わぬ雪に、閉じ込められていましたが、それでも雪を割って顔をのぞかせていた花たちの力強さに感動した一日でした。
雪のおかげで登山道もそれほどぬかるむことなく歩けました。
週末の雨で雪もすっかり解けて、きれいに開花することでしょう。
まだまだ見頃です。


今回もありがとうございました!!



平成28年3月16日(水)晴れ/曇り
藤原岳

大貝戸登山口(8:20)~藤原展望台(11:50)~聖宝寺道~聖宝寺登山口


この記事をはてなブックマークに追加

営繕かるかや怪異譚と・・・

2016年03月12日 | 「本」のひきだし

ブクログより



古い家には何かしら、曰くがあるようで、いろんな事情でそんな家に住むことになった人達が巻き込まれる、怪奇な出来事を、家の営繕屋さんが解決する、という短編集です。

解決するといってもこの営繕屋さん、むやみに霊を追っ払うのではなく、霊はどうして欲しいのか、どうしたいのかなどををさぐり、霊に納得してお引き取り願うという、親身に霊に寄り添う様に好感が持てるのです。

また霊に悩んでいる人達も心底怯えているわけではないのですね。昔、おじいちゃんが言っていた、何も悪いことをしていなければ、怖がることはない。ということでしょうか。

ということで、怖いお話にはかわりないのですが、今回のは、ちょっとライト?な小野不由美作品でした。



営繕かるかや譚  /  小野不由美
☆☆☆☆



以前、乱丸さんから聞いていた神社に「ユキワリイチゲ」を見に行ってきました。
時期は早いのか遅いのか、神社のどこに咲いているのか、どんな花なのか・・・何の情報もなくふと思いついて出かけたのです。

あ~  あれか? あれか?

見事な群生です。


ちょっと日陰になっているので、すっきり目覚めていません。


その中のかわいこちゃん。




この記事をはてなブックマークに追加

図書ボランティア

2016年03月11日 | 「図書ボランティア」のひきだし
今回は5年2組、クラスが違うので先週と同じ本でも良いのですが、さすがに3回目となると読み手のほうが飽きてしまいます。
ちょっとジャンルの違う本を借りてきました。



ブクログより


ライオンの親子と、ゴリラの親子、お互いライバル心を燃やしながら島の両端で釣りを始めました。

やがて雨が降り出し、水かさが増し島がだんだん小さくなってきました。
それにつれてライオンとゴリラはしかたなく接近、やがてその島も流されてしまい、あわや!というところでライオンとゴリラは持ち前の力を発揮して、難を逃れお互いの良さを認め合って分かれていく、という宮西さんおなじみのハッピーエンドなお話です。




同じく


大きな広場にある日サーカスのテントが立ちました。
おばけサーカスとあります。
人々はわくわくしながら待っていました。

サーカスの団員は、おばけのおとうさん、おばけのおかあさん、おばけのおじいさん、おばけのおばあさん、おばけのおにいさん、おばけのおねえさん、おばけのあかちゃん。

ある夜、日頃の特訓の成果を、みんなで披露して一夜だけのサーカスが開かれました。
上達したみんなの演技に大満足したおばけの家族は、テントをたたみ、翌朝くらいうちに広場を後にしました。

明るくなって愉しみに集まった人々は何にもない広場で首をかしげるのでした。

楽しいようで哀愁の漂うお話です。


おっとあぶないかわのなか /  文・きむらゆういち 絵・みやにしたつや
おばけサーカス      /  佐野洋子


平成28年3月1日(火)  5-2


この記事をはてなブックマークに追加