今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

黒部の山賊

2017年08月09日 | 「本」のひきだし

ブクログより


昔黒部の山奥には山賊がいた、らしい。

話は終戦から30年代のころ。
終戦直後、廃屋同然だった三俣山荘を再建しようとする伊藤氏、が小屋には山賊が住み着いているらしい・・・

しかし手をこまねいていても埒があかない、怖々小屋に行ってみることにする。
山賊とは世間がイメージで作り出した人たちのことで、山で猟をしたり魚を捕ったりしながら暮らす人々のことだった。

小屋の再建に力を貸して貰ったり、猟の仕方を教わったりしているうちにいつしか仲間意識のようなものが芽生え、小屋での共同生活が始まる。
なにしろ彼らは山を知り尽くしているのである、力強い仲間だ。

そんな暮らしの中での怪談めいた話や、河童やかわうそなど実在が明らかではないものたちの話や、遭難にまつわる不思議な話など、小屋番ならではの興味深い話は尽きない。

日本の山の中でももっとも奥深い黒部の源流、高天原や雲ノ平を思う存分歩き、夜は三俣山荘でこの本を再読する、目下の私の目標になった。


なんと夢は早々に叶い、ちょうど去年の今頃雲ノ平~鷲羽~黒部五郎へと出かけたのでした。
三俣山荘へは立ち寄っただけでしたが、1泊目の雲ノ平山荘は伊藤正一さんのご子息が経営されていて、夜はスライドや、展示写真など
どっぷり当時をしのばせていただきました。

あ~去年の今頃は、思いもよらぬ別天地にいたんだ・・・  想像以上に暑かった。


黒部の山賊 / 伊藤正一
★★★★★





どくだみの花で作った虫刺されの薬、こんなもんでいいかな。


ロールタイプの瓶に入れてみました。


『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1学期最後の本読み | トップ | 山の上ホテル 本2冊 »
最近の画像もっと見る

「本」のひきだし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。