今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

那須ヶ原山~油日岳、のはずが。

2016年12月19日 | 「山」のひきだし
久しぶりに山想の会に参加です。
鈴鹿南部、那須ヶ原から油日まで縦走です。
春にも高畑山から歩きましたが、秋はどんな様子でしょう。
鈴鹿南部はあまり来る機会がないので楽しみです。


櫟野(らくや)砂防ダムから出発です。
身支度をしていると、ぽつぽつしてきました。レインをすぐ出せるように準備して。



ダムと言っても規模の小さいものです。
左手に見ながら林道を歩きます。脇には桜の木がたくさんあり、春にはにぎわいそうです。



ここからとりつきます、が道はありません。お好きなところをどうぞ、状態です。



最初からきつい。少しでも歩きやすいところを探して歩きます。



なんとか道らしくなり


P566に到着。


確認。


今までテープもなく、やっと立派な看板が出てきました。


ここからは整備された登山道。


励ましの看板も。



でもガスガス。


えっ! こんなところにゲート。2か所ありました。


足元は笹に覆われたいい感じになってきましたが、ガスガス。


那須ヶ原山頂上。寒いです。
何やら白いものがチラチラしています。
ここでリーダーがこの先油日まで行くことを断念、少し、いやおやつの時間ぐらいですが、お昼を食べて降りることにしました。


小屋の陰でと思いましたが、戸が開いたので中で休ませていただくことに。


椅子もテーブルもあり立派な小屋です。
風も雪もあたらず、もう帰るだけということで、ゆっくり過ごしました。



帰りはこちらから。看板には「難」と手書きしてありましたが。
覚悟していたほどでもありません。ガラガラで歩きにくいですが。



こんな寒い中けなげに咲いています。


ふと向かいの山を。


こちらは街が見えます。下界は晴れているのかな。


林道奥の道に降りてきました。
後はもう林道を歩くだけです。


林道脇で、ひときわ鮮やか。



ダムまで戻り、那須ヶ原を望みます。


あいにくのお天気で、計画通りには歩けませんでしたが、那須ヶ原からはアップダウンもいくつかあるし、岩場もあったように記憶しています。
何しろこんなお天気ですし、歩いていても楽しくないし・・・
またチャンスがあるでしょう。

久しぶりのお仲間と静かな静かな山歩き、ありがとうございました。



平成28年12月10日(土)
那須ヶ原山 800m

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カタカナの山、アミダ峰・ ... | トップ | 今年の登りおさめは、カクレグラ »
最近の画像もっと見る

「山」のひきだし」カテゴリの最新記事