今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

冬季、伊吹山に登る

2017年02月27日 | 「山」のひきだし
真冬の伊吹山、ちょっとその辺の雪山とは違うでしょうね。装備や心構えなど・・・
気落ちも、びっ!と引き締めて行ってきました。


空も青く気分よく、和やかなムードです。ゲレンデ横あたり。


振り返り


展望も良好。


今回用意した装備そのⅠ。


霊仙山。




3合目の小屋が見えてきた。山頂は少し雲が。

3合目の小屋で休憩です。
夏に歩く道よりだいぶん左寄りに歩いてきたようです。
雪の上はどこでも歩けるけど、あれ??と思うこともあり気を付けないといけませんね。
慣れないアイゼンを付けているせいか、普段履き慣れている靴なのに靴擦れしてきたみたいに痛い。テープを張るような時間もなさそうで、
アドバイス通りつま先に体重をかけて歩くけど、傾斜が出てくるとふくらはぎが攣りそう・・・もういいわ我慢する。


6合目の避難小屋を過ぎるといよいよ直登の始まり。
距離は短いけれど傾斜がきついということですね。




あれ?空模様が怪しい。

最初はおしゃべりもしていたけれど、途中からもう歩くのに必死。
想像以上の傾斜・・・一歩、一歩アイゼンをしっかりきかせて足をあげる、その繰り返し。
一か所すごいアイスバーンになっているところがあり、アイゼンの爪も食い込まないようなツルツルで、登れたとしても下りどうしようと
真剣に心配になりました。


写真なんか撮ってる場合じゃないけど、唯一パシャリ。あまり臨場感のない写真ですけど。


やっと9合目、「見てみ、樹氷できてる」と登山道わきのを教えてもらいましたが、まだそれどころじゃないのです。


到着。ですがホワイトアウト状態。


さぶ~~


えびすやさんの売店もすっぽり雪の中。

じっとしていると寒いので、少しお腹に入れて6合目の小屋まで戻ることにします。


樹氷に見送られて下山です。

さあ、慎重に慎重に下りますよ。

あれ?下界は晴れてる。

かなりの人が登って来られたのと、時間とともに気温が上がり緩んできたのでしょうか、心配していたバーン箇所はすっかり柔らかくなっていて
ほっと安心しました。



だいぶん降りてきて、ちょっと余裕が出てきました。


後ろ頂上なんですけど? 空が青いんですけど?

6合目からはアイゼンを外し、傾斜を見繕っては思い思いにシリセード大会。
立ち木もないし、谷もない、シリセード三昧でした。

雪山訓練無事終了!
本日もありがとうございました。



平成29年2月22日(水)晴れ/曇り
伊吹山






帰り、伊吹野にお花を探しに行きました。






セツブンソウを見つけました。
春はもうそこまで来ていますよ。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬季、霊仙山 西南尾根を歩く。 | トップ | 綿向山だより  其の4 »
最近の画像もっと見る

「山」のひきだし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。