今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

11月の本読み

2017年11月28日 | 「図書ボランティア」のひきだし
一か月に一度の本読みと言っても、すぐやってくる気がします。
慌てて図書館に行き、本探しです。相変わらず間際にならないとできない私。

1冊目

ブクログより

じいさは毎日山へ芝刈りに、ばあさは寂しくて毎日門口でじいさの帰りを待っています。
ある日、山で見つけたおいしそうな桃をいくつか食べたじいさは・・・
若者になって家に帰ってきました。

それを聞いたばあさ、翌朝自分も食べに山に出かけました。
夜になっても帰らないばあさを心配し、朝になるのを待って探しに行ったじいさが桃の木の下で見つけたのは・・・
赤ん坊になったばあさでした。

それがどうだとか、教訓めいたことは全然なく、それから若者のじいさと赤ん坊のばあさとで暮らしましたとさ、というお話。



同じく


五味太郎さん、またまたなんともはや、です。
三匹の子豚やら、金の斧やら、花さかじいさんなどお馴染みのむかしばなしを、五味さんが脚色してます、自由気ままに。
むつかしい言い回しや、むつかしい言葉も出てきてちょっと子供にはむつかしいかなと思いましたが、やっぱりむつかしかったようです。
《金・銀・銅の斧って女神はIOCの回し者かって・・・ 》わかるかな?



同じく

本当はこれを一番に読みたかったんです。
でも袋から取り出した途端「これ、この間読んでもらった・・・」え~~そうなん?
と残念ながら引っ込めたのでした。
かっぱが頭の皿を割って、「皿、さら、サラ・・・」と探し回り、サラサラのロングヘアーのかつらやサラブレッド、などダジャレ連発の
楽しいお話しだったのにな。
終わって帰り際、出会ったほかの方に話たら、私だったら構わず読んじゃいます、他に本持ってないしとか言って。
そうかそれでもいいのか・・・ でも子供たちは知らない話のほうがいいだろうしな。

予想外の事態が起こり、少々番狂わせな本読みでした。



平成29年11月   6年1組



この記事をはてなブックマークに追加

しあわせの石のスープ

2017年11月20日 | 「図書ボランティア」のひきだし
図書ボランティア、しばらくぶりですがちゃんと行っております。
9月は運動会など行事があり、回数が少なかったので2学期は10月からでした。

10月に読んだのは

ブクログより


旅のお坊さんたちが一つの村に差し掛かりました。

その村人たちは、災害や戦争などで疲れ果て、お互いを思いやる余裕もありません。
ましてや旅人など、と皆戸口を閉ざしてしまいます。

そこでお坊さんたちは、石のスープを作って固く閉ざされた人々の心を開き、本当の幸せとは何かということを人々に知らしめるのです。

村の片隅で、火をおこし鍋をかけ人々の関心を集め、後は言葉巧みに(と言っても詐欺の類ではありません)スープの材料を集め、おいしいスープが出来上がるころには、村人全員が集まりスープを囲んでの大パーティーが始まるのです。

本当の幸せとは・・・しみじみと心に沁みるお話しです。


固く閉ざされた人の心を開くことは容易ではありません。
面と向かって一生懸命になればなるほど逆効果になるのは目に見えています。
一見、関心のないふりを装い実は人々の関心を引き付ける、という実に巧みなやり方で人々の心を完全につかんでしまって、
人々の心は知らず知らずに開かれている。

物事は急がず、時間をかけてゆっくりゆっくり行えばひとりでに解決するんだよ。ということかなぁ。



平成29年10月    6年1組

この記事をはてなブックマークに追加

1学期最後の本読み

2017年08月02日 | 「図書ボランティア」のひきだし
1学期最後の本読みとなりました。
7月に入り毎日暑い日が続いています。
少しは涼しくなるかなと選びましたが・・・


ブクログより


日本各地に古くから伝わる民話です。
時節柄ちょっとヒヤッとするお話を。

あるところにおいしいと評判の飴やさんがありました、

ある夜更け、若い女が飴を買いに来ます。それ以来毎晩毎晩・・・
不審に思った飴屋の主人が後をつけていくと、山寺の墓地に消えた・・・

慌てて和尚さんを起こして、事情を説明して、お墓を掘り起こすと・・・なんと!

幽霊になっても母の愛は強い、一途であります。
ますます評判を呼んだ飴屋さんでありました。



平成29年7月11日(火)
6年1組



母にも効く?

毎日口うるさく言われている孫たち、ちょっと反抗期でもあります。
この時は小言も忘れて母も大爆笑!

この記事をはてなブックマークに追加

6月の図書ボランティア

2017年07月04日 | 「図書ボランティア」のひきだし
6月の本読みです。
今回は短めなので3冊持って行きました。
時間の都合で読めたら読もうと思って・・・  廊下で出会った男の児が「今日は何冊持ってきた?」って聞くんです。
う~ん 今年の6年生は無邪気でかわいい! がんばって3冊読みました。

一冊目

ブクログより


少年は日曜日になるとおばあちゃんとバスに乗って、教会とボランティア食堂に出かけます。
雨の日はバスより車のほうがいいと思う少年ですが、バスの乗客からいろいろな学びをおばあちゃんから教わります。

肌の色が違う人、体が不自由な人、若い人、お年寄り・・・
バスの中はまるで世界を凝縮したかのようです。

ボランティア食堂のあたりは暗くて汚くて少年は嫌いですが、そんな中でもおばあちゃんはきれいなものを見つけるのが上手、ビルの間にかかる虹、しなやかに通り過ぎる猫・・・

ボランティア食堂ではいつもの友達が待っています。
ボランティアする人も受ける人もそこではみんな友達なんです。


2冊目

同じく


韓国の作家さんなので、日本の銭湯事情と少し違うところがありますが、あかすりとか水風呂とか。

とにかく絵がすごい! インパクトありすぎです。
すべて粘土細工で作られているようです。ですので立体的、リアルです。
特に天女が素晴らしい? 天女のイメージが変わってしまいますが。

そして訳が長谷川義文さんなので、面白くないわけがありません。
シリーズ化していただきたいくらいです。

韓国にもヤクルトってあるんですね。
日本だったらお風呂上りは牛乳なんですが。


3冊目

同じく

ケチャップマンは何かの役に立ちたいと街を歩く。
フライドポテトのお店で働き始めたケチャップマン、来る日も来る日もポテトを揚げる。ケチャップの出番はない・・・

ある日現れたトマト頭のトメイト博士、ケチャップマンのケチャップを注文。
トマトがケチャップを食べたらどうなる?

絵が愉快な本です。





生活クラブで鮮魚BOXというのを注文しています。
月一回、近隣の漁港から上がった魚が届きます。
届く日の夕方は、容易万端でドキドキしながら待ちます。今日は何が入っているかな~?
最適の食べ方が書いていますが、新鮮なのでできれば刺身にします。
台所中鱗だらけ、身のいっぱいついたあらの山・・・
あら汁が主なのか刺身が主なのかわからない献立です。
今回は、ハチビキ(手前の赤いの)と平アジでした。ハチビキて・・・初めて聞きました、白身かなと思いきや、青背の魚のような感じでした。



この記事をはてなブックマークに追加

新学年の本読みです

2017年05月16日 | 「図書ボランティア」のひきだし
新学期が始まり早5月も半ば、今年は6年生に本読み入ります。
私にとって、本読み最後の年になりますか・・・
とにかく気分も新たに1年間楽しみたいと思います。

またしても本の選定に悩むところですが、今回選んだのは

ブクログより


狂言の演目「附子・ぶす」を絵本にアレンジされたもの。

主人から留守を頼まれ、ぶすなるものの見張りを頼まれた、太郎冠者と次郎冠者。
上を吹いてきた風に当たるだけで死ぬ、という物騒なぶす。
そのぶすの正体を見破り、全部食べてしまった二人が立てた作戦、
さて主人は許してくれるでしょうか・・・

「一口食べても死ねないの、二口食べても死ねないの・・・」
とぼけた家来たちであります。

一休さんでも出てきたお話しですが、セリフが狂言らしい言い回しや、(読み手が狂言らしく読めているかどうかは疑問)
長谷川義文さんのとぼけた絵で楽しんでもらえたのではないかと思います。

平成29年5月9日(火)
6年1組

この記事をはてなブックマークに追加