今夜も本をまくらに。

山歩きが好き、落語が好き、おいしい物が好き、中島みゆきが好き、
でもやっぱり活字がなければ生きていけない私。

日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族

2016年09月24日 | 「本」のひきだし

ブクログより


夢中で読み終えましたが衝撃でした。

終戦になってからも、上官から「任務続行」の命を受け、中国上海に潜伏して諜報活動をしていた深谷義治さん、その時30歳。
それ以前に中国人女性と策略結婚されています。

動機は策略だったとはいえ、3男、1女をもうけ、やがて信頼や絆がうまれ、幸せな家族として暮らしてきましたが、やがて身許が明かされ中国公安当局により身柄を拘束されるや、日中平和友好条約の締結による特赦を受けるまで、20年あまり投獄されていました。

と簡単に書きましたが20年です・・・
生まれたての赤ちゃんなら成人しています。深谷さんが拘束された時、下の御嬢さんはまさに0歳だったのです。

そして投獄されていた間に受けた拷問や虐待、細かくは書かれていませんが想像を絶するものだったようです。
その間にも深刻な結核に罹ったり、脊椎を骨折したり、何度も生死の境をさまよいながらも、家族のもとに帰りたい一心で耐えてこられました。

でももっと簡単に返してもらえる方法があったのです。
「戦後も中国で諜報活動をしていた」この事実を認めさえすれば釈放されたのです。
けれど深谷さんは頑として認めませんでした。

「私は国に命を捧げてきた軍人であり、死んでも日本国に対して不名誉なことをかぶせてはならぬ」という一心からでした。
そして釈放が認められ、ようやく帰国を果たされ、こんな思いで日本の名誉を守ってきた深谷さんに日本の対応は結構冷たいのです。

帰国に関しては、外務省や地元島根の皆さんの尽力のおかげで、大歓迎を受けての帰国でしたが、それからの生活が成り立たないのです。

長い投獄生活で心身ともにボロボロの深谷さんと、言葉の壁に阻まれた奥さんと子供たちがまず生活するには大変でした。
頼りになる軍人恩給が正当に出ないのです。
深谷さんは、戦線離脱者として扱われていたのです。

せっかく苦労してやっと帰ってきたのに、まだ安らかに暮らすことのできない理不尽さに家族は打ち萎れるのです。この問題は今現在もまだ解決されていないようです。
最後にお孫さん(著者の娘さん)の文章が掲載されていますが、こんな立派なお孫さんができたこと、こんな風に父親や祖父母のことを思ってくれていること、それだけで深谷さん一家がいままでされてきたご苦労が報われる思いです。

今や戦後70年余もたちますが、まだまだ戦禍は終わっていないと、思い知らされた1冊です。




日本国最後の帰還兵深谷義治とその家族 / 深谷敏雄
☆☆☆☆☆






台風が過ぎてもすっきりとしたお天気にはならず、山行もままならず題名通りのブログになりつつあります。
うまい具合に雨を避けて、小学校の運動会は無事すみました。
お兄ちゃん、最後の運動会なのに足の小指を骨折して、組体操は弟に助けてもらい(注意して見ていないとわからない)かろうじて参加。
思い出深い運動会になりました。



間が悪いお兄ちゃんでした。


この記事をはてなブックマークに追加

海峡

2016年09月12日 | 「本」のひきだし

ブクログより



1991年発行、ずいぶん古い本です。

伊集院静氏、気にはなる作家さんですが今まできちんと読んだことはありませんでした。
今回縁があり(大げさな・・・)手に取った本は伊集院さんの自叙伝といえる作品でした。

舞台は瀬戸内海のとある町、4人目にしてやっと産まれた男の子が主人公です。手広く商売をしている父のおかげで家には大勢の人たちが始終出入りし(その中には韓国人や中国人もいる)、寝起きをともにするという環境の中で育った正雄は10歳。

親しい人や親友との別れ、理不尽な死などに苦悩しながら少しずつ成長していくところです。

感動する場面があるわけでもないし、心がふるえる出来事があるわけでもない、ああ伊集院さんはこういう環境で、こんな風に育ってこられたんだな、という興味で読み進めました。

続編もあるので引き続き読んでみようかな。



海峡 / 伊集院静
☆☆☆




「ポポー」という果物です。
最近新聞で読んでいたところ偶然産直店で見つけました。
ちょっとえぐみがありますが甘いです。十分熟れてから食べるほうがえぐみが少ないかも。
ねっとりした食感は南国のフルーツを思わせますが、このあたりで収穫されたものです。
結構種が多くて、一個につき8個ほどあります。植えて栽培してみようかなと目論んでおります^^


この記事をはてなブックマークに追加

ミーナの行進

2016年09月08日 | 「本」のひきだし

ブクログより


朋子は中学1年生、家庭の事情で1年間神戸の伯母さんの家で暮らすことになる。

飲料メーカーの社長の伯父さんの洋館立ちの家には、伯母さん夫婦、いとこのミーナ、ドイツ人のおばあちゃん、家族のような米田さんと小林さん、そしてカバのポチ子が暮らしている。

時々ぜんそくの発作を起こすミーナ、いつの間にか姿を消す伯父さん、普通の家族とはちょっと違うけれど、それでも穏やかに、互いを気遣いながら静かに暮らす人々。

清涼飲料水を配達する青年や図書館の青年や、スイスに留学しているミーナの兄などが時折登場するだけで、極端に登場人物が少ない、そしてその3人の青年達はミーナ達に影響を与える青年達で、必要不可欠な人たちだ。

ほとんど家族だけ家庭内だけで話が進んでいく、特別に驚くような事件も起こらない、その分とても濃密といえるだろう。
1年が終わり、朋子が実家に戻ってから後の話が補足的につづられていて、その後はいろいろなことがあったんだな、とわかる。

だから何なんだ、といってしまえばお終いなのだが、朋子とミーナが過ごした1年間がたった1年間が、たまらなく愛おしくすばらしい時間であったということが読み手にもひしひしと伝わってくるのである。


ミーナの行進 / 小川洋子
☆☆☆☆

この記事をはてなブックマークに追加

花がいっぱい、笹又から伊吹山。

2016年09月05日 | 「山」のひきだし
さてちょっと涼しくなってきたことだし、そろそろ動き出そうかな、と思っているところにお誘いを受けました。
笹又に花を見にいきましょうと。二つ返事で行ってきました。


登山口に着くまでにも林道に2か所獣除けのゲートがありました。これは登山口のゲートです。


いいお天気ですが、2日前に台風の影響で大雨が降りました。油断はできませぬぞ。


早速トリカブトですね。


ヒナノキンチャク。笹又でもここにしか咲かず、かなり珍しいお花だとか。
すごく小さくて、ピントが合いません。
多分ここに来るまではあまりお花はなかったと思います。 
猛ダッシュでここまでたどり着きました(はぁ、はぁ・・・)


すっかり秋の風情です。


マネキグサ。これも非常に珍しい花。初めてみました。


レイジンソウ。私の記憶力も捨てたものじゃないな。ちゃんと出てきた。


わぁ~アケボノソウ。きれいだな。


コゴメグサもいっぱい。


ウメバチソウ。ちょっと遅い感じもしますがたくさん咲いています。


分岐でちょっと休憩。


国見峠に向かう北尾根。春に歩いたなぁ。


国見峠のあたり。



サラシナショウマが出てきた。


ちょっと遅くて色が悪いですが、最盛期はきれいでしょうね。


ルリトラノオ。


コイブキアザミ。一本の枝から花がいっぱい出ています。


ワレモコウ、これが咲くと秋だなと思います。


クサボタン、花が反り繰り返っているのがかわいいんだそうです。


リンドウ。ちょっと曇ってきて、満開ではありません。


シモツケソウも少しだけ残ってました。


びわこ方面。


ダイモンジソウ。

このほかにも、フウロが何種類か、キリンソウ、シオガマ、テンニンソウ、ベンケイソウ、などなど。
さすがにこの道は花が多いです。登山口まではちょっと遠いですが、展望のいいところもあるしいい道です。

暑い暑いと毎日過ごしていましたが、季節は移ろい確実に進んでいるのを実感します。
紅葉の季節はもうそこまで・・・  あ~待ち遠しい

本日もありがとうございました。


平成28年9月1日(木)
伊吹・笹又登山道。

この記事をはてなブックマークに追加

ゆかり、できました。

2016年08月27日 | 「う」のひきだし
梅干し干しは土用と決まっていますが、連日の暑さは土用に負けていません。
レッツ!紫蘇干し。


5日間漬けて置いた紫蘇をよく絞って、パラパラとざるに広げてお日様に当てます。
陰にならないように、気がついたときに移動させます。


3日もするとパリパリになります。
日中はぱりぱりなのに、夕方になると湿気が戻るのかまたしっとりしますので取り込みは日中のパリパリの時に。


手で揉んでもパラパラと細かくなりますが、ここは文明の利器に助けてもらいましょう。


一瞬で粉砕してくれます。


何回か繰り返して、出来ました、ゆかり完成。


梅干し同様、殺菌作用があるのではないでしょうか。
お弁当にぱらぱら・・・


梅酢があれば簡単にできます。
梅酢が無い場合は・・・  来年は違うものを調合して(普通の米酢とか)試してみたいと思います。

昨夜から久しぶりに少しまとまった雨が降り、今日はずいぶんと涼しく、やっと普通に息ができる という感じです。
ちゃんと息ができるようになると、今まで放っておいた事柄をしようかなという気になります。

山とか?? ☜ 放っておいたのか??


この記事をはてなブックマークに追加