ニコニコ&堪忍の気ままなシニアライフ!

現在シニアライフを満喫中。
囲碁、水泳、ピアノ、英会話、寿大学、イクジイなど
日常の出来事を気ままに綴っています。

チェスボローカップの由来を知りました☆

2017年06月20日 | 水泳教室
 マスターズ水泳記録会の反省会(チーム“サタデーズ”)で、「チャスボローカップ」の話題で盛り上がりました。皆さんが少し酔った勢いもあり、サタデーズで出場してはどうか、との意見が出ました。過去に参加した方がいて、私を含めて4名が手を上げました。500m×5名=1,500mで競います。今年は8月6日(日)に行われます。さて、どうなることやら…。
◇チェスボローカップの由来
 明治22年(1889)10月30日の早朝、つがる市車力沖合300m付近で折からの暴風によって座礁した一隻の巨船が牛潟の漁民によって発見され、風速63mの嵐の中、決死の救出活動で乗組員23人中、4名の船員を奇跡的に救助。助けた当時の村人たちの心にも、助けられた乗組員たちの心にも大きな感動が生まれました。
 その船名はチェスボロー号、米国メーン州バス市船籍。
 電話も自転車もなかった時代、車力村(現在のつがる市車力)から青森県庁までの約64㎞を村一番の健脚といわれた若者2人が自ら足で走り抜け、3日後、奇跡的に助かった4人は無事米国に帰国しました。
 国境を越えた勇気と愛の人間ドラマは感動と共に語り継がれ、車力村と米国メーン州バス市は、積極的に交流が行われるようになりました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しい食事会☆ | トップ | 懐かしいブログ(その1)☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL