唯識に学ぶ・誓喚の折々の記

私は、私の幸せを求めて、何故苦悩するのでしょうか。私の心の奥深くに潜む明と闇を読み解きたいと思っています。

阿頼耶識の存在論証 滅尽証(1)

2017-09-28 21:10:35 | 阿頼耶識の存在論証
  
 
~「むなしけれ 百人千人讃えても 我がよしとおもう 日のあらざれば」~九条武子~
 どれほど周囲からほめ讃えられようとも、我が身が我が身の事実に頷き、納得できないのなら、それは空しい人生と言わざるを得ない。しかし、どれほど我が計らいをめぐらし、外に感動を求めても、ひと時の幻影でしかない。傲慢でも卑屈でもなく、「私は私でよかったね」と、自分が自分に手を合わすことのできる人生。それは私の分別の思いを超えて、私となって生きている大いなるはたらきに目覚めて開かれる人生である。そこに自ずと、何事にも頭が下がりつつも、力強い人生を賜るのである。
 西本願寺の大谷光尊師の二女で、歌人で社会事業家であった九条武子さんのこの歌は、外にひたすら感動の涙を求め続けている現代に生きる私たちに、大きな問いかけをしているようである。 (大阪教区・銀杏通信より)

 今日から十理証の内、第九理証である滅定証に入ります。
 滅尽定や無想定に入っている有情も五根と命根(身命)を保持できることから第八識の存在を証明する科段になります。
 概略しますと、滅定に入った有情は、身の因である入出息(ニュウシュツソク)と語の因である尋伺(ジンシ)と心の因でる受想とを悉く滅する。而も滅尽定に入っても猶有情であり得るのは寿(ジュ)・煖(ナン)・識の三が互いに依持(エジ)して相続するからであると。そして前六識はこの滅尽定にあっては間断しているので、ここで言われる識は第八識でなければならないと論証しているのです。
 無想定(第六識まで無くなる)
                  } 無心定と云う。(心が無い状態)
 無尽定(第七識まで無くなる)
 心が働かなくて生きているのは何に依るのか、何が人間を支えているのか?これが第八阿頼耶識であると云います。
 仏道修行にとっては定に入ること、禅定がいかに大切なことであるのかを教えています。真宗では真正面からは禅定を修することはいいませんが、親鸞聖人が晩年(御年八十五歳)に詠われましたご和讃 、(康元二歳丁巳二月九日夜・寅時夢告云) 「弥陀の本願信ずべし 本願信ずるひとはみな 摂取不捨の利益にて 無上覚をばさとるなり」、このご和讃から窺えるのは、宗祖は、我執の心が転依された仏仏想念の世界に住しておられますね。これこそが禅定の世界ではありませんか。
 寿は命根
 根は五根
 煖は体温
 識は第八識
 これ等は一生涯において変化することなく相続していることが契教に説かれている。転識を超えた世界観ですね。どこまでいっても、私からは出て来ないものです。つまり回向されたものなのですね。回向は身が証明しているのです。
 次回より本文に入ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿頼耶識の存在論証 四食証... | トップ | 阿頼耶識の存在論証 滅尽証... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

阿頼耶識の存在論証」カテゴリの最新記事