唯識に学ぶ・誓喚の折々の記

私は、私の幸せを求めて、何故苦悩するのでしょうか。私の心の奥深くに潜む明と闇を読み解きたいと思っています。

第三能変 第四 随煩悩の心所について (24)  小随煩悩 諂 (2)

2015-06-21 13:48:17 | 第三能変 随煩悩の心所
 
 諂うことですが、自分の意に反してですね、「誑」の心所をうけて、「名利を得るために、他を欺き、自分をつくろうわけですね」その「つくろいあざむく」具体性が「へつらう」という行為になって現われてきます。「誑」と「諂」は同じような心所ですが、
 室町時代の興福寺の学僧光胤(1396~1468)が著した『唯識論聞書』には
 「誑は、徳が無いのに徳があるように振る舞い、諂は、相手よりへりくだって、相手を尊重しているかのように振る舞うことである。そして時と場合によって自分を曲げる(諂曲)ものですが、誑は状況変化はなく、相手に合わせることはない。」と解釈をしています。つまり誑は常に頭を上げているのに対し、諂は状況変化に応じて頭を下げている状態ですね。
 「謂く、諂曲(てんごく)の者は他を網悁(もうけん)せむが為に、曲げて時の宜しきに順(したが)い、矯(かたま)しく方便を設けて他の意を取り、或は己が失を蔵せむが為に、師友の正しき教誨(きょうけ)に任せざるが故に。」(『論』第六・二十五左)
 悁 ― 「えん」・「けん」と読み、いかる、うれえる、いらだつの意味がある。忄は心を表します、音符は、ちいさなぼうふらの象形。心が小さくなるという。「網」はかける。網悁とは、他者を錯乱・混乱させて己の思うように導くことで、他者の心を網で捕えて自分の思いを実現したいという卑屈な心をいいます。
 (つまり、諂曲の者は、他者の意を網悁する為に、その時の状況変化に応じて、自分の本心を曲げ隠して偽り様々な方便を以て他者の意を取り込み、或は己の過失を隠す為に、師や友の教誨を受け入れないようにするからである。)
 『述記』の釈は、
 「論。云何爲謟至謟相用故 述曰。險者不實之名。曲者不直之義 爲網㥜他者。顯揚云爲欺彼故謟。或欺於彼而陵網於彼。」(『述記』第六末・七十三右。大正43・458c)
 (「險とは不実の名なり。曲とは不直(不正直・不明・不顕にして解行が邪曲なるが故に名づけて諂と為す)の義なり。他を網悁(かけこめん)が為にとは、顕揚に彼を欺かんが為の故に諂あり。或は、彼を欺いて彼を陵網するなり。)と。
 私たちは、不実であり、不正直であることを隠したいのですね。見透かされるのを恐れている。その為に、自分の不実や不正直さを指摘されるのを恐れて、他に対し媚び諂い、他者が自分にとって良い評価を与えてくれることを望んでいるわけですね。
 「師友の正しき教誨(きょうけ)に任せざるが故に。」厳しい言葉です。逆に恨みますからね。聞く耳持たんということはこのことです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第三能変 第四 随煩悩の心... | トップ | 第三能変 第四 随煩悩の心... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聞く耳もたん (河内 勉)
2015-06-23 09:11:24
「師友の教誨に任ぜざるが故に」ものすごく突き刺さリます。
 道を求めていたのは虚像だったのか。道を踏み外して世間で生きる決断をしたのは誰だったのか。
 求めていたのは仏道ではなく、仏道を装った功利心ではなかったのか。
 功利心が満たされない反動が、虚無的な功利心に変化してケセラセラの人生を歩むことになる。 
 自分が選んだ生き方だろう。選んだ生き方が何故ケセラセラなんだ。ケセラセラも功利心という意識か。自問自答しながら、では今はどうなんだろう。
 やはり功利心しかない自分が見えてくる。自分の思いを通したいという気持ちは以前も今も変わらない。
 変わったとするなら、功利心しかない自分を教えられたかも知れない。「かも知れない」という功利心が渦巻いている。やはり闇か!
 生きることは、他に依って生かされている存在と教えられている。関係性を保ちながら生き得る存在なのだろう。
 しかし自分の生き様は、関係性を遮断し、自分を自分という殻の中に閉じ込めているのでないのか。
 恰も関係性を大事にしているつもりの自己閉鎖の闇を創り出しているのではないか。
 「聞く耳持たない」自分とは、真実に反逆し
 、自分の思いを貫きたいとする欲望を依り所にして生きようとする者であった。
 昔もかわらず、今もかわらずである。
 はずべし、いたむべし。









 今から思えば自分は一体何を求めていたんだろうか。振り返って今はどうなんだろう。やはり形を変えて功利的に生きようとしているのではないのか。
 自分の思いを押し通したいという思いは共通しているようである。
 自分の思いは、思いでしかないのだが、自分を殻の中に閉じ込めて、殻で外を遮断し、関係性を持っているように振る舞って自分の思いを貫きたいと思っている。
 自他を遮断して自分を殻の中に閉じ込めているから明るさはない。
 明るさがないことが知らされた今は、暗さ(闇) は、自分の創造物
 

コメントを投稿

第三能変 随煩悩の心所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL