広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スラロームの「閉鎖空間」に関する幾つかの考察

2012-10-14 21:10:51 | ペンシルパズル諸々
先週に引き続き、
昨日は「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」の後編を観てきました。
内容としては、テレビ放映版の総集編のような感じなのですが、
あくまで大画面で観たいという欲求を満たすためだったので、とりあえず満足。

あらためて劇場で観て感じたのですが、
一つ一つの映像が何気にキレイなんですね、この作品。
何気ないシーンでも、画になっているというか。

前編に比べて後編は、新しく描き直されたカットが少なくなったようでしたが、
印象的な場面がこれでもかというくらいに詰め込まれているので、まぁいいかなと。
とりわけ、対オクタヴィア戦はまさに圧巻。
しばらく鳥肌と涙が止まりませんでした。
あれを体感するためだけでも、劇場に足を運ぶ価値はあります。

来年上映予定の新作も、
期待と不安を抱きながらじっくり待つことにします。



さて。
今年の五月に、半袖さんが自身のブログにてスラロームの記事を書いていました。

ざっくりと要約すると、
「スラロームで長い旗門を使っても、往々にして端のマスを通過させる場合が多い。
 もっと真ん中を通らせる方が良いのではないか。
 でも、端から別の線を持ってくるのはわかりにくい。
 何とかならないのか?」てな感じなわけです。

もっとこう、熟練した殺し屋が、ターゲットの急所を針で一突きして仕留めるかのような、
旗門をザックリ突き刺す感じが求められているわけですね(大幅に語弊あり)。



で、この記事を読んでいて、ふと思い出したのですよ。
「そういや以前、同じようなことを考えていて、
 当時よく使っていた手筋があったな」と。

もしかしたら現在でも、同じようなことを感じている方も居るのではないかと思い、
自分なりにまとめようとして‥‥気がつけば五ヶ月が経過してしまいました。

半袖さん、本当にごめんなさい。
(先日のミニミニ放談会のときに突っ込まれやしないかと
 内心ビクビクしていたのは秘密)

____________________________________________________________________________________________________________


この手筋のことを、私は勝手に「閉鎖空間」と名付けています。
決して長い旗門に限定のものでは無いのですが、
最低でも3マス以上(効果的に用いるためには、できれば5マス以上)の長さの旗門が必要です。

ではまず、基本的な考え方を。





スラロームの場合、長さが1マスだけの旗門が入り口としてよく使われていますね。
上の図で言うと、左下の旗門です。
ここに線を通すと、道なりにそのすぐ上の旗門も通過します。



ルール上、旗門の中で線が通過できるのは1マスだけ。
どれだけ長い旗門であろうと、線が通過した時点で、
他の場所は線が通れないマス・いわば黒マスと同じ扱いになるわけです。
するとどうなるか。



上の図中のオレンジ色のマスは、袋小路のような場所になります。
なのでその下の旗門から線を通そうとすると、その先へはどこにも行けなくなってしまいます。



というわけで、線が通るのはここだけになる、こういった部分が「閉鎖空間」なわけです。



言ってしまえばこれだけのことなんですが、
この手筋(?)が長い旗門と組み合わさると、
かねてからの希望であった「中心部にザックリと線を通す」ことが容易にできるのですね。



上の図と同じ盤面を、ぱずぷれで再現したものがこちら
ちゃんとした問題として解けるようにはなっていません。
あくまで、下側の長い旗門(9マス分)を線が通り抜けるところを体感していただければと。

考え方としては難しくはありませんが、
旗門の周囲に線が来なくても使える手筋なので、
大きな盤面だとやや気づきにくいところはあります。

更に言えば、閉鎖空間をズルズルと大きくして、
より一層見つけにくくするという凶悪なことも出来たりします。
ニコリに採用されるかどうかは別として。



そんなわけで、いかがでしたでしょうか。
長々と間が空いた割には、あっさりとした内容でしたが、
個人的には好きなので、もうちょっと使われてやってもいいのではと思います。

最後に、おまけで一問
あまり長い旗門は使っていませんが、ここ最近はパズルの出題もめっきり無くなったので。



今日はこんなところで。裄紘でした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◆追記 (2012/10/15)

記事中の最後の図なんですが、
横幅のマス数が17個になってますね。
ならばいっそ、この部分だけをそのまま使って
17×17(中サイズ)の問題に仕上げてしまえばいいのではないか。

などと発作的に思いついて作ってみたのが、コレ
実際の問題になると、この「長い旗門の中心部に線を通す」展開が
いかに解き手にとって気づきにくいかというのが
よくわかるのではないでしょうか。

他の旗門では、往々にして端のマスばかりを通過していますが、
そこは、まぁ、お気になさらないよう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病んでいない普通の人からすれば | トップ | 平日出勤 休日出動 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (半袖)
2012-10-17 20:41:08
おぉっついに来ましたねー。
この手筋、あんまり私は能動的に使ったことがなかったので、こんどパクらせて(もとい、参考にさせて)いただきます。
こんばんはです。 (裄紘)
2012-10-17 22:24:48
>半袖さん
遅くなりまして本当にすみません。
好きな手筋なんですが、どうもあまり遭遇することがないので、
遠慮なくパクって(もとい参考にして)もらえたら幸いです。

コメントを投稿

ペンシルパズル諸々」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。