お気楽おばさんの徒然日記

お気楽に生きているおばさんの毎日を徒然なるままに。。。。

おひとり様時代。

2017-07-17 04:05:50 | 日記
日本に帰ってくると普段会わない知人、友人に会うことがある。
長らくあっていない知人でお母様の介護をして亡くなられた後
燃え尽きたようにあとを追いたいとやせ細り、兄弟に病院に
連れて行かれたおひとり様がいる。彼女はお母様が亡くなった後
借地に建てた親の家に一人で住んでいる。聞けば介護でお金を
使ってしまい、今は年金月10万円で暮らしているという。
だから一日2食、もともと料理は苦手だから自分で作るのも
面倒であまり食べないというので、お昼を作ってご馳走することに。
暑い夏、元気を出したもらおうと人参とくるみのサラダと
たっぷりのイタリア豚と塩玉ねぎのトマトベースのソースの
有機全粒粉のパスタ。マスカルポーネとバジル添え。
彼女の家はエアコンがあっても風が通るとかで不使用。
亡くなったお母様は料理好きだったようでお道具は全部
揃っているがガスの火がいまいち不安定。
たくさんの遺品に囲まれて家中ものだらけ。
20年前の家だが雨戸があり夜は雨戸を閉めるのが大変。
夏は開けっ放しで寝る、という。
女一人暮らし、とてもじゃないが不用心極まりない。
ずっと仕事をして定年まで自由気ままに仕事をしてきた
彼女、今更ながらこんなになるなら子供を産めばよかった、という。
もういつ死んでもいい、何もないと投げやりにいうがでも
それなりにこだわりのある暮らしと楽しみがあるようだ。
今は結婚しないおひとり様の時代となり、子供を持たない女性が
増えている。なかなか若い時には自分の老後などを考えてもいない
のだろうが、最近の若い女性はおひとり様に慣れているせいか
結構計画的に蓄財もしているようだ。昔のおひとり様は
家族の中でのおひとり様なので、全くのおひとり様に慣れていない。
昔は結婚し、子供を産むのが当然の時代だったので今のように
おひとり様が大手を振るって生きていけなかったのだが、こう
おひとり様が増えてくるとこれからはおひとり様の生き方も今から
考えることが必要かもしれない。おひとり様同盟も必要かも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代々木上原の一新。 | トップ | すもも祭。 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。