お気楽おばさんの徒然日記

お気楽に生きているおばさんの毎日を徒然なるままに。。。。

厳島桃花祭

2017-05-13 01:16:32 | 日記
久しぶりの日本。
いつもタイミングを逃していた厳島神社の桃花祭。
今回は念願叶ってお能を堪能。
暑い国にいたせいか寒くて寒くて体がなかなか日本の気候に
馴染まない。としのせいもあるけれどあまりに寒暖の差が
激しく体がついていかないのだ。それでもなぜか奇跡的に3日前
に取れたという岩惣に泊まることができ、想いが叶った
五番組を観ることgできたのは望外の喜び。
まだ咲き残っていた桜とともに海上に浮かぶ朱塗りの
鳥居を眺めつつ囃子方のリズムに身をゆたねて眼前に
舞う優雅な姿に浮世を忘れる心地ぞする。
なんとも贅沢な空間に生きる歓びすら覚える。
ただ惜しむらくは桟敷席の座り心地がこたえたこと。
もう若くないのでやっぱり辛い。見ると設えられた
桟敷台の端から足を投げたしている人もいる始末、
外人さんはともかくやっっぱりそこはご神前、足を
投げ出そうとした隣のおばさん、チラとこちらを見て
やっぱりお行儀悪いでしょうねえ、と言いつつ足を引っ込めた。
それにしても外人さんの多いこと。それも西洋人が多い。
噂されていた中国人はあまりいない。
岩惣の送迎車を降りるときも見事な日本語で丁寧に
ありがとうございました、と日本人以上の挨拶をされたのに
吃驚。この桃花祭にはリピーターが多いそうで、下手をすると
島に渡るフェリーの帰りの便がいっぱいで乗り損ねる人もいそうだ。
桟敷席にはきちんと座ってパソコンを開いて画面を見ながら
謡っている外人さんもいた。みんなとても熱心。
中では売られているあなご飯は美味しいけれど値段は高い。
娘曰く、こんなに高くちゃ神社に寄進しないといけなよね。
でも五番組能が350円の入場料だけ。
春の厳島の典雅で古式豊かなひと時、日本人ならではの
美しさを味わえたのは厳島の女神様の御神徳のおかげに違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅見光彦シリーズ. | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。