お気楽おばさんの徒然日記

お気楽に生きているおばさんの毎日を徒然なるままに。。。。

厳島桃花祭

2017-05-13 01:16:32 | 日記
久しぶりの日本。
いつもタイミングを逃していた厳島神社の桃花祭。
今回は念願叶ってお能を堪能。
暑い国にいたせいか寒くて寒くて体がなかなか日本の気候に
馴染まない。としのせいもあるけれどあまりに寒暖の差が
激しく体がついていかないのだ。それでもなぜか奇跡的に3日前
に取れたという岩惣に泊まることができ、想いが叶った
五番組を観ることgできたのは望外の喜び。
まだ咲き残っていた桜とともに海上に浮かぶ朱塗りの
鳥居を眺めつつ囃子方のリズムに身をゆたねて眼前に
舞う優雅な姿に浮世を忘れる心地ぞする。
なんとも贅沢な空間に生きる歓びすら覚える。
ただ惜しむらくは桟敷席の座り心地がこたえたこと。
もう若くないのでやっぱり辛い。見ると設えられた
桟敷台の端から足を投げたしている人もいる始末、
外人さんはともかくやっっぱりそこはご神前、足を
投げ出そうとした隣のおばさん、チラとこちらを見て
やっぱりお行儀悪いでしょうねえ、と言いつつ足を引っ込めた。
それにしても外人さんの多いこと。それも西洋人が多い。
噂されていた中国人はあまりいない。
岩惣の送迎車を降りるときも見事な日本語で丁寧に
ありがとうございました、と日本人以上の挨拶をされたのに
吃驚。この桃花祭にはリピーターが多いそうで、下手をすると
島に渡るフェリーの帰りの便がいっぱいで乗り損ねる人もいそうだ。
桟敷席にはきちんと座ってパソコンを開いて画面を見ながら
謡っている外人さんもいた。みんなとても熱心。
中では売られているあなご飯は美味しいけれど値段は高い。
娘曰く、こんなに高くちゃ神社に寄進しないといけなよね。
でも五番組能が350円の入場料だけ。
春の厳島の典雅で古式豊かなひと時、日本人ならではの
美しさを味わえたのは厳島の女神様の御神徳のおかげに違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅見光彦シリーズ.

2017-03-22 23:39:23 | 日記
つい最近のこと、浅見光彦シリーズについて書く事にしようと書いたばかり。
昨日のニュースで内田康夫氏が病気のため、書き続けてきた浅見光彦の
新作を休止し、新たに後半を公募して書き継ぐと知った。
一昨年の夏に倒れられていて、孤道という最新作は途中までで5月に
出版されるというが、後半を新しい書き手に手渡すのは本当に残念だろう。
作品のほとんどを読み尽くているので、主人公の浅見光彦のイメージは自分なりに
完成しているから、後半が違う書き手となるといささか違和感を感じるかもしれない。
浅見シリーズについてはシンガポールに来なければ,また日本人会の図書館で
出会わなければこんな風に全作読む機会はなかっただろう。
それに図書館にない作品は当時あった日本の古本屋で全部揃ったので
いかに浅見シリーズが読まれているか分かると言えるかもしれない。
全作を読んだことで、日本中を浅見光彦とともに訪ねたことが出来たとも言える。
シリーズの魅力は勿論主人公のどこか余裕のある生活ぶりと自由度とともに
毎回魅力的なヒロインとの絡みが味付けされていていることもあるが、作品に
漂う低重音のように描かれる社会と文化に作者の思いが込められている面が
興趣をそそるのだ。83歳になる内田氏の体験したというか生きてきた時代を
確かな筆で描くそのタッチが単なるミステリーや旅行記を超えているからだ。
そういう意味では遺譜で完結した時点で内田氏描くところの時代の完結と
浅見光彦の結婚による時代を漂う自由度が失われた結末を迎えたということ
かもしれない。ある意味すでにシリーズは完結していてその後の作は補足と
いうことかもしれない。その意味ではシャーロックホームゾもののように
多くの作者が書く、アンソロジーの登場のはしりとして公募作が栄誉を
担うことになるかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然死。

2017-03-19 11:31:22 | 日記
つい一週間前に知人が亡くなった。
来星されたときに、フラートンホテルでお会いしたのが最後となった。
関係する業界では有名な会社の社長で慶應出の穏やかで丁寧な物腰の紳士だった。
まだ57歳。最近は年とったせいか周りに亡くなる人の知らせが増えて来ている。
情報時代のせいもあっていろんな分野のひとが若くしてなくなっていることを
耳にすることも多い。件の紳士も急性心不全。
日本の人口は減り続けているから、こうした働き盛りの有為な方の死は
惜しまれてならない。実際のところ亡くなった方にとっては長患いで
悩む事もなくあっと言う間の出来事で共通の知人曰く、本人にとっては
良かったのかも知れないね、という言葉にもあながちうなずけない訳でもない。だが
残されたご家族は大変だ。なにしろ名のある会社の働き盛りの社長だったから
社告にのった肩書きも随分多い。関係する団体の人達もまた大変だろう。
亡くなる2、3日前までフェイスブックで近況を報告されていたのでまた仲間は
信じられない思いでいぱいだ。いつもにこやかに、会合の後、率先して椅子を
片付けていた姿は誰の眼にも焼き付いている。私の眼の手術の後で励ましでくれた
ことは忘れ難い思い出だ。良い人は早く亡くなる、という格言は本当のようだ。
とはいえ生きている人間にとっては明日,何があるか分からない毎日、
精一杯生きよ、というメッセージとして重く受け止めるしかない。
このところ浅見光彦シリーズよりも他に興味が移ってしまっていたが、
読んでいただいている方達の、このブログ検索で一番多いのが平家伝説なので
浅見光彦の旅を続けることにした。当初の予定どうりに刊行年順の計画では
なくランダムに取り上げようと思っている。
予測できない限定された未来に出来ることは限られているようだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応仁の乱。

2017-03-04 22:42:11 | 日記
最近応仁の乱についての本が売れているという。
大河ドラマの人気の定番は戦国時代らしいが、応仁の乱はその戦国に
なだれ込む前の混沌のはしりと言える。
それにしても世の中、定まらぬ世と嘆いた時代を超えて,なんだかわからない
時代に突入して行く予感のようなものが感じられる。
随分昔のことだが学生時代に放送劇などを書いていたことがあって、
何故か応仁の乱の時代設定で追われる貴種の姫と従者が山中で絶命する話を
書いたことがある。カオスのような時代に何か魅かれるものがあったと記憶している。
当時応仁の乱については良くわからない事が多かったのだが、今は
様々な角度がら語られているようだ。話題の本はスターのいない
応仁の乱について沢山の、あまり有名でない人物を大量にとりあげているそうで
なかなか興味深い内容だ。
以前、平岩弓枝さんの室町時代の本を読んだことがあり、観世父子について
特に世阿弥についての描写が印象に残っている。平岩さんの文章は失礼ながら
あまり色気のない作者の風貌とは異なり、描かれる人物像は極めて艶かしいものが
ある。描かれる人間関係もどろどろのことが多いのだが描写がいかにもなまめかしいのだ。
応仁の乱が興味を持たれる時代になったということは特別なスターに夢を描くような
時代でなくなったということかもしれない。混沌に向かいつつある普通の人達が
なす術もなく時代に翻弄されて行く兆候でなければいいのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エルデネト。

2017-01-27 00:07:44 | 日記
最近日本人力士が横綱になったことが話題になっている。
BBCにもニュースに取り上げられ、何故モンゴルなど
外国人の力士が横綱になることが多いのかと問われたリポーター
曰く,日本人がリッチになった,野球や相撲をしなくなったから
と解説していた。今日、シンガポールでのモンゴル人の知人
からモンゴル製のカシミアのショールをプレゼントされた。
なかなかモダンなデザインでとても肌触りがいい。
ソフトな感触とシックな色合いの素敵なショール。
エルデネトというブランド名。
エルデネトとはモンゴル3位の都市で銅鉱で有名な都市
だそうで、その意味は、富とともに、ということだそうだ。
最近はスペインのデザイナーとか、良質なイタリアの皮革を
使った香港ブランドのバックなど当地で以前とは違う思いがけない
掘り出しものに出会う事が多い。まだマイナーだけどなかなか
個性的なブランドが世界中にあるということかもしれない。
そういう意味ではあっという間に世界中に情報が伝わる現代は
各国の富とともに生きられる時代なのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加