人類猫化計画

「基本的な生き方は猫に学べ!」を提唱するイラストレーター●山下セイジの猫並みな日々雑感記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

肛門バー

2005年12月17日 02時35分20秒 | 猫並み日記

しつこく、横浜トリエンナーレから

「バー・アヌス」
オランダの造形集団、アトリエ・ヴァン・リースホウトの作品。
舌に始まり、食道、胃、腸と続く、身体の内部器官をモチーフにした作品。大腸の部分がカフェになっている。

画像右は、つまり巨大な肛門。ポリープ状のモノはいわゆる「疣痔」か。カフェのメニューにカレーライスは見あたらなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭上に「象の行進」を見る | トップ |  焼き鳥は「タレ」か「塩」か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。