政治と生活を考える会 ー責任ある自立と共生の社会をめざしてー

国民・市民として政治を見つめることが日々重要になってきています。素人の集団ですが皆様の応援をお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「第1回 政経ミニフォーラム ー経済の真相シリーズ 1」

2013-02-27 20:39:28 | ご案内

 以下のセミナーは、定員に達しましたので、受付を締め切らせて頂きます。 
よって、当日のお申し込みないご参加はお受け出来ませんので、どうぞご理解のほどよろしくお願い致します


 第1回 政経ミニフォーラム ー経済の真相シリーズ 1


  「政治と生活を考える会」では、身近に起こっている様々な問題の中から、
  毎回テーマを一つに絞り、興味とちょっとしたやる気さえあれば、どなたでも
  参加できる敷居の低い学習を目的としたセミナーを企画致しました。
  まず、記念すべき第1回目は、「経済」をテーマに選び、講師も生活の党
  総合政策会議で有識者講師として現職議員に講演もされ、また「新・マネー敗戦」
  「最後のバブルがやってくる」などの著書でも有名な岩本沙弓氏をお迎え致します。
  経済・金融が苦手という方にも、わかりやすく解説して頂ける企画です。
  またとないチャンスですので、是非ご参集下さい。

  
  ◆ アベノミクス総括と評価
  
  ◆ 今、消費税増税がダメな理由

  ◆ 日本経済再生への道筋を考察する


講師  岩本沙弓氏  中村てつじ元衆議院議員 

                 


  主催  「政治と生活を考える会」

  日時  3月24日(日) 13:30 開場 14:00〜16:00

   会場  大阪国際交流センター 3階 第1会議室
       ※ 近鉄「上本町駅」から徒歩10分

  定員  60名

  会費  お一人様 1,000円

  
  ◆◆ 岩本沙弓氏プロフィール ◆◆

   大阪経済大学 経営学部客員教授  1991年より日米加豪の金融機関にてヴォイス・プレジデント
   として外国為替、短期金融市場取引を中心にトレーディング業務に従事。
   日本経済新聞社発行のニューズレターに7年間、為替見通しを執筆。金融機関専門誌「ユーロマネー誌」
   のアンケートで為替予想部門の優秀ディーラーに選出。 
   執筆、講演活動の他、政権政策会議の講師、参議院の参考人、そして「生活の党」総合政策会議での講演等を
   務める。
   主な著作は、「新マネー敗戦」文春新書、「最後のバブルがやってくる」集英社、など

 
 ■ 参加ご希望の方は、必ずメールで、お名前、ご住所、連絡可能な電話番号 を明記の上、
   下記のアドレスに、お申し込み下さい。
  

  宛先  nipponissin.kansai@gmail.com


 〜・〜・〜・ 懇親会開催します! ・〜・〜・〜 


 「経済の真相シリーズ 1」の後、会場近くで懇親会も開催します。
   

  時間  17:00〜20:00

  会場  和民 上本町駅前店

  会費  お一人様 3,500円(税込、飲み放題)

  岩本沙弓氏、中村てつじ元衆議院議員も参加予定

 ※ この懇親会は、「経済の真相シリーズ 1」にご参加頂いた方のみに
   限らせて頂きます。 
   
 ※ 懇親会参加費用は、事前振込とさせて頂きますので、ご了承下さい。
   お振込先は、お申し込み頂いた後に追ってこちらからご連絡申し上げます。

 
 ■ 懇親会への参加もご希望される方は、参加申込の際に「懇親会参加希望」と
   お入れください。


※ 懇親会へのお申し込みは、3月15日締め切りとさせて頂きます。
 
 お申し込み無しの急な参加は、お受け出来ませんので、必ず事前にお申し込みをお願い致します。 
 お問わせは、090-4270-3660(森田)までお願い致します。    

  


  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三宅雪子を励ます会 へのご案内 | トップ | 生活の党 小沢一郎代表と慶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。