政治の不正を正す

自民党復活で多くの国民が泣いている。今の政治家に足りないモノは人の情けです。恩を仇で返す自民党に天誅を下しましょう。

どっちが大統領になっても日本の姿勢は変わらない

2016-10-13 12:39:18 | 政治
米国大統領が誰になっても日本の姿勢は変わらない。ヘコヘコして
お辞儀を繰り返すのが関の山だからだ。日本は米国の核の傘の下で
未来永劫かわらない。

自民党政権下ではどっちが大統領になっても優秀な官僚機構の
おかげで政府の政治家達は、コントロールされ日本が優位になれる
様に工作してくれるので、日本語すら理解出来ないアホのミックスでも
途中に入る通訳によって意味が全く違っていたとしても、そのまま
交渉され、相手の都合によって日本の利益は損なう事があっても、
自民党政権下では何も進展せず、日本の姿勢は変わらない。

今の内閣を見ても分かる様に核弾頭を保持したいと願っている
防衛大臣や通信会社に高圧的な態度をしている総務大臣など
女性を登用した事で、トラブルが起きていてもアホのミックスの
脳みそは眠っているので、そんな事も気付かないまま進行している。
だから誰が大統領になっても、そんな事も理解出来ていない
アホのミックスだから、何も変わらないという事ですよ。

みんな東大をトップで卒業した優秀なエリート官僚軍団に、
アホのミックス以下の自民党の政治家達が操られて、
動いているから、日本はいつまで経っても米国の下僕から
抜け出せない。

だから自民党で本当にいいのかという事ですよ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本メディアシステム株式会... | トップ | 婦女暴行は例え示談が成立し... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。