政治の不正を正す

自民党復活で多くの国民が泣いている。今の政治家に足りないモノは人の情けです。恩を仇で返す自民党に天誅を下しましょう。

東京都とローカルの違い

2016-09-19 19:02:22 | 政治
小池都知事は逆風の中、200万票以上を獲得し、自民党公認との差は
100万票とダントツで都知事に当選した。組織票に勝って都民という
大衆の代表となってからは次々と都政の問題を暴き始めた。
まず初めは豊洲の問題で、当初築地の人達の一部反感を受けていたが、
豊洲に空洞がありそして水がどこともなく溢れていた事の事実を知った
築地の人達全員が都庁に不信感を抱き、小池都知事を支持し始めた。
そして腐りきった自民党を打破する為に、小池都知事は新党を視野に
動き始めた。明日リオから帰国されたらすぐにでも動きがあると思います。

ローカルの知事は、新党を作ろうという気概はない。なので孤立無援の中、
自民党の逆風に苦しんでいる。一つ一つ積み上げてきても過半数を占める
自民党に握りつぶされる。地元が野球場を市長自ら望んでいても、
過半数を占める自民党に反対され、実現が遠のいている。
某○岡市長は設計図がないのに城を作ろうとして、天守閣の発掘に
6億円掛け、ついには200億円投入して城を作ろうとしている。
この不景気の時代に城を作ろうとは無茶苦茶である。
そしてこのバカ市長は津波危険地域に総合病院を作ろうとしている。
それも区役所を病院の代わりにしようとしているのだ。
このバカ市長をリコールして、誰か市長になってくれないかな~
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴力団消滅法 | トップ | ゴミ屋敷化していた寝室に… »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。