4人の子持ちパパのつぶやき <テニス・パソコン・育児の話題を中心に!>

テニス・パソコン・写真・ドライブ・トランペットなど、趣味はたくさんあります。
4人の子育てに追われながらのブログです。

ドボルザーク 交響曲第9番「新世界から」

2011年10月02日 22時20分28秒 | パパ日記
NHKで「新世界から」をやっていました
司会者がブラボーと言っていましたが、パパさんもブラボーと言いたい!

ちなみにパパさんは大学時代にトランペットを吹いていた
小学生時代にほんの少しだけ金管楽器を吹いたことがあるが、
トランペットは大学スタートだった

大学1年生の時には、ベートーベンの交響曲第5番「運命」の2ndパートだった
2ndパートということで、音は少し低めでなんとか吹けていた記憶がある
今回放送されていた「新世界から」は、大学2年生の時に1stで吹いた
かなり音が高くて、途中もっと上手な人に助けてもらいながらだった

でも、大学時代は1年かけて1曲を仕上げ、そして定期演奏会で発表する
初心者の集まりなので、これくらいかけないと仕上がらない(笑)
さすがに1年やり続けると、その曲への思い入れは相当である

1度やった曲を放送で聞くと、あの頃の思い出が蘇ってくる
楽しかったこと、つらかったこと、サボっていたこと(笑)
そのような曲を聞くたびに、またトランペットをやって、演奏会に出てみたいななどと考える

ちなみに、今まで関わったことのある曲は…

ベートーベン「運命」
ドボルザーク「新世界から」
シューベルト「ザ・グレート」
ブルックナー「交響曲第8番」かな?
エルガー「威風堂々」
「展覧会の絵」「カルメン」「アルルの女」などなど…

う~ん、さすがに全部思い出せないね

あと、トランペットが目立って好きだったのが、トランペット協奏曲いろいろ、
マーラー交響曲7番、水上の音楽、王宮の花火の音楽などなど
挙げたらきりがないほどである
クラシックもいいけど、ジャズにも興味がある

ちなみに、学生時代はかろうじてハイCまで出ていた
かなり高い音であるが、そりゃもう絞り出すような音で、顔が真っ赤になるレベル(笑)
音大でトランペットを吹いている方に出会ったことがあるが、
このハイCどころか、ハイGまでを軽々出していた
でも多分、それでもプロにはなれないレベルなんでしょうね

あっ、そうそう、プロと言えば、プロの演奏会に行ったことがある
モーリスアンドレとセルゲイナカルヤコフである
そりゃもうすごかった!!

学生時代に買ったトランペットをまだ持っているので、またやってみようかな…


人気ブログランキングに登録しました
下のバナーを押してもらえると嬉しいです
人気ブログランキングへ
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彩乃と温泉へ | トップ | ケガと向き合う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。