4人の子持ちパパのつぶやき <テニス・パソコン・育児の話題を中心に!>

テニス・パソコン・写真・ドライブ・トランペットなど、趣味はたくさんあります。
4人の子育てに追われながらのブログです。

彩乃の今後

2017年07月31日 02時25分00秒 | ジュニアテニス
今回、サマージュニアで表彰台にも登れない結果でした
でも、これは彩乃のテニスが悪いわけではなく(全国大会に参加しますし…)、
それよりも強い選手が出できたということだと思っています

彩乃にテニスを教えて8年4ヶ月が経過します
始めはラケットにボールが当たらず、当たる位置への球出しが抜群に上手くなったパパさん(笑)
そんな状況から、何とか全国大会に参加するに至ったのは、胸を張れると思います

でも、この何年かは伸び悩みもありました
本人的には、私は勝っている(優勝している)からこれで良いという感じです
キツイ練習を拒むようになりました
今しておかないと、必ず誰かに抜かれる日がくると言い続けてきましたが、彩乃の心には届かなかったようです

実は、こんな日が一日でも早くこないかと願っていました
負けないと分からないことがあります
負けて初めて知る気持ちもあります

実は昨年のサマージュニアで負ける予定でした
今だから言いますが、昨年のこの日、色々あって以前のグリップに戻しました
なので、全くフォアハンドが打てない状況だったのですが、何とか優勝してしまいました
それに気付いて狙ってきた子もいたようですが、それ以外のショットで凌いだようです

3月の樋口杯は、決勝戦で負けたとは言え、準優勝で九州大会に進出し、
さらに全国大会まで掴み取りましたので、それほど心には響かなかったようです

パパさん的には、そろそろ負けるだろうと思いつつ、でも練習は今まで通りさせないといけない
その狭間で苦悩していました

この1年はかなり苦しみました
必ず負けるのに、負けないように練習させる
かなりの矛盾です

彩乃は何も考えないので、言われた事しかやりません
早く自立して、自分のためのテニスを始めてほしいと思っていました

今回の負けは相当堪えたようです
試合直後からずっと泣いていました
我が子が泣くのはツライものです
こんな姿を見なくて済むように取り組んできましたが、やっぱり受け身では難しいということでしょう

今回の負けで、少し肩の荷が降りました
3年ほど鹿児島の1番手として頑張ってきました
14才以下に上がり、今までのテニスを見直す時期にきたと思います

決して取り組んでこなかったわけではありません
本人もそれを認識したようですので、これからは彩乃の自立心を尊重した練習に切り替えていきたいと思います

これからの彩乃が楽しみです


彩乃のことだけで終わると、将来何か言われそうなので、一応桃華と祐菜のことも…

桃華は、アドバイスしても全く修正できません(笑)
自分の感覚のみでテニスをしているので、あくまで伝える努力をしますが、それを吸収できるのは本人次第
見守るしかないですね

それでも、九州大会にはギリギリ参加できるレベルにはなりましたので、
桃華の方もパパさんの役割は終えたのではないでしょうか…

祐菜は特に書くことがありません(苦笑)
テニスコートに来ながらも、砂遊びをやり続けた日々
ようやく2年ほど前にテニスをスタートしましたが、それでも遊びのレベル
適当に楽しんでいるようです

桃華と彩乃は、少し手が離れるかなと思いますので、基本くらいはちゃんと教えておこうかなと思う次第
それよりも、芸術家を目指した方が早かったりして(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« H29.7 サマージュニア | トップ | H29前期トップリーグ第5回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。