ただいま創業準備中!

お客さまのお役に立つ、真の金融サービス会社創業を志す某証券マンの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不動産価格

2017-07-23 22:46:07 | 日記

昨日の日経新聞に「不動産マネー、世界で加熱 ファンドの資金調達額最高に。中銀は価格高騰警戒」という記事が出ていました。2017年上期の不動産やインフラを投資対象とするファンドは過去最高となる約10兆円を調達し、ファンドの攻勢で不動産価格に過熱感がでてきているとの内容です。

具体例として挙げられているのが、「ギンザシックス」の区分所有権を持っていたヒューリックが200億円強で売却し、80億円前後の売却益を手にしたとのことです。また、今年上半期の取引で最大となった横浜の「みなとみらいセンタービル」は、3%前後の利回りとのこと。うーん。。。

アメリカでの不動産価格もリーマンショック以降ずっと上がってきましたが、このところやや停滞気味になってきています。中国カナダでもでも不動産価格は過熱気味です。

アメリカのみならず、欧州でも金利が上がる可能性が出てきています。金利が上昇し始めると、不動産に流入していたマネーが一気に逆流する可能性があります。当面不動産価格の動向は要注意ですね。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎月分配型投信が悪いのか? | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事