ただいま創業準備中!

お客さまのお役に立つ、真の金融サービス会社創業を志す某証券マンの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ありたい投資」とは

2017-02-12 00:17:23 | 日記
そもそも「投資」とは何でしょうか?

投資にも色々ありますね、株式投資に不動産投資や設備投資、公共投資や自己投資・・・

共通して言えることは、「資源(お金、時間、情熱、体力など)を注いでリターン(利益)を得る」ことだと思います。だとすると、投資をまったくしていない人はいないですよね。今は受験シーズン真っ盛りですが、受験生も時間や知力・体力を注いで志望校の合格を勝ち取ろうとしていますので、立派な投資家です。

僕は金融資産のアドバイザーとして起業準備を進めていますので、ここでは株式投資に関して僕の考える「ありたい投資」について書いてみます。


株価は毎日上がったり下がったりしています。その変動をとらえ、短期売買で利益を狙うのも株式投資の一つの方法です。

人間としての「欲」や「煩悩」はあって当たり前ですし、僕は証券マンですので短期売買も否定はしません。むしろ、株式市場にとっては必要だと思います。

しかし、僕が考える「ありたい投資の姿」ではないです。

僕が考える「ありたい投資」とは、「社会に必要とされる企業に長期間投資をする」ことです。

社会に必要とされる企業に投資して長期的に保有する⇒投資家から長期資金を得た企業は、安心して長期目線でビジネスを展開する⇒その商品やサービスは世間に受け入れられ、業績(利益)は右肩上がり⇒企業価値が上昇し、株価も当然上がる⇒投資家は十分なリターンが得られる。。。

その結果、社会が必要とする商品やサービスが増え、素敵な世の中になります。投資家は資産が増え、さらに投資をしたり、消費や寄付を増やしたりします。すてきな好循環ですよね(^^)

ここで、「社会が本当に必要とする商品やサービス」を見分けることが課題になってきます。なかなか難しい課題ですが、その商品やサービスにどれだけ「価値」があるかをしっかりと見極めることがポイントではないでしょうか。「真」の価値、「新」の価値、「誠」の価値・・・

また、僕が注意して見ているのは「経営者の言動」です。制度の盲点を利用したり、人間の心理を巧みに操って利益のみを追求しようとしている経営者が経営する企業は、短期的には利益を挙げても長期的に利益を上げ続けることはないと思います。

素晴しい経営者の経営する企業や、本当に価値のある商品やサービスを生み出す企業に長期で投資をし、豊かで素敵な人生を過ごしましょう。僕はそのお手伝いをしてきたいと思っています。

それではまた。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人はお金が大好き!? | トップ | 初めが肝心!自己紹介について »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。