船の好きなじいじの絵日記 愛艇アルビン28クルージング

瀬戸内海相生マリーナを定係港に愛艇の航海での出来事や日頃の出来事をじいじ絵日記として印刷製本して保存しています。

尾道一泊で瀬戸内海クルージング

2017年05月07日 | 瀬戸内海クルージング

 

久々のクルージングです。

6日から7日の一泊瀬戸内海です。

天候は曇り、波は0.5、気温25度、少し黄砂の関係もあり霞がかかっています。

燃料満タン出港です。

今日の昼食は宇野港のサバの煮つけがおいしくネットでも有名な大阪屋さんか池田屋寿司本店です。

ちょうど昼時海の駅桟橋に入港です。

ヨットが一艇係留中です。

海の駅事務所に係留の手続きに

今日は予約で一杯だとのこと

夕方入港が多いので昼食程度ではOKとの事

いい人ですね。

状況判断と空気の読める素晴らしい人です。

普通役人は責任逃れで融通が利かないものですが良い方でした。

無料です。

と言っても通常5円ほどですが!

寿司屋さん儲かりすぎて建て替え中で結局おいしい大阪屋さんへ

満席で順番待ちです。

その間にいつも気になっている断崖絶壁上に立つお城のような豪邸の撮影です。

すごいでしょう。

何時もおいしいサバの煮つけ!超人気です。

宇野港の三井造船では自衛艦が三隻新造や検査などで係留中です。

自衛隊のみなさんいつも国防ご苦労様です。

鷲羽山の側を航行です。

瀬戸大橋橋梁下を航行

鷲羽山ハイランド遠望

水島本線航路を横断し北木島に向かいます。

北木島入港明日の北木島鶴田石材さんの石材切り出し現場の見学の為の係留場所の確認です。

漁船がいっぱいで係留場所が見つかりません。

うろうろしていると漁船で作業中の女性が明日午前中この主人の船は出港しないので横抱き係留OKとの事

熱く感謝しお礼と明日の係留をお願いし尾道に向かいます。

鞆の浦と走島の間を通過し尾道に向かいます。

田島と横島の間の水道を初めて通過、両島をつなぐ橋の下をくぐります。

向島と因島を結ぶしまなみ海道因島大橋下を通過し尾道水道へ

尾道水道です。

何時通っても最高の場所ですね。

尾道市役所横の公共浮き桟橋で燃料補給です。

すぐ隣が係留予定の尾道海の駅にです。

無事係留です。

今日は連休最終日でもあり海の駅桟橋も満艇です。

予約していてよかったです。

尾道海の駅から尾道ベイサイドを1キロ余り歩いて尾道駅前へ

尾道駅の前は尾道水道です。

千光寺山上のお城は尾道商工会議所が資料館として竣工して今は廃墟の尾道城です。

バックはJR山陽線尾道駅です。

夕刻の尾道水道尾道ベイエリヤ

今日は尾道駅前のホテルアルファーワンです。

夕食はベイエリヤで楽しみます。

きれいですね

翌朝ホテル裏の山陽本線の線路です。

尾道水道は尾道側と造船所がある向島を結ぶ小型フェリー

4航路程あり時刻表なしに1っ分ほ航路をピストン輸送です。

待つ時間はほとんどありません。

都会の地下鉄より頻繁です。

素晴らしい

尾道海の駅出港です。

天候

我々が一番最後の出港のようで他のヨットやボートはもう居ません。

何回通過しても最高!尾道水道万歳、瀬戸大橋も素晴らしいですが。

この青い船体の真新しい船、ユーチューブで有名?な女性船長の貨物船のようです。

無数の白と黒の鳥・・・名前は?

再び因島大橋通過です。

田島と横島そして百島の間を航行して常石造船に向かうと上空には水上飛行機が、まもなく着水です。

ニュースでも見ていた常石造船経営のしまなみ海道空中散歩50分の水上飛行機が着水です。

早速YURAKU3も現場に向かいます。

船足が遅くすぐに飛び立ってしまいました。

この飛行機尾道から琵琶湖までの遊覧(定期輸送)?で琵琶湖にも着水する計画だとか。

賑わっている常石造船、廃船の大型客船ふじ丸も係留されています。

まだ外国に売れないのですね。

走島遠望航行中

北木島入港昨日OK頂いた漁船に横付け完了

漁船のキャビンドアーの取っ手に手土産をぶら下げ、鶴田石材さんの石切り場へ

青くきれいな池は石切り場の後の水のたまった場所のようです。

海水面より深く石材を掘り出すので水が溜まるとの事

すごい現場です。

近年は中国産に押されて不況のようです。

福山沖航行中、手島遠望

瀬戸大橋です。

釜島沖航行中

途中宇野港で遅い昼食のため入港

外港岸壁には大型客船が係留中、外国船のようです。

豊島、小豆島沖から播磨灘を航行、赤穂沖、家島諸島西ノ島から相生港に入ります。

中村さん二日間お疲れ様でした。 

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の芸予諸島・防予諸島クルージング

2017年03月19日 | 瀬戸内海クルージング

(16日)

10:00相生出航、波0.5 天候晴れ、ポカポカ陽気の絶好のクルージング日和です。

赤穂沖です。

12:00香川県直島町・直島入港昼食13:00出港

瀬戸大橋通過

備讃瀬戸西行き本線航路に沿って航行します。

六島から本線航路を離れ津波島向け進路を変更します。

伯方島との水道からしまなみ海道多々羅大橋をくぐります。

忠海港沖から大久野島を通り愛媛県芸予諸島・大三島宮浦港海の駅入港17:00入港手続き

―旅館茶梅宿泊

沢山の新鮮な魚料理に二人は大満足

接待の仲居さんも楽しい人です。

若女将に大女将まで登場、話がはずみます。

(17日)

大山祇神社参拝そして土産物の購入です。

海の神様、当然安全祈願をしてお札を購入します。

もう私の船はお札でいっぱい

小さなお札から大きな木製のお札まで

参拝の度にお札を返さず新規購入ばかりです。

四国の金比羅宮でも4回分貯まっています。

近くの道の駅でお土産も購入です。

美味しい「せとか」

松山堀江港のガソリンスタンドが休みなのでこの宮浦港でタンクローリーで燃料補給です。

宮浦港海の駅屋根付きの立派な浮桟橋です。

10:30宮浦港出港

広島県呉市の大崎下島大長港のゆたか海の駅とびしま館で係留と昼食です。

今日は観光バス二台が昼食に入っていてレストランは大忙し

料理が来るまで1時間待ちそれまでビールしかありません。

山口県周防大島町・防予諸島・片島見物(あのねのね清水国明個人所有の無人島でログハウスなど施設を設置)

愛媛県松山市・由利島(TOKIO鉄腕ダッシュのダッシュ島)

トロッコの線路ですね。

簡易な港の奥にはダッシュ島名物二階建ての船小屋が

さあ今夜係留の今治港へ向かいます。

愛媛西条市沖です。

旧来島ドック?現今治造船

しまなみ海道来島海峡大橋と脇に立つ今夜の宿泊先大潮荘です。

来島海峡を行き交う船と来島海峡大橋が一望の旅館です。

18:00今治海の駅入港手続き―タクシー―今治来島海峡・大潮荘宿泊

旅館からの展望です。

さあ乾杯です。

(18日)

9:00大潮荘―タクシー今治港

10:30今治港出港

弓削島入港燃料給油と昼食をとります。

因島のジャパンユナイテッド造船因島工場

先ほどまでジャパンユナイテッド造船因島工場へドック入りしていた青と白の船体の自動車運搬船

休憩している間にドッグから離れ三隻のタッグボートに引かれ出港準備です。

私たちより早く出港しすでに洋上をゆっくり西方面に向け航行中です。

我々は東方面へ相生に向け舵を左に切ります。

まずは瀬戸大橋へ

16:30相生港入港お疲れ様でした。

また行きましょう。

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芸予諸島・防予諸島 クルージング

2017年03月15日 | 瀬戸内海クルージング

一月中旬の四国一周クルージング以来の瀬戸内海

ぽかぽか陽気の瀬戸内、月末には桜の開花です。

今回は岡山、香川、愛媛、広島、山口県と各県の島を巡るコースです。

春の瀬戸内海楽しみです。

(16日)

10:00相生出航―12:00岡山県宇野港昼食13:00出港―愛媛県芸予諸島・大三島宮浦港海の駅入港16:00入港手続き

―旅館茶梅宿泊―大山祇神社参拝

(17日)

9:00大三島宮浦出航―10:30松山堀江港入港給油11:30出港―愛媛県松山市・由利島(TOKIO鉄腕ダッシュのダッシュ島)

―山口県周防大島町・防予諸島・片島見物(あのねのね清水国明個人所有の無人島でログハウスなど施設を設置)

13:00広島県呉市倉橋島・くらはし海の駅昼食14:30―16:30今治海の駅入港手続き―タクシー―今治来島海峡・大潮荘宿泊

(18日)

9:00大潮荘―タクシー今治港9:30出港―香川県直島町・直島昼食―17:00相生港入港

総航行距離約550km 燃料約750㍑

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テストクルージングIN家島

2016年12月20日 | 瀬戸内海クルージング

 

今日は天候は曇り波は0.5です。

中間船検も終わり先日バッテリー大型二基を新型に交換、エンジンオイル、ギアオイルなど交換

今日はその確認とチェックを兼ねた航行です。

エンジンも軽やかに始動します。

気温も低くターボーも即始動です。

相生沖の家島真浦港へ

海の駅家島桟橋に係留です。

入港後海の駅事務所へ電話係留申し込みを行います。

すぐに係りの人が桟橋閉鎖ロープの解除にやって来てくれます。

フェリーや高速船事務所の一角に管理事務所もあり立ち寄ります。

4時間まで船長1メートルにつき100円です。

預り金も含め2000円を支払い最後清算です。

昼食場所を探します。

この駐車場らしき白線は全て単車の駐車場です。

港の近くに沢山あります。

家島の足は単車が主力、あと軽自動車ですね。

いつもの店は火曜日定休です。

焼肉屋も中華料理店も休みです。

まあ簡単に済ませます。

お土産に取れたての魚介類を購入します。

帰りの山陽高速道路下り岡山方面車線竜野SA近くで大事故発生です。

救急車、パトカー、消防レスキュー工作車が緊急走行です。

掲示板は竜野西IC~赤穂IC区間が事故の為通行止めです。

竜野西ICに入ると九州方面に向かう西行き下り車線の全ての車が竜野西ICで降りるためETCも大渋滞です。

我々は上り東行き大阪方面ですからスムーズに通過できます。

本線に入ってからも西行き九州方面へは姫路からのパトカーや救急工作レスキュー車が相生方面にけたたましいサイレンを鳴らしながら走ってきます。

大きな事故のようです。

携帯を覗くとトラックと乗用車二台の事故のようです。

けが人や死亡者が出ないことを願って相生を後にします。

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島一泊クルージング

2016年11月17日 | 瀬戸内海クルージング

16日から3人で一泊小豆島クルージングです。

天候晴れ波0.5クルージング日和です。

今回の宿泊場所は内海港のベイリゾートホテル小豆島です。

毎年夏に孫たちと一緒にお世話になるリゾートホテルです。

今年は二回目ですね

穏やかな瀬戸内海、赤穂沖です。

牛窓港に立ち寄り昼食です。

ホテルリマーニ側でハイポーズ。

牛窓フェリー乗り場そばの公共桟橋で

途中女木島に立ち寄り散策です。

内海湾に入りベイリゾートホテル小豆島専用桟橋に係留です。

客室の窓から内海湾、ホテル専用プールを望む

バイキングを堪能しロビーでくつろぎます。

今日17日はホテルからレンタカーを借りて紅葉で有名な寒霞渓ロープウエイへ

ホテル玄関にて

丸金醤油記念館へ

レンタカーでロープウエイ乗り場へ移動です。

70%位の紅葉でしょうか?

ロープウエイも沢山の観光客です。

きれいですね。

いつもの満面の笑顔中村君!最高です。

天気は快晴ですが眼下は少し霞がかかっています。

四国方面を望む

素晴らしい絶壁ですね。

見学後は今日のお目当ての海鮮レストランへ

土庄、小豆島国際ホテル前のお店「味彩」へ

エンゼルロード展望台に上りお土産購入にオリーブ園へ立ち寄ります。

再びベイサイドホテル小豆島へ戻りレンタカー返却です。

専用桟橋から一路播磨灘経由で家島諸島、母港相生マリーナへ戻ります。

お疲れ様でした。

 はでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内海・真鍋島・弓削島・クルージング1日目~3日間一気にまとめて!

2016年10月20日 | 瀬戸内海クルージング

延び延びになっていたクルージングついに天候も良く実行することに

18日朝10時相生港出港です。

天候晴れ気温27度、波0.2絶好のクルージング日和です。

いつものクルー中村君と瀬戸内海相生港にある愛艇YURAKU3の保管してある相生マリーナから出港です。

今日は岡山県の宇野港の海の駅桟橋に係留して大阪屋食堂で昼食の予定です。

家島諸島付近もまるで鏡のようです。

出港から約二時間半岡山宇野港海の駅桟橋に係留

今日は沢山のヨットが来る予定だとか、すでに3艇係留しています。

我々も係留を済ませまずは係留届けに宇野港振興センタービルの海の駅事務所へ

手続きを済ませます。

係留料金は100円です。

今回の大阪屋食堂さんネットでも人気の食堂です。

昔からよくある食堂ですが「サバの煮つけ定食」が人気で地元の人はもちろんのこと観光客も沢山訪れているようです。

結構満席で私たちは観光客らしき御夫婦と相席を願いしました。

今日は気温も高くすでに30度を越しています。

冷えたビールは格別です。

勿論サバの煮つけ定食も格別の美味しさです。

前方に瀬戸大橋が見えてきました。

この橋の下、もう何回通過したでしょう。

本島港に休憩がてら入港しましたが瀬戸内海アートフェスティバルの関係で係留できなくて諦め出港です。

我々のようにボートで訪れる人はほとんどないのに係留禁止とは意味不明です。

ほとんど四国香川丸亀港からのフェリーと連絡船でのお客様です。

一人でも多くの観光客が大切でしょう。

広島、佐柳島沖を通り目的地真鍋島の「島宿三虎」専用桟橋に係留です。

この旅館一軒家で南国ムード満点

桟橋もご主人の手作りです。

私たちの定宿ですが久しぶりの宿泊です。

手前はYURAKU3、奥の小型の船はご主人の所有です。

ソテツとヤシの木が南国ムードを醸し出します。

ハンモックもありますよ。

お風呂にも入ってのんびりです。

あとはごちそうを頂くだけです。

サー出てきました。

びっくりするほどの量です。

宿泊客は私たち二人だけです。

ビールもどんどん進みます。

生きてぴんぴん飛び跳ねる小エビが串刺し

残酷です。

頭をとって皮をむいてお刺身で頂きます。

甘くてこりこりです。

地魚のお刺身もいっぱいです。

 

 

宿の前の浜辺の夜景、お月さんがきれいです。

朝の海岸の様子。

海側桟橋からの風景、今干潮です。

YURAKU3もおとなしく係留中

ご主人は朝から病院へ船で出かけられました。

島宿三虎側から佐柳島方向です。

広島県走島漁港防波堤です。

 尾道へ向かう内海大橋下を通過

右手には常石造船の造船所が続きます。

松永湾から尾道水道に入り尾道海の駅桟橋へ係留します。

尾道ロイヤルホテルで係留の手続きを済ませ「尾道ラーメン」の有名店に向かいます。

12時前ですが尾道ラーメン人気店、もうすでに並んでいます。

御覧の通り

魚の出汁ですね。

昼食後はロープウエーで千光寺公園展望台へ

風光明媚な尾道水道を眼下に見下ろします。

有名な高野山真言宗千光寺へ航海の安全と孫たちの安全祈願を

国宝三重塔、600年前の創建

これが有名な尾道水道、何回航行してもいい雰囲気です。

最高最高裁判所

西瀬戸自動車道(しまなみ海道)生口橋下を航行通過

因島と生口島を結んでいます。

目的地愛媛県上島町弓削島の弓削海の駅桟橋に無事係留

ここもすでにヨットが沢山係留しています。

同じ相生からのヨットも係留されておりもやいをとっていただきました。

ありがとう

宿泊はインランド・シー・リゾート フェスパです。

ここも我々の定宿です。

風呂と部屋がいいのです。

展望も最高です。

部屋付きのお風呂も展望がいいです。

素晴らしい展望です。

出発前にハイポーズ 

颯爽と桟橋を愛艇のところへ

ほとんどのヨットがすでに出向しています。

この超大型双胴船タイプのヨットなんとニュージーランドからやって来ています。

すごいですね。

YURAKU3の左のヨットがニュージーランドからやってきた船です。

備讃瀬戸本船航路の標識です。

余裕の笑顔ですね

再び瀬戸大橋通過

海上保安庁の巡視船が訓練のようで停泊しています。

昼食は小豆島土庄東港に係留です。

今日は小豆島ラーメン、同じく魚の出汁です。

浸水しそうな貨物船ですね。

こんなの全然問題なし。

甲板を海水が洗っている船もよく見かけます。

深田サルベージの大型クレーン船がどこに移動なのでしょうか?

午後四時定刻無事相生港相生マリーナへ入港

お疲れ様でした。

瀬戸内海は何回走ってものんびりゆっくり沢山の船とすれ違い、沢山の島々を眺めることができます。

波の心配も無く気候も穏やか、真冬のクルージングも天気よければ船内ぽかぽか

まるで春のようです。

毎年の新春クルージングも春うららの瀬戸内海です。

又行きましょう。

はでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島一周ミニクルージング

2016年09月09日 | 瀬戸内海クルージング

 

今日は台風一過晴天です。

波は0.1鏡状態です。

久しぶりのクルージング今日は次女の主人と二人です。

小豆島を牛窓沖から豊島そして本船航路から土庄東港へ

いつもの防波堤に係留です。

小豆島国際ホテル前の海鮮料理店「味彩」で昼食です。

小豆島特産の美味しそうなそーめんも

暑い暑い・・・生ビール一丁

ランニングでごめんなさい。

娘婿はアルコールは全くダメ

今日は撮影用に私のジョッキを一時貸し出しです。

本当です

食後は潮の満ちてきたエンジェルロードを

沢山散歩していたカップルたちも引き上げています。

奥の大きな島まで干潮時は歩けます。

見えている二つの島との間にもう一つ島があって三つの島が干潮時砂州でつながるのです。

隣の約束の丘展望台へ

沢山のお願い事がホタテ貝に書かれています。

小豆島国際ホテルも望めます。

帰りは土庄東港を出港後本船航路に沿って坂手港沖から家島諸島と小豆島を一周して帰ります。

夜は夫婦を誘って焼き肉丸善へ

菜奈も元気いっぱいの三本指ピースです。

菜奈も明日はユラク同僚社員の結婚式にママと二人で出席です。

菜奈のかわいい洋服が見られるかな?会場は招月廷です。

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

牛窓の前島へチョコットクルージング

2016年06月18日 | 瀬戸内海クルージング

金曜日から岡山牛窓の前島へ一泊でチョコットクルージングです。

午前中は相生マリーナで久しぶりに洗剤をつけての洗船です。

今日は暑いです。

汗ブルブル、デッキキャビンが少しは綺麗になりました。

車で市内に戻りレストラン「さと」で昼食を済ませて出港予定です。

空席待ちが6組です。

あまりの暑さに生ビールが口から離せません。

一気に生2杯空になります。

勿論ハンドルキーパーは中村君です。

ありがとうございます。

マリーナに帰りビルジの確認をすると結構たまっています。

オートのビルジポンプが動いていないようです。

YURAKU3にはビルジポンプが全部で3機設置してありますが・・・・・

結局バッテリー上がりです。

原因はオートのビルジポンプのフロートが何かのごみがかみスイッチONになりっぱなしで二基のバッテリーを両方消耗したようです。

ビルジポンプの洗浄修理は後回しにしてバッテリーをつないでエンジン始動です。

無事一発でエンジン始動

前島でのバッテリー上がりのことも考慮してバッテリーとコードをマリーナよりお借りして出港です。

結局遅い出港になりました。

瀬戸内海を赤穂沖まで航行したところでスマホを忘れたことに気づきます。

昼食のレストランさとに私のスマホを忘れてきたようです。

電話で確認すると残っていますとの事。

仕方なくUターンです。

レストランは相生湾の最奥部にある海の駅白龍城の近くです。

瀬戸内海から相生湾に入り、湾中央部にある相生マリーナを通過し海の駅白龍城のビジター桟橋に一時係留して近くのレストランさとへ

無事受け取りホッとしました。

気を取り直して再び海の駅桟橋から牛窓に向け出港です。

今日は近くの牛窓前島なのでゆっくり航行します。

約1時間半ほどで前島港に入港

いつもの港内内側の防波堤岸壁へ係留

宿唐琴荘へ電話を入れます。

すぐにワンボックスでご主人が迎えに来ていただきました。

HPの顔写真より若くて男前です。

お世話になります。

車で3分で唐琴荘に到着

奥さんがお出迎えです。

お世話になります。

部屋は二階で牛窓水道が眼下に見える絶好の展望のお部屋です。

早速冷え冷えのビールで乾杯

奥さんがサービスのつまみを持参いただきました。

大瓶1本一気に空になります。

さあ入浴です。

小さな風呂ですが綺麗で我々二人貸し切りです。

気温も高く汗が止まりません。

クラーの設定温度を下げます。

またまた冷え冷えのビール大瓶を開けます。

客室の電話が鳴り夕食の準備をしたいとのこと

つまみもないので大歓迎

順番にごちそうが次々に届きます。

 

ご主人が頑張っておられるのでしょう。

大瓶3本開けて焼酎芋ロックに切り替え頂きます。

ごちそうも瀬戸内の海の幸中心でおいしいものばかり

ありがとうございます。

お休み

翌朝牛窓水道を眺めるとたくさんの釣り人です。

散歩がてらに下駄をはいてすぐそばの海岸へ

宿泊した唐琴荘です。

釣り人とつかの間の会話を楽しみ朝食へ

朝食もすべて手作りのごちそうです。

おいしいです。

お代わりでご飯大盛り二膳頂きました。

普段はコーヒだけか食パン一枚の朝食です。

朝から満腹です。

奥さんの見送りを頂き前島港までご主人に送っていただきました。

ご主人に我々ツーショットを写していただき出港です。

相生から牛窓までの航行と1時間ほどのエンジン始動では朝エンジンがかかるか心配でした。

スイッチON

バッテリーが弱いながらなんとかエンジン始動

予備バッテリーの接続なしでエンジンスタートです。

やれやれです。

このまま帰るのも少し早いので児島湾に向かいます。

犬島を左に見ながら湾口へ

岡山湾は結構水深が浅いです。

オリーブラインフェリーや貨物船は中央部分の水深の深いところを航行します。

小豆島土庄港行きオレンジフェリーとすれ違います。

西大寺港から新岡山港へ

児島湾大橋下を通り岡山港へ

港内を一周し戻ります。

ちょうど新岡山港から土庄行きフェリーが出港してきました。

児島湾を出て湾口では土庄港から新岡山港行きのフェリーが入港してきます。

瀬戸内海に入り東に向け右舷に犬島、小豆島を見ながら牛窓黄島を左舷に一路相生港に向け航行します。

波もなくのんびりゆっくり16ノットで航行します。

13:30相生マリーナに無事接岸です。

上陸後昼食です。

お疲れ様でした。 

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山マリーナシティーへ一泊クルージング

2016年04月26日 | 瀬戸内海クルージング

4月25日急遽和歌山へ1泊でクルージングへ

天候は二日間とも晴れ、波は0.5以下です。

風の関係で黄砂の来襲に会うかも?

相生マリーナでYURAKU3を海上へ

燃料も満タンにし出港です。

家島諸島から播磨灘へ

今日は月曜日の関係か?本線航路も貨物船が少なく横断も楽々です。

家島諸島を航行、一路鳴門海峡へ向かいます。

鳴門海峡大橋通過、結構な渦潮が巻いています。

YURAKU3も舵を取られ気味ですが航行には問題ありません。

少し気持ちが悪いだけです。 

淡路島南端塩崎沖を通過し沼島海峡を通過し和歌山県海南市海南港を目指します。

右に兵庫県最南端の沼島を右に見ながら淡路島との間を通過し紀伊水道へ向かいます。

海南沖は底引き漁船が縦横無尽に航行していて危険です。

十分注意しながら和歌山マリーナシティー海の駅に無事入港

このマリーナ最高の設備で一泊二日船の大きさに関係なく1,000円です。

ありがとうございます。

まずは遅昼の昼食に黒潮市場へ

マグロを食べるためです。

張り込んでマグロを中心とした大漁刺身定食@2.200円を清水の舞台から飛び降りた気持ちで注文

ビールのおいしい事

テーマパークポルトヨーロッパを覗きます。

県営わかやま館でおいしい梅干を調達しホテルへ

今日は和歌山マリーナシティーホテル特別室でなくスタンダードルームに宿泊です。

 丸々と健康的ですね。

ホテル通路にあるベネテチィアの大型カヌー?でハイポーズ

ホテル客室の窓から和歌山マリーナを望みます。

YURAKU3も静かに係留されています。

左奥のビジターバースに静かに係留されているYURAKU3が見えます。

客室でしばらくくつろいだ後隣接地にある天然黒潮温泉へ入浴へ

大浴場から露天風呂エステまで整っています。

ホテル宿泊者は無料で何回でも入浴可能です。

ホテルをバックにハイポーズ

夕食は和風レストランできれいな和服姿のお姉さんの接待を受けながら上品な懐石料理を頂きます。

まずは生ビールで乾杯

次々に出てくるおいしく上品な料理、焼酎も進みます。

客室からの26日朝の晴天の風景です。

朝食はホテル自慢の「究極の朝食バイキング」で食べ放題

マグロの解体ショーもありマグロの握り寿司も食べ放題

今日の昼飯の分も頂ます。

それでなくても大きなおなかがはちきれそうになるまでいただきます。

満足満足・・・よは満腹じゃ!

 マリーナをバックにハイポーズ

和歌山市住友金属沖を通過し和歌山県最北端加太漁港へ

空いている岸壁に係留し徒歩1.5Kで淡嶋神社へ

結構時間かかりますがどんどん帰ってくる乗り合い釣り船から降りてくる釣り人の釣果を覗きながら淡嶋神社へ向かいます。

途中数年前に家内と宿泊した宿「ひいなの湯」の前を通ります。

もうすぐ淡嶋神社です。

淡嶋神社は古い人形の奉納で有名な神社です。

加太の瀬戸を航行し紀伊水道から大阪湾へ

関空へ立ち寄りジェット機の離発着の見物です。

関西空港大橋をくぐります。

泉大津から大阪湾を横断し明石海峡を目指します。

 六甲山が右舷へ

明石海峡大橋が見えてきました。

垂水沖です。

明石海峡は大小の貨物船のオンパレードです。

本線航路を外して航行します。

明石の子午線天文台が小さく見えます。

播磨灘を航行し相生湾へ

超巨大な深田サルベージのクレーン船がYURAKU3をお出迎え

 午後4時無事相生マリーナクレーン桟橋へ係留

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金比羅山安全航海祈願クルージング

2016年02月11日 | 瀬戸内海クルージング

昨日から一泊で四国琴平金比羅宮にお参りです。

天気は快清、波は0.5クルージング日和です。

牛窓沖から宇野港へ

宇野玉野海の駅に係留をお願いし昼食の予定です。

無事係留完了

今日は港そばの居酒屋さんで鳥のペッパー焼きです

「骨付き鳥どらや」さんです。

最初は鳥を食べて途中で鳥の肉とグザイを入れて鳥スープでお茶漬けで食べるのです。

これがまたおいしい。

ビールも進みます。

海のそばの温泉浴場「たまの湯」です。

岡山県警のパトロール艇です。

宇野商工会議所ビル

海の駅の管理事務所があります。

宇野高松航路の四国フェリー

JR宇高国道フェリーも廃止になり少し寂しいですね。

三井造船宇野工場

各種自衛艦や保安庁の巡視船も建造しています。

尖閣諸島警備強化の大型巡視船4隻もすでに建造し石垣海上保安部尖閣警備部隊に配属されました。

現在も建造中、合計で8隻大型巡視船が尖閣警備に石垣海上保安部に追加配備されるようです。

頼もしいです。

瀬戸大橋、今日は坂出方面から写してみました。

目的港多度津港の海の駅合田マリーナに到着

マリーナ浮桟橋に無事係船です。

多度津駅まで合田マリーナさんの専務さんに車で送っていただきました。

ありがとうございました。

多度津駅から普通電車で土讃線琴平駅まで移動です。

JR琴平駅到着です。

琴平駅から宿泊ホテル琴参閣までは徒歩でも近くです。

ホテル前でハイポーズ。

お風呂も入ってお楽しみの夕食です。

料亭コーナーで乾杯

今日は生ビール1杯200円の特別コース。

5杯飲んでも1.000円です。

ああ満腹満腹!常日頃からおなかは十分膨らんでいますが。

朝食後ロビーでハイポーズ

琴平大芝居の見学

いよいよ私にとっては地獄の階段チャレンジです。

到着到着。

命からがらです。

今日は建国記念日、金比羅さんも紀元祭の行事が行われています。

ちょうどよい日にやってきました。

昼食は多度津に電車で戻ってからいただきました。

多度津港の近く和食の料理屋「旬和花瀬」です。

ネットで調べたお店安くておいしくて最高でした。

金比羅さんも終わりで多度津港合田マリーナさん出港です。

多度津港の常石造船多度津工場

金比羅さんに祈祷いただいたお札もきっちり船に御祭

なぜか靖国神社のお札と並んでいます。

私の船には皆さんから頂いたお札、購入したお札など全国ネットでたくさん積み込んでいます。

安全航海第一です。

相生港沖到着

いつもIHIに係留されている自衛隊の用船「はくおう」が沖で停泊中です。

自衛隊から運搬の要請が入ったのでしょうか。

午後4時無事相生港相生マリーナ浮桟橋に入港係留

お疲れさまでした。

金比羅さんのおかげで今年も安全航海間違いなしでしょう。

また行きましょう。

ではでは

 カニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯楽

↓ランキングに参加しました。クリックお願いします。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加