正義正論に生きる!

嫌いなもの→犯罪者・生活保護者・喫煙者・債務者・破産者・人権派弁護士・死刑廃止論者・入れ墨・DQNネーム・エセ障害者など

【スマホキチガイ殺人犯、山内隼人被告にたった懲役5年しか求刑できないことに激怒!】(14)~無職・配管工・鉄筋工・塗装工・解体工・とび職・トラック運転手・・・~

2017-02-09 11:40:23 | 嫌いなもの
この手の職業のウジ虫どもはマジで生きてる価値ない。

そして同レベルなのがこんなクソみたいな法律を立案したヤツらである。

自動車運転処罰法に「①飲酒運転②スマホキチガイ運転③信号無視④キチガイ速度超過⑤逃走⑥ゾロ目のナンバー⑦チンピラ車のうちどれか一つでも当てはまれば無条件で殺人とみなす」という条文を加えろ!!!



<ポケモンGO>ひき逃げ 暴力団に所在発覚恐れ逃走

毎日新聞 2/9(木) 10:10配信

 スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転していた車で2人を死傷させ逃げたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた解体工、山内隼人(はやと)被告(38)の初公判が8日、福島地裁(宮田祥次裁判官)であり、山内被告は起訴内容を認めた。検察側は懲役5年を求刑し結審した。公判では亡くなった男性の母親らが証言台に立ち、「息子は婚約者を残して二度と帰って来られなくなった。(山内被告を)一生許すことはできません」と涙ながらに訴えた。

 起訴状などによると、山内被告は2016年11月20日夜、相馬市中村の県道でライトバンを運転中、左手に持ったスマートフォンに表示したポケモンGOに気を取られ、路肩に停車中の軽乗用車に追突。車の脇に立っていた同市成田の会社員、清水佑介さん(当時33歳)をはねて数十メートル引きずり死亡させ、軽乗用車に乗っていた清水さんの婚約者の女性(当時22歳)にも軽傷を負わせて、そのまま逃げたとされる。

 冒頭陳述によると、山内被告は有罪判決を受けた別の罪の執行猶予期間中で、刑務所への服役を避けるために逃げたという。事故を報道されることで、過去に所属した暴力団に居所が発覚することも恐れていたという。

 検察側は、事故直後に衝撃でフロントガラスにクモの巣状のひびが入った状態になったことを指摘し、清水さんを車体の下に巻き込んだことに気付かなかったのかとただした。山内被告は「人に当たったと気付かなかった。車が走りにくいのは、タイヤがパンクしたからだと思った」と供述した。

 検察側は「逃亡した理由はいずれも身勝手な理由で、人命を軽視した態度は強く非難されるべきだ」と指摘した。判決公判は27日。
ジャンル:
むかつく
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【スマホキチガイ殺人犯、八... | トップ | 【スマホキチガイ殺人犯、八... »
最近の画像もっと見る

嫌いなもの」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。