正義正論に生きる!

嫌いなもの→犯罪者・生活保護者・喫煙者・債務者・破産者・人権派弁護士・死刑廃止論者・入れ墨・DQNネーム・エセ障害者など

【「三浦孝平容疑者=建設作業員=喫煙者=犯罪者」とその乞食弁護士に怒りの再掲】(14)~無職・配管工・鉄筋工・塗装工・解体工・とび職・・・~

2016-10-12 12:20:19 | 嫌いなもの
この事件の怒りポイントは二つ。

一つ目は、チビウジ虫が今も中途半端に生きており、税金の無駄遣いをしていること。

二つ目は、キチガイのような主張をして訴訟を起こしている乞食弁護士がいること。


ブスヨメも間違いなくウジ虫なので、大人ウジ虫3匹+チビウジ虫1匹まとめて死んでくれ。



<児童虐待>3カ月の長男被害 27歳父逮捕

毎日新聞 10月12日(水)11時53分配信

 当時生後3カ月の長男を虐待したとして、大阪府警は12日、父親で建設作業員の三浦孝平容疑者(27)=大阪市住吉区我孫子2=を傷害容疑で逮捕した。長男は体を激しく揺さぶられたとみられ、意識不明の状態で救急搬送された。乳幼児揺さぶられ症候群の可能性が高く、大阪市こども相談センター(児童相談所)に一時保護され、現在も意識不明のまま医療型障害児入所施設で入院している。
 逮捕容疑は昨年3月14日午前、長男優真ちゃんの体を自宅で激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせたとしている。優真ちゃんは人工呼吸器をつけられ、脳死に近い状態だという。三浦容疑者は「息子に暴力を振るっていない」と容疑を否認している。
 府警によると、三浦容疑者は妻と長男の3人暮らしで、妻は事件当時家にいなかった。三浦容疑者が「布団で寝ていた長男が苦しみ出してぐったりした」と119番していた。三浦容疑者は毎日新聞の取材に「(長男は)布団で寝ていただけで虐待はしていない」と話していた。
 一方、三浦容疑者らは、児相が丁寧な説明をしないまま優真ちゃんを入院させたのは不当だとして、児相を管轄する大阪市を相手取って入所を取り消す訴訟を起こしている。「重体になったのは元々無呼吸の症状があったためだ」と裁判で主張している。【山田毅、宮本翔平】
ジャンル:
むかつく
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【著しく想像力が欠如した大... | トップ | 【ウジ虫ナマポ、公門(きみ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やり過ぎ (樫本梨沙)
2016-11-17 02:05:23
嫁の名前は。樫本梨沙

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。