そば切り 井月庵

趣味ではじめた、そば打ちの日記です。蕎麦
で遊ぶ、蕎麦に遊ばれる日々

H28年 ソバの育成記録播種から54日目

2016年10月19日 | 日記

平成28年の8月27日(土)にソバの種を撒いて10月19日(水)で54日目となりました。

ソバの成長は早く75日等と申しますが、井月庵の畑の蕎麦は・・・

既に黒い蕎麦が多数を占めているような。

近寄って見ると。

確かに完熟までには至っていませんが、モノの本には3粒黒くなったら刈り取れとか。

無限成長が盛んであれば、白い花が次から次へと咲くことになるはずですが、どうも今年はソバが「もう、こんなもんだろ」と言っているようです。

例年より写真はよく撮っていますが、雑草取りも、土寄せもしないノーガード戦法が?いけなかったのでしょうか。

とはいえ、10月、11月は催し物を多く、ソバの刈り取りは、11月13日(日)が予定日と考えています。

 

そういえば、10月30日(日)

第1回静岡はしご蕎麦 http://www.at-s.com/event/article/flavor/287007.html が予定されていることを知りました。

たまたま、静岡市役所に行って本日、偶然に知りましたが・・・

12軒、一食1000円って、蕎麦前と肴、小盛蕎麦らしいのですが全部回ると一人で1万2千円?!消費税込みだろうなぁ。最初に思ったのはちょっと高い。地酒と肴はオプションにして小盛で500円くらいにしてくれたら、家族で楽しめるのに。

1件では御酒とアテで1000円は安いといえば安いけど、12件となるとどうなんでしょう。

やっぱり客単価1000円は最低でも確保したいし、静岡駅周辺のそば屋を多くエントリーする方が賑やかなんだろうけど。たった一日で12件って全部回れるのだろうか。

静岡の地酒でも似たようなイベントがあるのは知ってるけど、ナガッチリの井月庵にはスタイルが合わないのか興味がありませんでした。

が、「地酒と蕎麦」なら参加してみたい。12件を一人で回るのは腹が張りそうだから、嫁と一緒に2人で半分ずつなら、ひとり6000円・・・うーん微妙

 

小盛で1食4、500円の駿府そば祭りでも1日に5杯くらいがいいところだから、井月庵には可能でも嫁にはちょっと無理かな?

 

まあ、第一回ということで、行ってみたいなぁと考えている。

 

富士には富士山麓そば街道なるスタンプイベントもあるようであるが、最近はどうなっているのだろう。ひっそりと活動しているのだろうか。余りHPも更新していないようだし。

だんだんとソバの実入りが少なくなり、先に寂しげに僅かに実っている井月庵の畑のソバを見ると種を撒いたのはいいが、その先が誠にこころ細く感じるものである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事のついでに風景撮影?井川 | トップ | 清水港へ歴史探訪に行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。