Sengoku1985

何故、私は鉄道を撮り続けるのか?

Electric Locomotive#15

2016-10-14 | 鉄道写真


 それでは、今回は、アプト式最終回、ED42の2回目をお届けします。


 写真は、軽井沢町内の小学校に保存される、ED42 2です(写真)。「ED42」と検索すれば、Wikiでも載っている製造数ですが、現存では最終号機となっています。台車横にT字形のロッドが見えていますが、これはモーターから回転力を伝えるロッド、台車に1台、つまり車輪用には2モーターということで、これとは別に中心には歯車用の同形モーターが装備され、計3台のモーターで駆動しました。


 主要幹線となるべき信越本線が、登山鉄道並みの特殊装備では、当然輸送量が逼迫し、戦後の高度経済成長時に支障となるのは目に見えています。そこで、通常の鉄道のような特殊装備の無い鉄道を目指し、いろいろな研究、設計を重ね、結果昭和38年の粘着(線路と鉄輪だけの事を指す)新線が開業するわけですが、その前に旧来の車両を説明する必要があるので、その話はその時に。


 それでは、次回をお楽しみに。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Electric Loco... | トップ | Electric Loco... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL